大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

海を飛ぶ夢

  1. 2005.05.25(水) _15:53:48
  2. 洋画【あ行】
  3.  トラックバック:72
  4.  コメント:25
umi.jpg<ストーリー>9歳でノルウェー船のクルーとなり、世界中の国々を旅してまわったラモン・サンペドロ。 だが6年後、皮肉にも同じ海で起きた事故により四肢麻痺の障害を負ってしまう。 家族に支えられベッドで寝たきりの生活を28年間続けた末、ラモンは尊厳死を決意するのだが…。 

『オープン・ユア・アイズ』『アザーズ』(共に好きな作品)のアレハンドロ・アメナーバル監督作品。 人間の尊厳について語った映画だ。 死を選ぶか、生きるを選ぶかは本人の自由だ。
それぞれの置かれた環境、生きてきた環境によって当然違って来る筈。 確かに素晴らしいが、綺麗に語り過ぎていないかが、実に気になるところ。。。
台詞にも無駄がない。 素晴らしい語り口に生暖かい涙が零れ落ちるそんな映画だ。 
それぞれの立場の人間の感じ方を非常に上手く引き出している。だからきっと色んな人が共感する人物が、そこに、この映画に存在するのではないか。 
暖かくて明るく人は陽気なスペインは海外旅行慣れしている人は、この国が一番良いと言う人が私が若かった頃は多かった。 今はどうなんだろう?  
バックはスペインの田舎が舞台。 
窓から見える景色は季節を感じられる。 運命を左右した海も近い。 「海を飛ぶ夢」のシーンはその勢いの映像と共にバックのプッチーニの絶筆となったオペラ「トゥーランドット」からそれも”誰も寝てはならぬ”ですよ!!(大した知識も無いが男性アリアの最高峰と私は思っている)も実に効果的。 
主人公は家族の愛情に支えられ恵まれているが、それが反って苦しめる事にも成り得る。 彼の義理の姉の献身的な愛情も素晴らしい。 そばに居るからこそ、彼の辛さが分かり、本人の自由にさせて上げたいと思う気持ち。 彼女の演技も見応えある。ハビエル・バルデムのラモンの演技が嘘の思えないくらいのものを受けての感情が移入した様にも思った。それと兄の気持ちもよく分かる!!  甥っ子はちょっと歳の割りに鈍感過ぎる感じに映るなぁ。 そして父親。。。ホントは自分が逝きたいんだろうなぁ~、その眼差しから伺えて辛かった!
結構死に対して考える歳に近づいている自分としては他人事ではない。 私的に色んな事が頭を過ぎった。 
edit

<<美しい夏キリシマ | BLOG TOP | キングダム・オブ・ヘブン>>

comment

aiさま。

  1. 2006/05/26(金) 19:05:22 
  2. URL 
  3. ブライス(管理人) 
  4. [ 編集 ] 
存在感のある俳優さんですよね。
重いテーマを上手く表現してました。
TBされたていないようで、読みに行けず残念です。

  1. 2006/05/23(火) 20:59:56 
  2. URL 
  3. ai 
  4. [ 編集 ] 
「夜になる前に」からハビエル・バンデムがとても気になり始めましたが、この作品でもすばらしい演技を見せてくれました。重いテーマなのに、観た後の印象は美しく、明るい外の風景なのです。
TBもさせていただきました。読んでいただけたら嬉しいです。

TB失礼致します。

  1. 2005/06/03(金) 05:22:17 
  2. URL 
  3. OKZ 
  4. [ 編集 ] 
TB失礼致します。
生と死。
強く生きたいと思えた映画でした。

いい映画

  1. 2005/06/02(木) 14:01:23 
  2. URL 
  3. ともっち 
  4. [ 編集 ] 
この映画とっても良かったです。
私も義姉のマヌエラすごくいいなぁと思いました。
ほとんど自分の意見を言わないマヌエラが訪ねてきた神父に思いのたけを叫ぶシーンが大好きです。
TBさせてもらいました。

TBでお世話になってます。

  1. 2005/06/02(木) 02:10:11 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
ツボヤキさん。
>なかなか出来なかったんですワ
難しい事はよく分かりませんがTB返って来て
正直嬉しいです。 
そちらのブログは参考にさせてもらってます。
こちらこそ今度ともどうぞ宜しくです。

hit_me_さん。
>あの俳優さんにはびっくりでした。
私もびっくりしました。 
えらい老けちゃってるから、「夜になる前に」ってそんなに前の映画だったっけ?と。。。。
>お前本当は若かったのか~!
若い方がメイクだと思ってましたよ。 まんまと騙されてしまいました!!

TBどうもです

  1. 2005/06/01(水) 03:17:58 
  2. URL 
  3. hit_me_ 
  4. [ 編集 ] 
遅くなりましたが、TBありがとうございました。
本当に飛んでいきたくなるような、美しい映像と、音楽も効果的でしたよね。
あの俳優さんにはびっくりでした。お前本当は若かったのか~!

