大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

父、帰る

  1. 2005.04.19(火) _23:54:02
  2. 洋画【た行】
  3.  トラックバック:19
  4.  コメント:14
chichi.jpgいやぁ、映画館でトレイラー見た感じと観終わってからの映画の印象とかなり違う本作。 
この作品をどんなジャンルで括れば良いのだろうか?
親子の物語であるような、サスペンスであるような、ロードムービーのような、少年の成長物語のような、色んな要素を持った作品で結局ヒューマンドラマで良いのかな? 
何が凄いかと言うと想像もしなかった意外な結末と少年の頑固までのあの眼差しだろうか!
そして何より、映画を観終わって、観ていて沸いてくる疑問が何一つ解決されなく分からないと言う苛ただらしさ。 
公式ページ見ても何も明かされない。
それで巷では衝撃な作品になったようだ。 
其れゆえのヴェネティア映画祭での金獅子賞受賞と言うわけだ。
どの国の映画かと思ったがロシア映画だった。
確かに見応えのある映画でした。 
父親の寡黙で、無骨な、男としての生き方のある種強引な伝授と、其れを戸惑いながら受け入れられる兄と受け入れられない弟。
それぞれの気持ちが交錯する。 キリスト教の神話がバックグランドにあるらしい。 だからこそ何故にの部分を多く語らないのだろう。
edit

<<ジーリ | BLOG TOP | ウィンブルドン>>

comment

ぜい肉なし

  1. 2006/12/12(火) 22:44:10 
  2. URL 
  3. 現象 
  4. [ 編集 ] 
超お久しぶりです。
本作はキリストの神話がバックグラウンドにあったのですか。
なるほど…
テレビで見たせいか暗い画面がつぶれて理解し難いなぁと思いつつ、
それもこれも神話が絡んでいるからだと自己弁護することにしますw
しかし良い映画だったと思います。
極限にまでそぎ落としたような脚本・演出が見事でした。

  1. 2005/10/25(火) 18:10:42 
  2. URL 
  3. experience#21 
  4. [ 編集 ] 
なんか世の中の評判程面白いと思いませんでした。わけわからんまま終わってしまった感じが強いです。あの箱はなんやねん!!って思います。

nb8cさん、そうですよね。

  1. 2005/04/24(日) 08:05:18 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
何も分からないまま終わってしまって、誰しも消化不良起こしますよね、この映画。
>監督の術中にはまっているようで・
世界の人が嵌って各賞を頂いたのでしょう!!  深く考えないのが一番かも。。。

TBどうも!

  1. 2005/04/24(日) 07:38:37 
  2. URL 
  3. nb8c 
  4. [ 編集 ] 
見たときは、これで映画終わっちゃうの?みたいな、消化不良を起こしましたよ。
いろいろな人のコメントを見ましたが、深く考えるのはやめました。なんか監督の術中にはまっているようで・・・

今新作のレンタル作品です。

  1. 2005/04/22(金) 22:42:58 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
劇場でご覧になったのですね。 盛んにトレイラーで紹介されてましたよね、この作品。
映像が綺麗だったんでは。。。海とか畑と
か。。。
>バネッサ・レッドグローブとかの名前をみつけ嬉しくなりました。
いやぁ、tomoskaさんも彼女お好きですか!
上手い女優さんですよね。

TBありがとうございまsu

  1. 2005/04/22(金) 22:31:07 
  2. URL 
  3. tomoska 
  4. [ 編集 ] 
1月に観たのにTBして頂いたことでまたまた余韻に浸ってます(笑)私はこの潔いまでの何も解決されなさが何だか気に入ってます。「5日後の「父、帰る」!」というのを1月21日のブログにUpしてますので私の妄想を是非みてやってください。
これからもよろしくお願いしますね。とり急ぎば~っと見たら男優女優さんの好みの傾向がかなり共通でバネッサ・レッドグローブとかの名前をみつけ嬉しくなりました。

一緒の駄目母ですか!

  1. 2005/04/22(金) 19:48:57 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
こんな事言ってはいけないでしょうが、同志のようで嬉しいです。
今後とも宜しくお願いしますね!!

TBありがとうございます

  1. 2005/04/22(金) 18:21:07 
  2. URL 
  3. henry 
  4. [ 編集 ] 
もう何回か見ないとわからないというのが感想でした。私も駄目母の一人です。よろしくお願いします。

raiさんはイラストもお書きなんですね。

  1. 2005/04/22(金) 16:18:08 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
こちらこそTBありがとうございました。
色んなブログに巡り合いに出掛けてます!!

