大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

コーラス

  1. 2005.04.14(木) _11:52:16
  2. 洋画【か行】
  3.  トラックバック:23
  4.  コメント:7
kourasu.jpg世界的指揮者のピエールは、母親の葬儀のために帰郷する。そんな彼に、古い友人のペピノが一冊の日記を手渡した…。時は、1949年のフランス。問題児が集まる寄宿舎へ、新しい音楽教師マチューが赴任した。子供たちの酷いイタズラに迎えられたマチューだが、何よりも、体罰で規律を保とうとする校長に疑問を持つ。子供たちの心を開くため、合唱団を結成したマチューは、学校一の問題児、ピエールの美声に驚嘆する。やがて子供たちは、歌を通じて純粋な心を取り戻していくのだが…。

ジャック・ぺランが製作し、冒頭彼が出てくる。 ピエールのその後になる訳だ。
ぺランはホント素敵な中年で、美しいです。 私もあの素敵さにあやかりたい。
少年の声も確かに素晴らしいし、横顔もとても綺麗です。 ヨーロッパの少年は十代全般は綺麗な少年が多いです。 「バティニョールおじさん」のジェラール・ジュニョはイイ教師してます。 コーラスも最初の歌った時と最後のコーラスは比べ物にならない位違います。それも聴き所。
2004年フランス動員記録1位樹立(870万人動員)と言う事で各賞のノミネートにも輝いている本作ではあるが。。。
またまた期待が大き過ぎたのか、確かに良質ではあるが、皆が絶賛するほどの感動は得られなかった。
いやぁー、最近かなりハードな見せ方の映画じゃないと感動しない自分が居る。
まずこのピエールの悪がきと言われながらその悪がき振りが描かれていないのが
まず駄目!! 先生がこの少年だけ<えこ贔屓>するのにもいい感じはしない。
その先生が、ピエールとその周りの少年達の事を考えず、ピエールの母に一目惚れするのにも納得が行かない。 
問題児が集まる寄宿舎ものであれば「デビルズ・バックボーン」の映画の方が自分好みである。 少年の音楽ものなら「レッド・バイオリン」の方が好き。
ぺランの映画は教科書的な作品が並ぶなぁ。 
edit

<<ウィンブルドン | BLOG TOP | 僕はラジオ>>

comment

しんさん。

  1. 2005/06/29(水) 19:12:07 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
ご覧になったんですね。
>批判的な感想を探しておりました
この作品を好きじゃない宣言って結構勇気が居るんですよ(笑)
>いや、私は大好きなんですけどね、この映画
きっと芯は純なのね、しんさんは。。。

教科書

  1. 2005/06/28(火) 02:32:25 
  2. URL 
  3. しん 
  4. [ 編集 ] 
こういう批判的な感想を探しておりました。
いや、私は大好きなんですけどね、この映画

  1. 2005/06/10(金) 00:54:41 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
麻さん、ようこそ♪
この作品結構一部エコ贔屓的な描き方してるのは、私も気になります。 なぜに皆が絶賛するか?? 少年の声の魔力によるものか...
最後はハッピーエンドでも、そうじゃなくってもありそうだなと現実的な終わり方をしていれば納得がいきます。
ファンタジー(現実的じゃないから私は好きじゃないです!!)でもないし、ハリウッド映画でもないし。。。
>ハッピーエンドばかりを思っている
人間皆現実じゃないところでは、ハッピーエンドを望んでいるでしょう!!  だって人の不幸って見ていて辛いですよ。 

TBありがとうございました。

  1. 2005/06/09(木) 17:27:03 
  2. URL 
  3. 麻 
  4. [ 編集 ] 
私がこの映画で個人的に納得できなかったのは、ひとつは、歌を通して学校、そして校長自身変わっていったというのに、最終的に校長があのような形となってしまったこと、もうひとつは、バリトン候補だったあの少年(名前を忘れてしまいました。すみません)へのフォローが何もないことでした。
歌を通して温かさを取り戻してゆく学校についていけなかった彼らを「去る」という形で解決してしまったことに私は悲しさを覚えました。
このような感想を持つのは私がハッピーエンドばかりを思っているからなのでしょうかね。

コーラスの素晴らしさ

  1. 2005/04/16(土) 23:22:39 
  2. URL 
  3. リンリリン 
  4. [ 編集 ] 
TBをありがとうございました。映画大好きな私は、この映画の日本でのヒットを確信しています。日本人の感動を呼ぶこと間違いないですものね!美しい歌声にきっと涙することでしょう。

「ウィーン少年合唱団」

  1. 2005/04/15(金) 19:50:47 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
思い出しました、確かに!! てことは、年代が似通っています?? 嬉しいです。。。>ペピノの可愛らしさに惚れ惚れデス
ホントですよね、最後も付いて行って良かったし。。。
>恋するマチューも可愛らしかったですよ
確かに慌てぶりは笑っちゃいましたが。。。

TBありがとうございました。

  1. 2005/04/15(金) 18:11:56 
  2. URL 
  3. ルーシー 
  4. [ 編集 ] 
いや~、その昔一世を風靡した「ウィーン少年合唱団」を思い出しました。
こちらはフランスですが、少年のソプラノは本当に美しいですね。
ペピノの可愛らしさに惚れ惚れデス。
おばさんとしてはいたいけな少年達になんとか愛を送ってあげて!!と祈りながら見てしまいました!!
恋するマチューも可愛らしかったですよ、結果は見えてましたけどね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