やっとTBできました・・・

  1. 2005/05/31(火) 09:22:29 
  2. URL 
  3. ツボヤキ 
  4. [ 編集 ] 
なかなか出来なかったんですワ。何故かな~アメブロの不具合なのか?
URLで出来ないのもあるんですね。つまり、同じblog内でも出来るものと
出来ないもの。アメブロ同士でもそーゆーのがありまして・・・タラタラ弁解(苦笑)
やっと今朝出来ました。ほっ~~~デスね。
どうぞよろしくデス。

纏めてレスです。

  1. 2005/05/28(土) 20:25:13 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
まめさま。
>この映画はラモンの考えに賛成している人もそうでない人も描いているので
そうですよね。 だから本人の考え次第なんですね。
何が苦しみになるかは本人しか分からないんですよ。
だから本人の意見を尊重するのが尊厳だと思うんですよ、私は。。

kanzumeさま。
>尊厳死について真剣に考える機会を与えてくれた
そうですね。 でもね、人間って実際にそうなってみないとどう自分が行動を取るかは分からないものです。
私は痛いのは我慢できないから。。。と子供には言って在るんですよ!!

linさま。
>ラモンの心象風景である「飛ぶ」シーンが脳裏から離れないです
私も。。。これがクライマックスですよね。 
だから邦題にもなったのでしょうね!!
こちらこそ今後とも宜しくお願いします。

novemberさま。
>私も次は「バッド・エデュケーション」ねらってます。
同じだ~。 知り合いがなかなか良かったと言ってました。
でも劇場では観られないかも。。。(泣)

みみこさま。
いらっしゃい♪ いつも重たいものは勘弁ですが、たまには頭と心を使う映画も良いですよね!
>トゥーランドット・・お好きですよね。私も~~~。
イイ曲、好きな曲は何時聞いても新鮮で、期待して居ない分映画で聞けるのは良いですよねぇ~。
それとプッチーニの「ジャン二・スキッキ」から”わたしのいとしいお父さん”のアリアにも弱いんです。 きっとこれも一緒ね♪♪(「眺めのいい部屋」の曲ですものね!)

tabalogさま。
>私自身は、どうしてもこの映画を好きになれませんで・・
分かります、その気持ち。 良い映画と好きな映画は違いますからね。 好きor嫌いだったら、私も好きな映画じゃないですよ。
tabalogさんはきっとお若いしお幸せなのかしら?とも思ったりします。

acoさま。
>義姉のマヌエラさんの存在は、フリアやロサよりも大きかったのではないかと思います。
実在のラモンが死んだ後も尊厳死を認められる為に活動したと聞いてます。 なかなかそこまで出来ないですよね。
>家族って、無条件の愛情でつながってるんだなと思いました。
好き嫌いじゃないんですよね、家族は。。。自然に出てくる行動なんでは。。って気がします。 甥御さんについては、単純で素直で可愛かったです!!(翻訳によって台詞の意味合いも違って来るからなぁ~。。。)

troisvillagesさま。
TBありがとうございます♪ それだけでも嬉しいですo(*^エ^*)o 


TBありがとうございました☆

  1. 2005/05/28(土) 07:43:47 
  2. URL 
  3. troisvillages 
  4. [ 編集 ] 
遅くなりましたがTBお返し致します o(*^エ^*)o

マヌエラの大きさ

  1. 2005/05/27(金) 16:54:16 
  2. URL 
  3. aco 
  4. [ 編集 ] 
トラックバックありがとうございます!
義姉のマヌエラさんの存在は、フリアやロサよりも大きかったのではないかと思います。
原作本も読みましたが、やはり義姉への感謝の気持ちは、たいへん強かったみたいです。
甥御さんについては、清書の仕上がりをラモンに注意され、いったんはイヤになるが、思い直してまた入力をし始める場面が印象的でした。
家族って、無条件の愛情でつながってるんだなと思いました。

TB

  1. 2005/05/26(木) 12:50:17 
  2. URL 
  3. tabalog 
  4. [ 編集 ] 
こちらからもTBさせていただいたんですが、私自身は、どうしてもこの映画を好きになれませんで・・・(^_^;)
まぁ、こんなに心の狭いヤツもいるんだという風に受け取って下さい。

TBありがとうございます

  1. 2005/05/26(木) 11:31:46 
  2. URL 
  3. みみこ 
  4. [ 編集 ] 
お邪魔します。色々と考えさせられる映画でしたね。
こういう映画もたまにはいいですよね。
トゥーランドット・・お好きですよね。
私も~~~。マッチしていましたね。

トラバありがとう。

  1. 2005/05/26(木) 09:44:34 
  2. URL 
  3. november 
  4. [ 編集 ] 
本当に深い映画でした。

私も次は「バッド・エデュケーション」ねらってます。

TBありがとうございます

  1. 2005/05/26(木) 03:44:02 
  2. URL 
  3. lin 
  4. [ 編集 ] 
深い作品でしたね。
観ている瞬間よりも後でじわじわ来るというかw
自分は今もラモンの心象風景である「飛ぶ」シーンが脳裏から離れないです。
またヨロシクお願いしますw

TBありがとうございます

  1. 2005/05/26(木) 01:02:46 
  2. URL 
  3. kanzume 
  4. [ 編集 ] 
僕もTBさせて頂きました。
尊厳死について真剣に考える機会を与えてくれた
素晴らしい作品ですね。

はじめまして。

  1. 2005/05/26(木) 00:10:41 
  2. URL 
  3. まめ 
  4. [ 編集 ] 
TBありがとうございました。
この映画はラモンの考えに賛成している人もそうでない人も描いているので、
見た後に自然に「尊厳死」について考える事が出来るのだと思いました。

会話の映画。

  1. 2005/05/25(水) 23:59:08 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
ぷちてんさん。
>彼らの会話、ちょっとユーモアもありましたよね。
確かに。。。ラモンの会話は詩人だけに行き届いた会話術ですね。
見習いたけど、天賦のものだしなぁ~。 
>介護だって本当はそんなに、キレイ事では済まされない筈だし、ラモンの尊厳死についてだけ抜き出しているのだなあと・・・
そうなのよね~。 
だから綺麗にまとめ上げ過ぎているかなぁと思ったの、この映画。
現実は小説よりきっと厳しいはず。。。  現実ばかりと言うのも嫌だし。。
なんて勝手な事言ってお恥ずかしいですが。。。

