大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

ブエノスアイレスの夜

  1. 2005.06.29(水) _19:36:03
  2. 洋画【は行】
  3.  トラックバック:8
  4.  コメント:1
bue.jpg20年ぶりにブエノスアイレスに帰郷した42歳のカルメンは、昔うけた拷問の恐怖から人と触れ合えなくなっていた。ある時、若い男娼の声に魅了されたカルメンは、彼を雇って壁越しに官能小説を読ませる。

監督のフィト・パエスは主演のセシリア・ロスの夫と言う事で彼女の魅力を最大限生かしての起用なのだろう。
見る前までは予告編からのイメージによるガエルの男娼の物語だろうと勝手に思い込んでいた。 実に違う意味で裏切られ、そして最後は悲嘆にくれた。 だがそれは私だけ。 主人公は意外にも違う反応を示した。 それは必見だろう。 何がそうさせたのか。。。 後からだがじわじわと理解出来た。 色んな事があり懐が大きくなきゃ生きられないであろう。。。けれど若さはそれを許させないであろう。。。人間成長するには時間が必要だ。

南米のアルゼンチン映画です。アルゼンチンの国民にとって政情が安定した今もなお、忘れえぬ過去である軍事クーデター。惨酷な事実を前に、人の心はあまりにも壊れやすい。残虐の嵐の中で、夫を失い、自らも拷問され、心身ともに傷を負ったカルメンは、忌まわしい国と過去を捨てた。これが重要ポイントです。 頭に入れて置かれても宜しいかと。。。
しかしガエル・ガルシア・ベルナルとロドリゴ・サントロ、ウォルター・サレス監督のお陰で南米の歴史に興味が沸く事頻りに。。。 
edit

<<チェ・ゲバラ&カストロ | BLOG TOP | ボン・ヴォヤージュ>>

comment

初めまして。

  1. 2005/07/29(金) 22:10:21 
  2. URL 
  3. あむろ 
  4. [ 編集 ] 
こんばんは。
私もガエルが男娼になって…というストーリーだと思っていました。
重い内容の映画でしたが、「そんなに悪い結末じゃないわ」というセリフの意味するところを色々と考えてしまいました。

「モーターサイクル」の続編も借りようかな?と思っていたのですが、批評を読む限りでは借りない方がいいみたいですね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

ブエノスアイレスの夜

  1. 2006/01/08(日) 01:04:23 |
  2. カリスマ映画論
 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 愛しい゛声゛が開いた悲劇への扉   

『ブエノスアイレスの夜』

  1. 2005/07/29(金) 22:03:35 |
  2. なんでもreview
ガエル・ガルシア・ベルナル見たさにレンタルした私が悪うございました。スペインから20年ぶりにブエノスアイレスへ帰国したカルメン(セシリア・ロス)は受話器越しに偶然聞いた青年グスタボ(ガエル・ガルシア・ベルナル)の声に、官能を覚えた。昔負ったトラウマから人と

「ブエノスアイレスの夜」

  1. 2005/07/28(木) 19:48:22 |
  2. るるる的雑記帳
「ブエノスアイレスの夜」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。セシリア・ロスが出ているという事とガエル君が男娼だという事以外に事前にあらすじをチェックしておかなくて本当に良かったぁ、「オイディプス」がベースになってい

Vidas Privadas

  1. 2005/07/06(水) 10:13:17 |
  2. 引き出しの中身
ブエノスアイレスの夜2001年 アルゼンチン/スペイン出演:セシリア・ロス、ガエル・ガルシア・ベルナル、監督:フィト・パエス「オール・アバウト・マイ・マザー」のセシリア・ロス、誇り高い女:カルメンを演じる。孤独に痛みの真ん中に立ち続ける恐るべき人。このような

ブエノスアイレスの夜

  1. 2005/06/30(木) 21:46:21 |
  2. 日々映画三昧
オフィシャルサイト → ブエノスアイレスの夜父の危篤の知らせを受けて、20年ぶりに故郷ブエノスアイレスの土を踏んだカルメン(セシリア・ロス)。かつての軍事クーデターで、非情な体験をして以来、彼女はアルゼンチンを離れ、過去に決別するように生きてきたのだ。久しぶ

VIDAS PRIVADAS/ブエノスアイレスの夜(2001アルゼンチン-スペイン)

  1. 2005/06/30(木) 17:33:51 |
  2. 瓢箪鯰
聴覚だけで物事を感じ取るとはどういうことなのだろうか?壁の向こうの様子は音でしか知れない。音を頼りに自分の頭でイメージを作り上げる。同様に、彼女に暗い影を落とす過去の映像はなく、記憶の中の音で描かれるだけ。しかしその強烈な音は私に激烈な恐怖をもたらした。

ブエノスアイレスの夜/vidas privadas

  1. 2005/06/29(水) 22:59:25 |
  2. amapola
1976年、アルゼンチンで起こった軍事クーデターにより、カルメン(セシリア・ロス)は、ジャーナリストの夫を殺され、自らも1年間に及ぶ拷問を受けた。軍に解放された後、国を捨てスペインに亡命したカルメンだが、死期がせまる父親の財産分与の為、20年ぶりに祖国

【ブエノスアイレスの夜】

  1. 2005/06/29(水) 20:38:19 |
  2. ココアのお部屋
セシリア・ロス、ガエル・ガルシア・ベルナル出演のヒューマン?ラブストーリー。公開日:12月11日☆ストーリー☆カルメン、42歳。美しく有能な彼女。故郷から遠く離れたマドリードにたった一人住んでいたが、父の危篤の知らせを受けて20年ぶりに故




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。