大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

メリンダとメリンダ

  1. 2005.07.01(金) _20:53:36
  2. 洋画【ま行】
  3.  トラックバック:15
  4.  コメント:2
merinda.jpg今流行りのビストロで展開される悲劇と喜劇を書く劇作家たちの会話の中で展開されるメリンダを巡るふたつの物語。彼女がアパートのドアを開け、パーティの輪の中に転がり込んでいくところまでは、どちらも同じストーリーで、主人公は一緒だが周りの取り巻きが違うキャスト。。 そこから先、二手に分かれた運命は。。。 

私は若いころはウディ・アレンが大の苦手だった。唯一好きなのは映画から観て取れるファッションだった。 ダイアン・ウィースト(キートンではありません、念のため)が好きだったので、彼女見たさにビデオを見た程度だった。
そんな自分が映画館に見に行くなんて。。。 最近の彼の作品は見る事が出来るので、今日は1日だし、足を運んだ。 キャストはアレンに選ばれた役者だらけだから、言うことなしよ。
まぁ、人生長いと分かるのね、それぞれの気持ちが。。。
共感とは違うけど。。。 クロエ・セビニーにNYのアッパーイーストの上品な主婦を演じさせるとは。。。洋服のセンスが光る。
オッジー女優ラダ・ミッチェルが好演している主人公の悲劇のヒロインの方のファッションもなかなか素敵。 会話を楽しむと同時にファッションも楽しめる本作。 キウェテル・イジョフォーは今回ピアニストです。 それも二人の女性に思われて。。。 人は心持なのよね、素敵よ~。 ジョニー・リー・ミラーは男のくせにおしゃべりな役で、たまにはこんな役も見ていて楽しい、嫌な役だけど。。。ニューヨークはアレンの映画の舞台の雰囲気を感じるために昨年行ったと言っても過言でない。 敵の何たるかを知る為に。。。なんて大げさに言ってしまった。。。(笑)
edit

<<宇宙戦争 | BLOG TOP | 交渉人 真下正義>>

comment

はじめまして

  1. 2008/11/20(木) 13:27:24 
  2. URL 
  3.  
  4. [ 編集 ] 
面白かったです!また遊びに来ます。

メリンダとメリンダ

  1. 2005/07/04(月) 14:43:20 
  2. URL 
  3. h_m_55 
  4. [ 編集 ] 
TBありがとうございます。
映画の中のファッションに注目して観ている人がいるなんてお洒落ですね。
自分は悲劇版のメリンダの親友ローレルがお気に入りです。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

メリンダとメリンダ

  1. 2005/12/13(火) 23:32:23 |
  2. cinema capsule
今年二本目の公開のウッディ・アレンの「メリンダとメリンダ」をアレン映画はここで上映がお約束となってる(?)恵比寿ガーデンシネマで鑑賞してきました!場所柄国際色豊かな方々が上映をまだかまだかと待ってます。予告編を見ていたら嬉しい情報が!「メリンダとメリンダ

「メリンダとメリンダ」(その1)

  1. 2005/09/20(火) 19:57:58 |
  2. こだわりの館blog版
9/11 飯田橋ギンレイホール にて滑り出しは「ブロードウェイのダニー・ローズ」。監督:ウディ・アレン出演:ラダ・ミッチェル、クロエ・セヴィニー、ジョニー・リー・ミラー、ウィル・フェレル、    キウェテル・イジョフォー、他ウディ・アレンは

パンフレットも2冊構成《メリンダとメリンダ》

  1. 2005/08/05(金) 17:21:18 |
  2. アロハ坊主の日がな一日
ようやく恵比寿ガーデンプレイスへ観に行けた。70歳のウディ・アレン監督作品。2ヶ月前に観た『さよなら、さよならハリウッド』に比べるといまひとつ。しかし、ウディの作家性というか、よく出ているウディらしい作品。フレンチディナーを楽しんでいる大人4人。その中の一人

【映画】 メリンダとメリンダ ★★★

  1. 2005/08/04(木) 22:42:44 |
  2. 徒然なるままに・・・
ストーリー:マンハッタンの劇作家たちが、思いつきで描き始めた2種類のラブ・ストーリー。不倫を経験したメリンダは、同じアパートに住む映画監督のスーザンと、その夫で売れない俳優のボビーの2人が催すパーティーに参加。スーザンらはそこに出席しているリッチマンに新