えいさん。
>主人公の周りの人たちの描き方がとても素晴らしかったと思います。
彼のファンの女性達もそうでしたね。 敢えて私は書いてないですが。。。
彼は昔女性とも一杯幸せな時を過ごしたし、28年間よく、そして周りも頑張ったと思います。 

周りの人たち

  1. 2005/05/25(水) 23:16:17 
  2. URL 
  3. えい 
  4. [ 編集 ] 
トラックバックありがとうございました。

ぼくもこの映画は、主人公の周りの人たちの描き方が
とても素晴らしかったと思います。
特に、兄の立場や考え方にもきちんとスポットを当ててるところが、
この映画にヒューマニズム以上の重みを与えていたと思います。

そうですね~

  1. 2005/05/25(水) 23:14:27 
  2. URL 
  3. ぷちてん 
  4. [ 編集 ] 
誰も悪者が出てこない、あ宗教家が出てきましたけど、彼だって悪者じゃあないし。
この階段をはさんでの彼らの会話、ちょっとユーモアもありましたよね。

介護だって本当はそんなに、キレイ事では済まされない筈だし・・と考えながらも、そういう事を一切描かずに、ラモンの尊厳死についてだけ抜き出しているのだなあと思いました。
フリアの選択、ラモンの選択、私はどうする?考えさせられましたね~。
また、周りの家族や友人達にも、自分ならどうする?どう考える?と考えてしまいました。

ようこそです♪

  1. 2005/05/25(水) 22:52:59 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
nahoritaさん。
映画の勉強にNYはブルックリン在住なんですね。
どうぞお励み下さいませ
昨年夏に初めてNYに行きました。何回も訪れたい街です。
>何回もリピートして観たいです。
きっとお若いからでしょう。 私はもう辛くて観られないですが。。。
>また遊びに来ますね
大歓迎♪ いつでもいらしてね!! 

まみりんさん。
>いろんな人が、かかわってるんですよね。
そうですね、良い意味でも、悪い意味でも。。。
だから私は上手く生きる知恵として、良い物しか見ないように
そして感じないようにしてます! 時間は掛かりますが。。。

はじめまして

  1. 2005/05/25(水) 22:08:54 
  2. URL 
  3. まみりん 
  4. [ 編集 ] 
TBありがとうございました。
私はハビエル目当てで観たんですけど・・・もう、語りかけてくるテーマが重いから・・・涙がボロボロと。
自分ひとりで生きてるわけではないんですよねー。いろんな人が、かかわってるんですよね。
私もTBさせてもらっちゃいますね。

はじめまして。

  1. 2005/05/25(水) 21:47:24 
  2. URL 
  3. nahorita 
  4. [ 編集 ] 
TBありがとー。この映画ほんとにほんとに大好きでした。なのでDVDを注文してしまいました。何回もリピートして観たいです。また遊びに来ますね。

コメント嬉しいです♪

  1. 2005/05/25(水) 21:06:55 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
朱雀門さん。
>他の女性に目が行ってしまいましたが(笑)。
いやぁ、単身者なら当然でしょう!!
この作品には周りに嫌な人間が出てこないんです。
それって本当?ってみる自分が居たりします。
>URL
飛べませんでした。 ブログの調子おかしいんですね。

しんさん。
>ガリシア地方は気候的にも英国チックちょっと内省的な風土って感じがします
そうなんですか! 教えて頂くと非常に嬉しいです。
>「バッド・エデュケーション」もガリシアを舞台とするシーンがあったっけ
「バッド・エデュケーション」も観たいなぁと期待してるんです。 きっとDVD観賞になると思いますが、チェック入れときます!!
>私としては「誰も寝てはならぬ」は、またか・・・と、何かって言うとすぐこれだな・・・
そう来ましたか! 私は好きな曲&歌なら感じちゃうんですよ~!
だから「トータル・フィアーズ」の私的評価もぐーんと高いです♪
車がぶっ飛ぶシーンは、忘れられません!

TBどうもでした

  1. 2005/05/25(水) 20:36:54 
  2. URL 
  3. しん 
  4. [ 編集 ] 
スペインというと何かと陽気とか情熱とか、そんなキーワードで語られるのですが、ガリシア地方は気候的にも英国チックで、ちょっと内省的な風土って感じがします。「バッド・エデュケーション」もガリシアを舞台とするシーンがあったっけ

色々と考えさせる映画で、今年のベストとは言いませんが、こういうのが何年たっても忘れない映画なんだろうと思います。

ただ私としては「誰も寝てはならぬ」は、またか・・・と、何かって言うとすぐこれだな・・・と。「アンタッチャブルThe Untouchables」「トータル・フィアーズThe Sum of All Fears」・・・

トラックバックありがとうございました

  1. 2005/05/25(水) 19:42:38 
  2. URL 
  3. 朱雀門 
  4. [ 編集 ] 
ラモンの家族は地味でしたが、忘れてはいけない存在ですね。
お子様をお持ちとのことですが、家族の視点って大事だなあと思い直しました。私は単身者のせいか、他の女性に目が行ってしまいましたが(笑)。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

「海を飛ぶ夢」

  1. 2007/03/02(金) 23:18:50 |
  2. 映画の缶詰
海を飛ぶ夢2005年4月16日 | 上映時間 = 125分| 製作国 = スペイン・フランス・イタリア| 言語 = スペイン語・カタルーニャ語・ガリシア語| 制作費 = ?10,000,000 | 興行収入 = | 前作 = | 次作 = | allcinema_id = 321732| kinej

海を飛ぶ夢

  1. 2006/01/11(水) 00:34:28 |
  2. カリスマ映画論
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ その魂は真実の希望へと向かう

海を飛ぶ夢

  1. 2005/11/15(火) 16:07:58 |
  2. 生きてるだけで儲けもの☆
第77回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。海に飛び込んで頭を強打し、首から下が不随になってしまったラモン。その後、26年間もベッドでの生活を続ける彼が、尊厳死を訴え続ける。『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督が、生と死という深いテーマに、...

