大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

ジーリ

  1. 2005.04.21(木) _18:09:08
  2. 洋画【さ行】
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
gigli.jpgラリー・ジーリはロスに縄張りをもつ犯罪組織の一員。兄貴分のルイスからNY時代の知り合いを助けるため、ある人間を誘拐するよう命じられる。相手は知的障害を持つ少年ブライアンだった。ラリーはうまく言いくるめブライアンを自分のアパートに連れて行くがそこへ謎の女リッキーが現れる。ラリーだけでは不安に思ったルイスがリッキーを差し向けたのだ。こうしてラリー、リッキー、ブライアンの奇妙な共同生活が始まる。
 
噂のラジー賞に輝いた本作。 知的障害者を演じたジャスティン・バーサの演技観たさ。 やっぱ、上手いです。 将来必ず出てきます彼!! 米国版ガエル・ガルシア・ベルナルって感じです。  内容はベン・アフレックの出だしの駄目っぷりが駄目駄目。。。なんだこの駄目さ加減は。。。地なの??的な演技。。。中心の犯罪の目的がはっきり心に届かない。 ジェニファー・ロペスもそんなにやり手の女性犯罪者にはどう観ても見えない。 ただし御託が多い。 二人の絡みは緩みっぱなしだし。。。  クリストファー・ウォーケンが出てきてインパクトあるよね。  冗談なんだか、本気演技なんだか疑わしいが。。。      アルパ・チーノに至ってはそんなに怒鳴らなって喚かなくても、何時ものオーバー演技だ! 悪のドンなら、もうちっと威厳を持たせないと。。。
勝手に言ってますが、でこの作品の清涼剤は何と言ってもベンとジェニロペが心動かされたバーサー君でしょう!  それを観れただけでも、この作品観て良かったと思う。
edit

<<誰にでも秘密はある | BLOG TOP | 父、帰る>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。