トラバありがとうございます

  1. 2005/04/22(金) 14:29:31 
  2. URL 
  3. rai 
  4. [ 編集 ] 
少年の目力は確かにすごいですね
ジャケットの写真はオスメント君に似てる気も…

初めまして、突然申し訳ありません。

  1. 2005/04/21(木) 22:47:43 
  2. URL 
  3. 週刊!ブログランキング管理人 
  4. [ 編集 ] 
初めまして、突然申し訳ありません。

この度、「週刊!ブログランキング」を開設致しました。
貴サイト様を拝見させて頂きまして大変興味深いサイトだと感じました。
是非、当ランキングに登録して頂けませんでしょうか?
http://kutsulog.net/
初期の登録運営者様はライバルも少なく、ランキング上位サイトとして後々の訪問者数が期待できる事と思います。
当サイトも登録をお願いするだけのランキングサイトではなく、SEO対策・メルマガ・雑誌広告など広範にサイトプロモーションを行っております。
(ping受信に対応しておりますので設定して頂ければ投稿記事タイトルが反映されます)

宜しくお願い致します。

TBありがとうございました

  1. 2005/04/20(水) 07:40:39 
  2. URL 
  3. wakana 
  4. [ 編集 ] 
>少年の頑固までのあの眼差し
本当に目力の強い少年でした。

同感です。

  1. 2005/04/20(水) 01:32:59 
  2. URL 
  3.  
  4. [ 編集 ] 
>モヤモヤ感が残っちゃってしょうがないです
ホント原作本でもあれば読んで謎を解き明かしたくなりますよね。 また、それが出来ないから悔しいですね。

  1. 2005/04/20(水) 01:09:23 
  2. URL 
  3. ブニ 
  4. [ 編集 ] 
TBありがとうございます。
キリスト教の神話がバックグラウンドにあるって知らなかったですw

それ聞いたら すべてを 明かさない
神秘さとか わかりますね。

けど やっぱり私はモヤモヤ感が
残っちゃってしょうがないです(笑)


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

寡黙な映画「父、帰る」

  1. 2005/11/09(水) 22:56:06 |
  2. That's the Way Life Goes
[:映画:] 「父、帰る」2003年 ヴェネチア国際映画祭で絶賛されたロシア映画。母と2人の息子の家庭に、ある日、男がやってくる。 長らく不在だった父親らしい。 次男に父親の記憶はなく、横暴な態度に反感が募る。 息子との距離を縮めようとしたのか、父親は2人を連れて

映画: 父、帰る

  1. 2005/10/25(火) 01:30:56 |
  2. Pocket Warmer
邦題:父、帰る 原題:VOZVRASHCHENIYE 英題:THE RETURN

ミステリアスなオトン[ 父、帰る ]

  1. 2005/10/24(月) 20:04:58 |
  2. アロハ坊主の日がな一日
2日前の夜、いきなり高熱に見舞われダウン。医者に行くと風邪と診断され、昨日、今日と自宅でくつろぐことに。今日は熱も下がり、食欲多少出てきた。こういう弱っている時は、一人モノの寂しさを痛切に感じてしまう。今回は自宅で観た映画[ 父、帰る ]を書き留めること

「父帰る」孤独のまなざし

  1. 2005/10/15(土) 18:19:38 |
  2. soramove
「父帰る」★★★2003年、ロシアイワン・ドブロヌラヴォフ、ウラジーミル・ガーリン主演(wowowで見る)公開時に見逃していた作品。突然、家に帰ってきた父、2人の兄弟は父の提案で一緒に旅をする。思い返すとこの映画は前編グレーの画面。鮮や...

父、帰る

  1. 2005/07/14(木) 22:03:09 |
  2. 悩み事解決コラム
{amazon}  2003年ヴェネチア国際映画祭グランプリ金獅子賞を受賞した「{{10765,父、帰る}}」映画の初めに高台から水に飛び込む子供たちの度胸試しのシーンで始まる。高いところ

父、帰る

  1. 2005/06/28(火) 02:30:27 |
  2. cinema note+
なんか後味の悪い映画だった。登場人物の誰にも共感できない。父親に12年ぶりに会ったとはいえ、この兄弟いい加減すぎる。父親との約束の時間を平気で3時間くらいすっぽかすのってどうかと思う。親父の怒るのも当たり前。解釈の難しい通ごのみの映画かもしれないが、人間

父、帰る

  1. 2005/05/20(金) 19:11:31 |
  2. いつか深夜特急に乗って
「父、帰る」(盛岡フォーラム1)★★★★★ 2003年ロシア

「父、帰る」

  1. 2005/04/25(月) 19:56:46 |
  2. るるる的雑記帳
「父、帰る」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。

父、帰る。

  1. 2005/04/24(日) 07:29:07 |
  2. ナイト・オン・ザ・プラネット
少年達が海辺の高い櫓から度胸試しの飛び込みを始める。最後に残る兄弟。兄が先に飛び込むが、飛び込めずに取り残される弟。次の日、弱虫扱いで仲間はずれにされ兄とけんかになり、母親に言いつけようと急いで帰ると、そこには12年ぶりに突然帰った父がいた。写真でしか見

★映画★『父、帰る』(2003年ロシア)+アンドレイ・ズビャギン...