映画『海を飛ぶ夢』

  1. 2005/10/10(月) 02:44:28 |
  2. 星が見える名言集
「爺ちゃんの運転じゃ辿り着けるわけないよ。」「何てことを言う。」「老いぼれだもの。」「当たり前だろ。老人だ。」「口うるさいし、いつも座ってばかり。役に立たない。」「いつの日か、この先何年も経った後、 お前は今の言葉を死ぬほど後悔し、自分を憎むだろう。」..

映画『海を飛ぶ夢』を観て

  1. 2005/08/20(土) 23:17:31 |
  2. KINTYRE’SPARADISE
人気blogランキングへ【この映画について】欧米の映画祭で軒並み賞を獲得していたこの映画は、米国でも権威あるゴールデングローブ賞とアカデミー賞の最優秀外国語映画賞を授賞した。この作品は実話に基づいて構成されており、四股麻痺のスペインの詩人ラモン・サンペドロ...

「海を飛ぶ夢」

  1. 2005/06/10(金) 02:48:42 |
  2. こだわりの館blog版
&nbsp;6/5 新宿武蔵野館 にてご注意!今回は「海を飛ぶ夢」の記事ながら「ミリオンダラー・ベイビー」 のネタバレをします。「ミリオンダラー・ベイビー」 をこれから見る方はこの記事は読まないでください…って、何だか複雑だなぁ。監督:アレハンドロ・アメナバール出演

海を飛ぶ夢

  1. 2005/06/06(月) 07:52:41 |
  2. 悲しみにせよ、喜びにせよ
一緒に見ようといってたのだが、女の子にすっぽかされて、でもどうしてもみたくて結局1人で見た映画がある。ちょっと格好悪いのだがまあしょうがない。『海を飛ぶ夢』というスペインの映画だ。アレハン

海を飛ぶ夢

  1. 2005/06/05(日) 22:01:24 |
  2. ひとりごと
海での事故が原因で、首から下が動かなくなり、26年間寝たきりの生活を送っているラモン・サンペドロ。献身的に彼を介護する家族、支えてくれる仲間や女性達に囲まれながらも、彼は自ら尊厳死を選ぼうとする。月並みだけど、観終わって最初に考えたのが、もし私がラモンの

ぬうべる・ばあぐ。

  1. 2005/06/03(金) 05:20:02 |
  2. SIDE SWIPE(横殴り)
28.「ぬうべる・ばあぐ。」おいといて。前述のフラメンコの女の人が、同じ話題の最中にこう聞いてきました。「『オープン ユア アイズ』(1999)って観ましたか?」記憶は跳んで、遡る事、多分、一年半位。『殺人論文』(1995)というタイトルのビデオを、レン

海を飛ぶ夢 Mar Adentro / The Sea Inside

  1. 2005/06/02(木) 14:01:16 |
  2. ネコと映画と私plusワンコ
おとといナビオTOHOプレックスで観た映画。この時の一番人気は「甘い人生」だった。さずが今をときめく韓流スター、イ・ビョンホン主演。イ・ビョンホンは確かにかっこいいし、「甘い人生」も面白い映画なんだろうけど、この映画もとっても良かった。とにかく多くの人に是非

デッドヘッドで帰国!

  1. 2005/06/01(水) 22:37:50 |
  2. 麻布十番CA日記
こんばんは。フライトからかえってきました!!地震のことは忘れて、いつもの日記を書きま~す♪今回のフライトは行きは乗務で、帰りはDHでした。DHとは「DEAD HEAD(デッドヘッド)」の略で、乗務を行わず、お客さんと同じ様に客席に座って帰ってくるんです。

海を飛ぶ夢 

  1. 2005/06/01(水) 03:13:15 |
  2. SLOBlog
海を飛ぶ夢 (原題:THE SEA INSIDE)新宿武蔵野館で見たのですが、レディースデーのため立ち見…久々にツラかった。でも映画に入り込めたため最後まで持ちこたえられましたが(苦笑)海に飛び込んで海底に頭を打ち付けてしまい、首から下が麻痺した状態で26年間生きてきた主人

■海を飛ぶ夢からTurandotへ

  1. 2005/05/31(火) 07:52:11 |
  2. ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
▲クリック:試聴(数十秒デス)●映画「海を飛ぶ夢」をご覧になった方からTBを頂く事が多くなり、嬉しい限りデス。「海を飛ぶ夢」繋がりで、かなり以前のページを思い出したことがあったのだが、もう、触れても良い時期なのかな。まだ未見の方はご遠慮いただいた方が良いか

■祝★ハヴィエル・バルデム★『ヨーロピアン・フィルム・アワード2004』最優秀男優賞を受賞!

