大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

美しい夏キリシマ

  1. 2005.05.27(金) _13:00:55
  2. 日本映画
  3.  トラックバック:5
  4.  コメント:3
kirishima.jpg<ストーリー>1945年、戦時中の混乱の中で、日高康夫は働いていた工場で空襲に見舞われ、親友が被爆死するのを目の当たりにする。以来、一人生き残ったことに罪悪感を抱いてしまい、それが原因で体を壊し、彼は学校に行けなくなっていた。純粋さゆえに自分を見失っていく15歳の少年と、懸命に生きる人々の姿を繊細に描く。
黒木和雄監督が多感な少年期を過ごした宮崎の霧島連峰がバックにそびえて見える美しい村を舞台に、永遠に忘れられない記憶を映画化した戦争レクイエム3部作(「TOMORROW/明日」「美しい夏 キリシマ」「父と暮らせば」)の第2弾。2003年度キネマ旬報日本映画ベスト・テン第1位。

この監督では「スリ」がお気に入り。 キネマ旬報ベスト・テン第1位って事で、観なくてはと思いやっと観る事が出来た。 まずDVDのジャケットが美しい。 終戦までの数ヶ月を追っている。
戦時下の直接空襲もない田舎にも戦争の悲惨さが個人個人の生活にも影響を及ぼしているのを淡々にしかし情熱を持ってストーリーは展開される。 夏の緑、空の青さ、雲の白さ、風景は明るく綺麗だ。 戦争の悲惨さとを対比している。 少年を取り巻く人達のそれぞれが持つ出来事が濃縮されて描かれる為、内容的に観るものを飽きさせない。
篠田正浩監督の「少年時代」の青年版と言う感じもしなくはない。 実に日本映画的なオーソドックスな作りの作品だ。 だが、この作品は玄人好みの映画に違いない!! またはその時代を知っている者に取ってはある意味郷愁を呼ぶ作品ではないか。
キリストと天皇を比べる会話が興味深い。 果たして今の若者が観てどう感じるだろう?  でこの作品の秀逸さは脇の適材適所の配役だろう!!  特に女優軍!! どの人を取っても哀感漂って素晴らしいと思う。 でも賞には至ってない。 主人公はその飄々とした感じ(蝶々が当て所のない心の浮遊感を出している)良いがどうも柄本明の顔がちらついてしょうがなかった!!  息子だから似ている訳だが。。。「カンゾー先生」のその前(青年時代)を見ている錯覚にも陥りそうだった。(きっとそう思うのは私だけだろう。。。) それと香川君のタイプキャストだけは私的頂けない。 確かにはまり役ではあるが、もう勘弁してくれ~状態だった! それと終わり方が余韻を残す感じで終わり、この終わり方は良かったんじゃないかと思う。
最後に「ないごて おいの方が 生き残ってしもたとな!」って言葉。 これはいつも戦争映画を観て思う事。 答えなんか見出せやしないけど、でも考え込んでしまう。 戦争で生き残る人はただ単に運命なのか? じゃぁ、その運命とは。。。???
 
edit

<<天使の肌 | BLOG TOP | 海を飛ぶ夢>>

comment

TBありがとうございました

  1. 2005/06/02(木) 19:24:32 
  2. URL 
  3. yumi-mi 
  4. [ 編集 ] 
先日はTBありがとうございました。
「父暮らせば」を見て大変良かったため同じ監督のこの作品を見ました。
生き残ってしまったという罪悪感。主人公の心情は計りしれません。
戦争は生き残った人たちの生活のまで変えてしまうのですね。
戦争を体験していない世代(私もそうですが)に是非見てもらいたい映画だと思いました。


henryさま。

  1. 2005/05/28(土) 20:46:52 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
>二度と戦争を起こしてはいけないという気持ちに突き動かされてこの映画を作ったのではないかと
戦争映画も段々と直接的にハードな描写の映画が多い中、この作品は直接的な戦争による破壊的な描写は出てきませんね。
間接的だからこそ、ジーンと心に迫ってくるって衝動があります!
皆傷ついて居るんだと。。。戦争ってものは。。。

生き残ったものの死者への思いが・・・

  1. 2005/05/28(土) 01:34:12 
  2. URL 
  3. henry 
  4. [ 編集 ] 
TB有難うございます。またお邪魔させていただきます。黒木監督は美しい村の風景となにげない日常を描いていても、二度と戦争を起こしてはいけないという気持ちに突き動かされてこの映画を作ったのではないかと思いました。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

美しい夏キリシマ ★★★★

  1. 2005/05/30(月) 12:03:07 |
  2. マダム・クニコの映画解体新書
 登場人物のそれぞれが、身近に“死”を体験し、そのトラウマを抱えながら生き長らえざるを得なかった終戦前後の厳しい現実。本作は、そのことを風化させないために、現代の私たちに問題提起した、“死”からの考察による“再生”の物語である。 本作のテーマを象徴してい

美しい夏 キリシマ

  1. 2005/05/29(日) 21:50:02 |
  2. Cinema日和
監督:黒木和雄出演:柄本佑、小田エリカ、原田芳雄、香川照之2003年 日本映画 118分 カラー★★★☆ 戦争映画っていろいろあって訴えたいことを表現するのは難しいと思うのですが、これは、「美しい夏キリシ…

美しい夏キリシマ

  1. 2005/05/28(土) 01:06:36 |
  2. FOOTBALL LIFE
2002年/日本映画/黒木和男監督。プロデューサー・・・仙道武則 キャスト・・・柄本佑(柄本明の息子)、原田芳雄、左時枝、牧瀬理穂、石田えり、香川照之、寺島進 などエキプ・ド・シネマ発足30周年記念作品第1弾九州の霧島高原という舞台で、駐屯する軍隊はある

静かなる戦争映画

  1. 2005/05/27(金) 20:12:05 |
  2. 私の徒然草。私のブログ
黒木和男監督「明日TOMORROW」と「美しい夏キリシマ」を観た。 両作品とも、普通の人々の普通の暮らしが描かれている。「明日」は、「人間は 父や母のように 霧のごとく 消されてしまって よいのだろうか」「1945年8月8日、長崎」というテロップで始まり、「1945年8...

美しい夏キリシマ

  1. 2005/05/27(金) 19:07:24 |
  2. いつか深夜特急に乗って
「美しい夏キリシマ」★★★(DVD) 2002年日本 監督:




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。