『メリンダとメリンダ』~アレンのライフバイキング(下)~

  1. 2005/08/02(火) 23:08:21 |
  2. Swing des Spoutniks
『メリンダとメリンダ』&nbsp;公式サイト&nbsp;&nbsp;&nbsp;少し日が空いてしまいましたが、前回の上の記事の続きとなります。思いっきりネタバレしているので、未見の方はご注意ください。

「メリンダとメリンダ」@恵比寿ガーデンシネマ

  1. 2005/07/31(日) 18:13:21 |
  2. 旦那にはひ・み・つ (☆o☆)
今日は久しぶりに「試写会」ではなくて「映画館」に行って来ました。っていっても今日は「劇場招待券」が当たっていたから見に行ったんだけどね・・・でも、秀君と映画館で映画を見るのは本当に久しぶり。「ハウルの動く城」以来かな?でも、そのチケットも・・・{/hiyo_en1/

メリンダとメリンダ

  1. 2005/07/10(日) 20:20:12 |
  2. It's a Wonderful Life
近作「さよなら、さよならハリウッド」も、映画を作る過程の物語でしたが、今回はストーリーを創作する発想についての映画になってます。もう70歳になるウディ・アレン、この数年は精力的に毎年1本ペースで映画を作っているようなんで、頭の中は創作の事で...

試写会/映画(メリンダとメリンダ)

  1. 2005/07/04(月) 14:43:57 |
  2. h_m_55’s diary
2005/05/10(火)に映画『メリンダとメリンダ』を観ました。今日はその感想。 感想:とある酒場で4人の脚本家らしき人物達が人生について語り合っています。人生は”悲劇”か”喜劇”か。そんな中で2人のメリンダを主人公にしたストーリーが創作されていきます。 「メリン.

試写会「メリンダとメリンダ」

  1. 2005/07/03(日) 02:11:58 |
  2. こまったちゃんのきまぐれ感想記
試写会「メリンダとメリンダ」開映19:00@TOKYO FMホール「 メリンダとメリンダ」 MELINDA AND MELINDA 2004年 アメリカ配給:FOX監督・脚本:ウディ・アレン製作:レッティ・アロンソン、ヘレン・ロビン製作総指揮:チャールズ・H・ジョフィ、ジャッ

[映画] メリンダとメリンダ

  1. 2005/07/03(日) 00:06:46 |
  2. あきらの日記
恵比寿ガーデンシネマで、映画「皇帝ペンギン」の前売券を買い、おまけ特典で携帯クリ

メリンダとメリンダ

  1. 2005/07/02(土) 22:50:15 |
  2. 東京ナイトライフ
ウディ・アレン監督「メリンダとメリンダ」試写会@東京FMホール。ストーリーは悲劇版のメリンダとハッピー版のメリンダの物語が同時進行する、というもの。でも二つのパターンのストーリーが同時進行する、という映画なら、グウィネス・パルトロウが主演した「スライ

メリンダとメリンダ

  1. 2005/07/02(土) 19:48:03 |
  2. ★☆★ Cinema Diary ★☆★
本日2本目は「メリンダとメリンダ」です。ゴールド劇場での鑑賞です。初日の最初の回ということで、「コンパクトミラー」をGetしました&nbsp;ウディ・アレン監督の作品は、この間みた「さよなら、さよならハリウッド」が面白かったのでちょっとだけ期待を。しかし

『メリンダとメリンダ』

  1. 2005/07/01(金) 23:41:58 |
  2. ラムの大通り
------おっ、珍しいね。ウディ・アレンじゃない。確か、この監督あまり好きじゃなかったのでは?「そうなんだ。う~ん、なんて言うか、インテリのニューヨーカーが『ボク悩んでるんです』というのを特権的にひけらかしている気がして鼻についてたんだ」------でも『ボギー!

「メリンダとメリンダ」

  1. 2005/07/01(金) 22:30:52 |
  2. 試写会帰りに。
ヤクルトホール「メリンダとメリンダ」試写会。今回は監督、脚本に徹して出演なしのウディ・アレン。ラブストーリーなので、ウディ・アレン本人が出てこない事にホッとしつつも、それもちょっと物足りないような、複雑な心境。同じバックグラウンドを持つ一人の女性メリンダ

メリンダとメリンダ

  1. 2005/07/01(金) 22:08:44 |
  2. 欧風
この前、「メリンダとメリンダ」の試写会に行ってきました。メリンダとメリンダ、と言っても、別にマナカナみたいな双子の映画ではなく、ニューヨークを舞台にしたメリンダという女性のラブストーリーで、悲劇的メリンダと、喜劇的メリンダの2つの話に別れていく、というも




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。