  1. 2005/05/31(火) 07:51:42 |
  2. ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
■映画『The Sea Inside/ザ・シー・インサイド』邦題:海を飛ぶ夢●第61回ベネチア国際映画祭審査員特別賞の銀獅子賞と主演男優賞を受賞したのは、アレハンドロ・アメナバール監督の最新のフィルム、『The Sea Inside/ザ・シー・インサイド』(原題:Mar Adentro/英題:Out

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/30(月) 17:48:45 |
  2. PARTY!!
~海を飛ぶ夢~ 27 April, 200519歳でノルウェー船のクルーとなり、世界中を旅してまわったラモン・サンペドロ。『乗りは世界中を安く旅できて最高だ。』しかし海の事故で首を骨折し首から下が麻痺したまま寝たきりの28年間を過ごすことになる。目を閉じればどこへだって飛

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/28(土) 20:33:48 |
  2. 卓球フォーラム
映画のことなど書いてみます。今朝というか深夜というべきか?3時に目が覚めてしまいました。ふと水曜日は確か映画が安かったことを思い出して、午前中は用事がなかったので、朝一番で「海を飛ぶ夢」を見に行ってきました。以下は感想というより、印象に残ったことです。だ

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/28(土) 07:41:59 |
  2. la nourriture de l'esprit
ずーっと観たいと思っていた映画。 今日ようやく観てきました。…期待を全く裏切らない作品でした。私は尊厳死はあって良いと思っています。でもそれは終末期医療の中での尊厳死。いわゆるホスピスのような考え方には賛成ということ。だからラモンのようなケースではどうなん

映画「海を飛ぶ夢」

  1. 2005/05/27(金) 16:48:33 |
  2. 今日も上天気!
たとえば電話が鳴る。それを聞き、受話器を取る。たとえば読みたかった本を見つける。それを見て、胸ときめかせながら本を手にする。たとえば会いたかった人が来る。嬉しくて、笑顔でその人に歩み寄る。そう、私への電話読みたかった本会いたかった人は、すぐそばにいる。し

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/27(金) 12:41:31 |
  2. 「月の風」シネマ日記
アレハンドロ・アメナーバル監督作品尊厳死をテーマとして取り扱ったヒューマンドラマとなっている。実話に基づいたストーリーは、生きていくことについて深く考えさせられるものであった。自ら生きることと他の人に生かされることの違い。自ら生きている人間は、自

映画『海を飛ぶ夢』

  1. 2005/05/27(金) 02:48:48 |
  2. EVERSMILE
映画『海を飛ぶ夢』を見ました。実在した人物、ラモン・サンペドロが前向きに死ぬ権利を勝ち取ろうとする話です。アレハンドロ・アメナバール監督が見事にラモンの人生を描いています。生きることの意味を深く観客に突きつける映画です。また、主演のハビエル・バルデムの表

『海を飛ぶ夢』アレハンドロ・アメナーバル監督来日記者会見

  1. 2005/05/26(木) 23:31:11 |
  2. I N T R O+blog
2004年のベネチア映画祭で絶賛の拍手を浴び、審査員特別賞、主演男優賞、ヤング・シネマ賞(外国映画賞)の3賞を受賞。その後、ゴールデングローブ賞でも外国語映画賞受賞、また、本年度アカデミー賞外国語映画賞受賞に輝いた『海を飛ぶ夢』。 4月16日の日本公開に先駆けて、

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/26(木) 20:32:21 |
  2. cafe bleu
岩場から引き潮の海へダイブ。頭を強打し、半身不随。25歳からベッドの横たわることがラモンの人生となった。生きることに意味を見いだせず、26年後、自ら命を絶つ尊厳死を選ぶことを決意する。なんだかものすごく重いテーマ。見たいけど、気分のよくなる映画ではないな

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/26(木) 12:46:41 |
  2. taba-log
公式HPはコチラ。土曜日、年に1度あるかないかくらいの早起きをしたので、せっかくだから映画でも見に行こうかなと決意。公開初日の初回も初回、朝9時20分の回を、しかも有楽町で、しかも当日料金で観ることに。しかし、これが最悪で(>_<)いやぁ、久しぶりにもの凄く嫌悪

『海を飛ぶ夢』~a vida o muerte~

  1. 2005/05/26(木) 12:20:40 |
  2. Swing des Spoutniks
『海を飛ぶ夢』&nbsp;公式サイト&nbsp;監督・脚本・音楽:アレハンドロ・アメナーバル出演:ハビエル・バルデム ベレン・ルエダ ロラ・ドゥエニャス &nbsp;【あらすじ】(Yahoo映画より)25歳の夏にラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)は、事故により首

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/26(木) 11:32:56 |
  2. ちょっとお話
海を飛ぶ夢 を観ました。(2004 スペイン) 監督  アレハンドロ・アメナーバル    出   ハビエル・バルデム(ラモン・サンぺドロ)         ベレン・ルエダ(フリア) ロラ・ドゥエニャス(ロサ)  マベル・リベラ(マヌエラ)海の事故で首から下

「海を飛ぶ夢」

  1. 2005/05/26(木) 10:02:39 |
  2. るるる的雑記帳
「海を飛ぶ夢」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。主人公であるラモン・サンドロペは死へと突き進んでゆく、もうこの意志だけは変わらない。そしてその次元へ達した彼の心境の変化に関しては冒頭特に説明はない。とにかくこうだ

「海を飛ぶ夢」

  1. 2005/05/26(木) 09:45:23 |
  2. 主婦の秘め事
泣きました。&nbsp;もし自分が同じような四肢麻痺の状態になったらどうだろう?私もやっぱり死なせて欲しいと思うだろう。でももしそれが自分の家族であったら?ましてラモンのように病気ではなく事故であり本人が元気ならば死んで欲しくないと思うだろう。自分の子供や兄弟

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/26(木) 09:25:04 |
  2. あの新作映画観ました!!
■この作品の評価・・・・・・ o(^-^)o  (観て損はない) やりきれない悲しさから、眉間にシワを寄せてエンドロールを眺めていた。もし、自分の大切な人が「死にたい」と願ったら、私は手助けすることができるだろうか。自問自答するまでもなく、できるはずがない。

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/26(木) 09:21:13 |
  2. ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-
映画「海を飛ぶ夢」の感想です