  1. 2005/04/23(土) 22:15:49 |
  2. -bluescreenlife-
今年の初映画館♪2003年のベネチア映画祭で金獅子賞を受賞したロシア映画です。◎ストーリー◎母と暮らしていた兄弟の元に、突然、12年間家を離れていた父が帰ってくる。写真でしか父を知らなかった兄弟は戸惑うが、父は家長然と振る舞い、母もそれを平然と受け入れ...

「父、帰る」を観た

  1. 2005/04/22(金) 22:20:50 |
  2. Chicken's Everyday
最近わかり易い映画ばかり観ていたので久々にガツーーーンときた。父、帰る:は観終わった後、その映画の持つメッセージを気持ちよく受け取るような映画じゃない。突然帰ってきた父親と葛藤しながらも心を通わせていくハートウオーミングな(やな言葉だなぁ)映画とは対極

『父、帰る』

  1. 2005/04/22(金) 20:24:19 |
  2. kiku's
アンドレイ・ズビャギンツェフ。これが39歳初監督作品だという。恐るべし。脚本・演出共に、無駄を削りに削って肉を削ぎ落とし、骨の白さだけを現出させたかのような。台詞も極端に少なく、人の影もほとんどなく、理由付けもせず事実だけをただ描写し説明もせず。それ

父、帰る

  1. 2005/04/22(金) 16:45:44 |
  2. 見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!
製作国/公開年:ロシア/2003 キャスト:ウラジミール・ガーリン、イワン・ドブ

父、帰る

  1. 2005/04/22(金) 14:24:49 |
  2. ラクガキ映画評
             &nbsp;  あらすじ 母子家庭の兄弟の前に突如父親が帰ってくる。。兄アンドレイは父が帰ってきたことに素直に喜ぶが、弟イワンは初めて見る父親に警戒心を抱く。翌日父と兄弟3人で旅行に出かけることになり… 前述の「オールドボーイ」がカンヌ

父、帰る

  1. 2005/04/22(金) 11:26:55 |
  2. Cat Tail * cinema
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ出演:ウラジーミル・ガーリン、イワン・ドブロヌラヴォフ、 コンスタンチン・ラヴロネンコ、ナタリヤ・ヴドヴィナ 他公式HP2003年*ロシアレビュー母親とささやかに暮らしていた二人の兄弟のもとに、ある夏の日、家を出ていた父親

映画『父、帰る』

  1. 2005/04/22(金) 09:31:39 |
  2. EVERSMILE(エバースマイル)
父、帰る原題:VOZVRASHCHENIE(Возвращение)監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ音楽:アンドレイ・デルガチョフ 出演:ウラジーミル・ガーリン、イワン・ドブロヌラヴォフ、コンスタンチン・ラヴロネンコ、ナタリヤ・ヴドヴィナ製作:ロシア、2003年『父、帰

『父、帰る』

  1. 2005/04/21(木) 14:56:22 |
  2. ぺぺのつぶやき
2003年 ロシア 111分第60回ヴェネチア国際映画祭 グランプリ金獅子賞、新人監督賞受賞監督 アンドレイ・ズビャギンツェフ出演 ウラジーミル・ガーリン、イワン・ドブロヌラヴォフ、コンスタンチン・ラヴロネンコ、ナタリヤ・ヴドヴィナストー...

父、帰る 

  1. 2005/04/20(水) 12:07:50 |
  2. 秋日和のカロリー軒
製作に“レン・テレビ”とありますが、これは、世界最高の映画製作組織、世界最強の映画製作軍団といわれている“レン・フィルム”直系であるということでしょう。映画において“レン”という言葉を目にしたら、恐れを抱かねばなりません。ボクはまだほとんど全貌を知らない.

『父、帰る』『GERRY』 ロシアもアメリカも素晴らしい

  1. 2005/04/20(水) 10:38:15 |
  2. cinemabourg*
今週は昨日まで浴びるほど映画を観たにもかかわらず、本日も朝一で『ヴィレッジ』を鑑賞。「mixi(まぁ、別に隠すこともありませんから)」で某映画監督により強く推薦され、これまでシャマランに好意的でなかった私も、それなら観てみようじゃないか、という感じで観た次第




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。