大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

デカローグ

  1. 2005.02.19(土) _01:05:20
  2. 洋画【た行】
  3.  トラックバック:2
  4.  コメント:4
20050221020313.jpg1988年 ポーランド映画 クシシュトフ・キェシロフスキ監督作品。
ワルシャワ郊外の住宅地を舞台として、旧約聖書の十戒(デカローグ)をモチーフに様々な人間模様を綴ったキエシロフスキーの連作集。
普遍的なテーマを扱い、見ていると考えさせられる本作。
好きです、この監督作品。 キリスト教的考え方もお仕着せにならない語り口は流石。。。 何時の時代見ても問題提起し、人間としての運命と生き方を問う。 

第1話:ある運命に関する物語(あなたは私の他になにものをも神としてはならない)
第2話:ある選択に関する物語(あなたはあなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない)
第3話:あるクリスマス・イブに関する物語(安息日を覚えてこれを聖とせよ)
第4話:ある父と娘に関する物語(あなたの父と母を敬え)
第5話:ある殺人に関する物語(あなたはなにものをも殺してはならない)
第6話:ある愛に関する物語(あなたは姦淫してはならない)
第7話:ある告白に関する物語(あなたは盗みをしてはならない)
第8話:ある過去に関する物語(あなたは隣人について、偽証してはならない)
第9話:ある孤独に関する物語(あなたは他人の妻を取ってはならない)
第10話:ある希望に関する物語(あなたは隣人の家をむさぼってはならない)

「ふたりのベロニカ」と「トリコロール3部作」「ヘヴン」をもう一度見ようかな! 浸っていたい世界です。 行きつけのレンタル屋さん、良くぞ全巻置いて下さった! 感謝!

edit

<<ホリエモン | BLOG TOP | ツイステッド>>

comment

こちらにも、ようこそです。

  1. 2005/05/16(月) 20:28:36 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
良くぞ見つけて下さった!!
好きです、この監督の世界。。。
各作品良いです。
私は第10話:ある希望に関する物語(あなたは隣人の家をむさぼってはならない) が好きです。
東京まで行けば揃っていると思います。。。
その内に買い揃えたい作品なんですよ!! 
その価値はあると思いますが、でも、まだまだ。。。若輩もので。。(笑)

こちらにも…

  1. 2005/05/16(月) 01:39:17 
  2. URL 
  3. かの 
  4. [ 編集 ] 
こちらにもお邪魔します。
ブライスさんの書かれるレビューが簡潔で的を得ていて面白くてあちこち見させてもらっていたらクシシュトフ・キェシロフスキ監督作品が!
私この監督の作品って「殺人に関する短いフィルム」しか観たことないんですよ。
でもその作品があまりにも衝撃的でものすごく印象深くて、以来この監督さんに興味をもってるのですが、なかなか置いてないんですよね(^^;
だからブライスさんの行き付けのレンタル屋さんに置いてあるって拝見して更にびっくりしました。
いやはや羨ましい!(笑)
タイトル拝見してたらますます観たくなってしまいました。(^^;
この監督さんの描かれる世界観は人を色々な意味で魅了してくれますね。

早速お越し頂きありがとう♪

  1. 2005/02/21(月) 22:13:58 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
素敵でしょう♪ 結構置いてあるのが吟味してあるようなのよ。 駅隔てた所に系列のお店がありそちらはステレオタイプのお店で、こちらは独自性を出しているのでしょうね。
「デカローグ」を映画館で。。。それはこちらが羨ましいです。 この作品淡々と語っているが奥が深いのよね!! 手元にって考えちゃうほどに。。。

お邪魔します~~

  1. 2005/02/21(月) 21:11:38 
  2. URL 
  3. みみこ 
  4. [ 編集 ] 
こんばんは。今日はこちらに。
初カキコです。
デカローグ、ビデオ屋さんに置いてあるなんて素敵。うちの近くはどこにもないのよね。
私・・第5話と第6話の劇場用長編を見たのですが、とても良かったです。音楽も
いいですよね。いつか全部見たいと思っているのですが、無理かな・・笑。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

デカローグ 第10話 ある希望に関する物語

  1. 2005/06/29(水) 23:11:23 |
  2. PARANOIA-blog
父の死を機に交流のなかった兄弟が再会する。妻子と共に平凡に暮らす兄とロックバンド

デカローグ 第10話 『ある希望に関する物語』

  1. 2005/06/28(火) 00:29:08 |
  2. 単館ロードーショーを追え!
&quot;ある希望に関する物語&quot;ついに最終となった。この10話でデカローグは終了。ここまで何だか堅苦しい映画だったなとつくづく思う。しかしどういうわけかこのラストは意外にもコメディー路線なのである。気が付くと、肩肘張らずにくすくすと笑い飛ばしている自分がい




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。