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/26(木) 09:03:20 |
  2. *call my name*
海を飛ぶ夢/2005年4月16日公開地元では7月2日からの公開なんだそうです。ゴールデングローブで最優秀外国語映画賞、アカデミーでも外国語映画賞を取っているすごい映画です。(賞取ってないから駄目とかそういうことを言っている訳ではない、のですが)穏やかな海と優し

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/26(木) 08:48:21 |
  2. 映画ぶつぶつ(ブログ)
『海を飛ぶ夢』 “Mar adentro / The Sea Inside” b

海を飛ぶ夢(2004/スペイン)

  1. 2005/05/26(木) 08:29:54 |
  2. 虫干し映画MEMO
MAR ADENTRO監督: アレハンドロ・アメナバル 出演: ハビエル・バルデム ベレン・ルエダ ロラ・ドゥエニャス クララ・セグラ マベル・リベラ セルソ・ブガーリョ  1968年8月23日、25歳のラモンは岩場から海へダイブした際に海底で頭部を強打、首から下が完全に麻痺し

「海を飛ぶ夢」を見て来ました。

  1. 2005/05/26(木) 08:22:41 |
  2. lifeisjourney.
見終わったあと、車を運転しながら映画のワンシーンを頭の中でくり返して、思わず、また涙が込み上げてくる・・・そんな映画でした。「海を飛ぶ夢」公式サイトファーストデーという事で1000円均一で映画が見れる今日。車は渋滞してるし、凄まじい人の数でしたが平日は16時...

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/26(木) 04:26:04 |
  2. ヲイラのだいあり?
■ 海を飛ぶ夢 ( THE SEA INSIDE ) 4月16日公開● 第77回アカデミー賞 外国語映画賞受賞● ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞 受賞● ベネツィア映画祭 主演男優賞 受賞約束しよう…自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。実在の人物ラモン・サンペド

「海を飛ぶ夢」

  1. 2005/05/26(木) 03:40:30 |
  2. NUMB
海を飛ぶ夢「海を飛ぶ夢」 ★★★★(2004年スペイン)監督:アレッハンドロ・アメナバールキャスト:ハビエル・バルデム、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、マベル・リヴェラ 、 セルソ・ブガーリョ、クララ・セグラ、ホアン・ダルマウ 公式サイト

『海を飛ぶ夢』(2005年・43本目)

  1. 2005/05/26(木) 01:08:57 |
  2. Bardus Scriptor
 スペインのアレハンドロ・アメナーバロ監督がラモン・サンペドロの手記を題材にした,人間の尊厳とは,生きるとは何か,を描いた作品.本年度の外国語アカデミー賞を受賞したことで話題の感動作. 命を題材にし,生きるとは何か,を尊厳死を求めるラモン・サンペドロ(バ

海を飛ぶ夢 ★★★★☆

  1. 2005/05/26(木) 01:00:25 |
  2. みかんのかんづめ
事故で一命を取り留めたのか、自殺を邪魔されたのか。 25歳の時に事故で首から下が不随になり30年間寝たきりの男性(ラモン)が尊厳死を選ぶまでの実話を元にしたストーリー。ラモンの周りには素敵な人達が集まり、彼に恋愛感情を抱く女性も多い。目を閉じれば2階の窓から大

映画「海を飛ぶ夢」

  1. 2005/05/26(木) 00:57:44 |
  2. こまったちゃんのきまぐれ感想記
「海を飛ぶ夢」開映11:20@新宿武蔵野館2 「海を飛ぶ夢」 2004年 スペイン・フランス・イタリアスペイン題 MAR ADENTRO  イタリア題 MARE DENTRO  英題 THE SEA INSIDE配給:東宝東和監督:アレハンドロ・アメナバール製作:エミリアーノ・オテギ製作総

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/26(木) 00:32:36 |
  2. たりん堂@blog
自ら死を選ぶ状況っていったいどんなだろう? 死にたいって思うことはあっても、それ

『海を飛ぶ夢』

  1. 2005/05/26(木) 00:27:37 |
  2. Such One Day
『海を飛ぶ夢』試写会に行ってきますた。ラモン・サンペドロの手記「LETTERS FROM HELL」の映画化。事故で四肢麻痺となった主人公が、永きに渡り、尊厳死という魂の開放を求めて繰り広げる生の闘いを描いた真実のドラマ・・・。尊厳死という難しくも重いテーマを扱った作品

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/26(木) 00:13:43 |
  2. 壺のある生活
海を飛ぶ夢 THE SEA INSIDE (Mar adentro) (2004/スペイン)重い・・・。監督・脚本アレハンドロ・アメナーバル Alejandro Amen&aacute;bar出演ハビエル・バルデム Javier Bardem (Ram&oacute;n Sampedro)ベレン・ルエダ Bel&eacute;n Rueda (Julia)ロラ・ドゥエニャ

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 23:45:13 |
  2. 気の向くままスタイル。
予告編とTVスポットを見て、心を奪われた作品です。感想だけではお伝えできないことが山ほどあります。 公式サイトのほうに予告編がありますのでお勧めいたします。海を飛ぶ夢 ≫公式サイト【PG-12】管理人点数評価>80点/100点ハビエル・バルデムベレン・ルエダロラ・ドゥ

「海を飛ぶ夢」を観た★★★★☆

  1. 2005/05/25(水) 23:22:26 |
  2. FindingMovie映画っていいね♪
これは実話です。。。(↑ウル覚えですが・・・)エンディングロールの最後に流れてきた文字・・・。モチロン実話だと分かっていたけれど、でも一通り映画を観た後で、改めてこの文字を目にしたら、なんだか泣けました。。。四肢麻痺のラモン・サンペドロ役を演じたハビエル...

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 23:17:29 |
  2. 或る日の出来事
Photo by Isasi,Teresa (c)2004 Fine Line Features. All rights reserved.MAR ADENTO(THE SEA INSIDE)2004年 スペイン作品監督 アレハンドロ・アメナバール出演 ハビエル・バルデム、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャスもし自分がこういう立場だったら、どうする

『海を飛ぶ夢』

  1. 2005/05/25(水) 23:17:15 |
  2. ラムの大通り
-----おやおや、アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品というのに渋い顔してるにゃあ。「う~ん。実話という重みがあるから語りにくいけど...」-----けど、なに?「物語の性質上、仕方がないんだけど、とにかくここには全編にわたって“死”の匂いが立ちこめている。これは

海を飛ぶ夢・・・ハビエル・バルデム&アメナバール監督

  1. 2005/05/25(水) 23:15:18 |
  2. ぷち てんてん
そして、見てまいりました。平日ですが今日は1000円の日のせいもあって、意外と人が入っていました。いい映画なので、たくさんの人に見て欲しいですね。☆海を飛ぶ夢☆(2004)アレハンドロ・アメナバール監督ハビエル・バルデム・・・・・・・ラモン・サンペドロペレン・ル...

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 22:53:45 |
  2. amapola
もし身近な人がこんな死を望んだら、私ならどうすればよいのだろう。大切な人を救うためには大切な人を失わなければいけない。

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 22:49:07 |
  2. ~~映画見ちゃいました~~
監督:アレハンドロ・アメナーバル出演 :/べレン・ルエダ/ロラ・ドゥエニャス/マベル・リベラ/セルソ・ブガーリョ/クララ・セグラ/タマル・ノバス/フランシス・ガリード製作年 : 2004年日本公開:2005年4月~製作国 : スペイン=フランス今年のアカデミー賞で外国語映画部門

多面から尊厳死について考えさせられる秀作 「海を飛ぶ夢」

  1. 2005/05/25(水) 22:47:30 |
  2. 平気の平左 Blogの巻
評価:85点 {/fuki_love/}海を飛ぶ夢自殺はキリスト教などの宗教上は罪であるが、法律上は罪ではないとされています。人間の生命は、その者自身に属するものであり、本来、その者の処分の自由を認めるべきであるから、自殺行為を違法とするのは妥当でなく、自分で自分を殺

生と死について考えるための映画◆『海を飛ぶ夢』

  1. 2005/05/25(水) 22:44:30 |
  2. 日々の記録と、コラムみたいなもの
4月21日(木)TOHOシネマズ木曽川にて今年度アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『海を飛ぶ夢』を観に来た。アカデミー賞では、主役のラモン・サンペドロを演じた30代前半のハビエル・バルデムを50代に変身させた特殊メイクも評価されたが、25歳のラモンを演じるハ

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 22:33:25 |
  2. future world
「生きる権利」「死ぬ権利」「尊厳死」・・・これらには永遠に答えが無いのかもしれない。「生きることへの苦痛」「家族愛」「友情」「男女愛」など盛り込まれたヒューマニティ溢れる作品。尊厳死を願う・・・人はどんな時も生きなきゃいけない、自ら願い命を絶つな

(劇場)『海を飛ぶ夢』感想

  1. 2005/05/25(水) 22:24:06 |
  2. (映画)新作DVD発売日情報
 4/16~公開『海を飛ぶ夢』作品詳細はおすぎの映画天国(2005年4月)でおすぎに聞こう!iloffreの満足度=★★★★☆(86~87点)ロサのキャスティングがいいねその人の持ってるもん生かした役具体的に何か言わんでもどういうキャラクターか伝わるそういう奴おるおる的な...

命について 『海を飛ぶ夢』

  1. 2005/05/25(水) 22:19:08 |
  2. パフィオ - People of About Forty Years Old -
いろいろなことを考えさせられる映画である。 首から下を動かすことができない男性が

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 22:09:52 |
  2. ゴネの独り言・・・・・・・
出演:ハビエル・バルデム、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、マベル・リベラ他監督:アレハンドロ・アメナーバル   2004年 スペイン・フランス原題:MAR ADENTRO  原作:ラモン・サンペドロ“LETTERS FROM HELL”ネタバレ含む。

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 22:05:26 |
  2. シネクリシェ
 尊厳死を取り扱った作品ということは事前に耳にしていましたが、これほどの直球勝負とは予想外でした。  この重いテーマから少しも目をそらさず、

『海を飛ぶ夢』

  1. 2005/05/25(水) 21:59:25 |
  2. 京の昼寝~♪
 約束しよう。 自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。■監督・脚本 ハレハンドロ・アメナーバル(『アザーズ』)■原作 ラモン・サンペドロ(「海を飛ぶ夢」)■キャスト ハビエル・バムデル、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、マベル・リベナ、セルソ・ブ

私の心にぴったりとはまる映画

  1. 2005/05/25(水) 21:45:08 |
  2. nahoritaのBrooklyn★Brooklyn
愛する人が心の底から死を望んだとき、あなたならどうしますか?Mar Adentro (The Sea Inside)2004監督:アレハンドロ・アメナーバル数ヶ月前、映画の短いシノプシスを目にした時、これは絶対に観なければいけない映画だと思った。これは

Mar adentro★★★★★

  1. 2005/05/25(水) 21:36:29 |
  2. なおのオススメ文芸。
邦題:海を飛ぶ夢(The Sea Inside)『25歳の夏にラモン・サンペドロは、事故により首を骨折、寝たきりの生活を送る身体になってしまう。それから26年後、ラモンは自ら人生にピリオドを打つことを決意するが、弁護士フリアと村の女ローザと出会う。人間の尊厳とは何か。生...

「海を飛ぶ夢」

  1. 2005/05/25(水) 21:09:21 |
  2. the borderland
25歳の時、海へ飛び込んだ際に頭を強打し、首から下が不随となったラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)の手記をもとにした作品です。自ら命を絶つ「尊厳死」を望むラモン。人権支援団体で働くジェネ。尊厳死の合法化的を手伝う弁護士のフリア。TV番組に出たラモンを

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 21:07:21 |
  2. 逃源郷
 この映画は去年観た「モンスター」同様、法と社会規範について深く考えさせられる映画。自分なりに尊厳死と法について、文献の力を借りてそれなりに勉強してみようという気になった。 とりあえず、作品としてその内容のでき不出来は別として、映画として尊厳死という問題

「生きること」は義務、それとも権利?

  1. 2005/05/25(水) 20:59:17 |
  2. 人生はお伽話もしくは映画のよう
「海を飛ぶ夢」 「生きている意味」とは何か。いきなり聞かれたって、即答できるもんじゃないですよね。それは、愛する人を幸せにすることかもしれないし、新しい知識を得

海を飛ぶ夢 [生きるとは運命に抗うこと・・・好きな台詞はありました?]

  1. 2005/05/25(水) 20:24:35 |
  2. 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
「君との1mの距離。普通の人にはわずかの距離だが、僕にとっては無限だ。だから」ま、ちょっとうろ覚えですけど、これが彼の全てなんだ。多分一人の人間が自殺を決意してから実行するまでの映画・・・非常に重々しく、生きることの意味を問いかける難しいね。インテリジェン

■☆■「海を飛ぶ夢」~尊厳死とは?自ら下す死!?

  1. 2005/05/25(水) 20:24:07 |
  2. ■□■UEKO・f★のシネマシティ・&ホットティ
素敵なタイトルですが、内容は尊厳死とは?結構リアルな問題提起な映画と思いきや!観た人の感想はオール満点!感動作なんでしょうね(*^_^*)★「アザーズ」のアレハンドロ・アメナバール監督が映画化。■スペイン、ラ・コルーニャの海で育ったラモン・サンペドロは19歳で...

「海を飛ぶ夢 」/ヨハネの首 

  1. 2005/05/25(水) 20:09:06 |
  2. マダム・クニコの映画解体新書
  テーマは、原題『the sea inside(内なる海)』からも分かるように、“イメージ”のあり方である。 「今日は海が見えなくて残念ね」「いや、目をつぶれば見えるから十分・・・」 主人公のラモンは、かつては水夫として世界中を旅して回っていたが、25歳

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 20:08:47 |
  2. It's a Wonderful Life
かなりデリケートな「尊厳死」というのがテーマになっているので、この映画は人によって見方がかなり違うんじゃないかと思います。僕は、主人公よりもこの主人公を支え続けて来た家族たちに胸うたれるものを感じてしまいました。静かでいい映画です。全く予...

【海を飛ぶ夢】

  1. 2005/05/25(水) 19:54:06 |
  2. ココアのお部屋
ハビエル・バルデム、べレン・ルエダロラ・ドゥエニャス、マベル・リベラ、セルソ・ブガーリョクララ・セグラ、タマル・ノバス、フランシス・ガリード出演のヒューマン。公開日:4月16日☆ストーリー☆ラモン・サンペドロにとって生きることは自由を謳歌す

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 19:26:01 |
  2. ――☆★勘九郎★☆――
若い頃海に飛込んで下半身が麻痺した男が、20数年後、自らの意思で尊厳死を選ぶ、という話。重いテーマなのに時々笑いもあり、映画として悪くなかった。ただ、尊厳死はキリスト教のテーマなので、この映画はむしろ、自分や自分の身内が倒れた時、周囲がどこまで支えきれるか

「海を飛ぶ夢」

  1. 2005/05/25(水) 19:05:02 |
  2. 試写会帰りに。
TV東京、イイノホール。アカデミー外国語映画賞受賞「海を飛ぶ夢」「アザース」「オープン・ユア・アイズ」のアレハンドロ・アメナバル監督作品。スペイン映画。四肢麻痺の障害を負った男性が魂の解放を求め繰り広げる闘いを描いた真実のドラマ。25才の若さで首から下が不自

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 18:56:31 |
  2. 単館ロードーショーを追え!
「海を飛ぶ夢」英語タイトルは&quot;The Sea Inside&quot;。タイトルだけではファンタジーのようでもあるが、実際は濃厚ヒューマンドラマ。尊厳死につて、実際にあった話を基に作られた本格ドラマで、重いテーマが全般を通して投げかけられている。明日はわが身と云わんばか

「海を飛ぶ夢」

  1. 2005/05/25(水) 18:15:57 |
  2. 誰もが十字架を背負っている
4月16日、「コンスタンティン」と同じ日に公開される映画。実はこちらの方をぜひ観たいと思っている。「海を飛ぶ夢」テレサさんの尊厳死問題がおきている今、 タイムリーなことに、同じく議論されている死を選ぶことを描いた映画。これは実話であ...

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 17:56:45 |
  2. Akira's VOICE
死をじっくりと見つめた真摯な映画。

海を飛ぶ夢

  1. 2005/05/25(水) 17:40:35 |
  2. No Cinema,No Life
大好きなアレハンドロアメナーバル監督の作品です。「オープンユアアイズ」で衝撃を受けたあのサスペンスを作った監督、今度は一転し切なくて心苦しいヒューマンドラマを作ってくれました。その才能には驚きです。自殺したいと切望する本人の苦しみも伝わってくる、自分で死




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。