コーラス

  1. 2006/01/15(日) 10:41:49 |
  2. ホームシアター映画日記
●映画の満足度・・・★★★★★★★★☆☆8点モニエくん、なんて美しい歌声なんだ~~まさしく「天使の歌声」ですね、聴くだけで心が清められるような気がしました。

DVD「コーラス」

  1. 2005/12/31(土) 10:50:46 |
  2. ☆ 163の映画の感想 ☆
お話自体は、ベタなんだけど少年達の歌声が素晴らしくて良かったです!問題児少年達が集まる寄宿舎に新任の教師がやってくる。校長は生徒のことは考えずに上からの評価だけを気にしているような人。生徒達に歌を歌わせることによって団結していく様子が素晴らしい~!...

コーラス [技巧なし、シンプルすぎて・・・ぼろ泣き]

  1. 2005/06/28(火) 02:32:39 |
  2. 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
きっと、ダメな映画なんだ。以下のようなことを言われる映画ではないだろうか?「感覚が古くさい」、「しょうもない」、「通俗的」、「空虚」、「後ろ向きのノスタルジー」、「王道」、「予定調和」、「よくある話」、「何の変哲もない映像」、「使い古された題材」、「シンプ

コーラス

  1. 2005/05/04(水) 22:11:40 |
  2. 金言豆のブログ
★本日の金言豆★製作のジャック・ぺラン、自ら出演もして息子も出してます。 2004年にフランスで公開されるや、瞬く間に「アメリ」の記録を抜きフランス映画史上空前のヒットを記録し、公開15週で750万人、最終的にはフランス人の7人に1人が観たという、なんだかこの手の映

コーラス

  1. 2005/05/03(火) 00:20:41 |
  2. 003 cinema
TBさせていただきます!ペランさんステキですよね。私もステキな年のとり方したいです。

■コーラス LES CHORISTES 

  1. 2005/05/02(月) 02:21:22 |
  2. ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
■LES CHORISTES / CHORISTSコーラス●はじまりは、意外な場所から。そして、主人公の回想シーンに入り込む。オフィシャル・サイトがあるが、あまり熱心に読まないままに映画をご覧になる方が良いかもしれない。その方が、この映画の楽しさや喜びは倍になるような気がする。

映画『コーラス』貴方は何点?

  1. 2005/04/27(水) 22:43:10 |
  2. 本と映画と音楽と・・・お酒が好き
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                  0点□□□□□□□□□□10点※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→予告を映画館で観てからずーっと

ジャン=バティスト・モニエ(サン・マルク合唱団ソリスト)

  1. 2005/04/26(火) 12:50:01 |
  2. 京の昼寝~♪
◇◆◇ 『コーラス』で映画デビューするボーイソプラノの美少年 ◇◆◇ たまたまTV東京の「たけしの誰でもピカソ」を見ていたら、4月9日から公開される『コーラス』に主演するジャン=バティスト・モニエ君が出ていて、2曲歌っていました。 すでに映画館では、『コ

『コーラス』

  1. 2005/04/26(火) 00:14:09 |
  2. 京の昼寝~♪
 涙がながれそうなとき、歌があった■監督 クリストフ・バラティエ■キャスト ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエ、マリー・ビュネル、カド・メラッド、マクサンス・ペラン、ジャック・ペラン 世界的指揮者のピエール(ジャック

コーラス

  1. 2005/04/22(金) 00:15:40 |
  2. KINOKANAL
監督:クリストフ・バラティエ出演:ジェラール・ジュニョ,フランソワ・ベルレアン,ジャン=バティスト・モニエ,マリー・ビュネル,カド・メラッド,マクサンス・ペラン,ジャック・ペラン 世界的指揮者のピエールは、母親の葬儀のために帰郷する。そんな彼に、古い友人

コーラス

  1. 2005/04/20(水) 23:16:23 |
  2. 利用価値のない日々の雑学
正直なところ、この作品を観終わったとき、どうして自分は映画を観るのだろうか。一体何のために、忙しい中に時間とお金を使って、それも、新作なら週に2~3本、旧作もDVDを含めれば、略毎日の様に時間を割いているのだろうかという基本的なことに疑問を持った。勿論、このブ

コーラス

  1. 2005/04/20(水) 20:50:27 |
  2. samcoi cinema
 コーラス隊の一番年少さんのぼうやがぺランな顔だなーと思ったら、ジャック・ペラン氏の息子さんでした。孫じゃなく。この子に泣かされました。この親子に。監督もぺラン氏の甥っ子さんだとか。う~。ぺラン一族に泣かされました。天使の顔に悪魔の心を持つ美少年ジャン=

コーラス(映画館)

  1. 2005/04/20(水) 16:01:23 |
  2. ひるめし。
涙がこぼれそうなとき、歌があった。今まで観たフランス映画は「アメリ」と「ぼくセザール10歳半1m39cm」くらいでして、フランス映画つてコジャレてちょと合わないなって密かに思ってたんです。コーラスもはじめは見る予定ではなくて、ちょうど土曜出勤だし招待券あるし映画

グッジョブ!『コーラス』

  1. 2005/04/16(土) 05:34:48 |
  2. Swing des Spoutniks
『コーラス』&nbsp;公式サイト サウンドトラック&nbsp;&nbsp;製作:ジャック・ペラン監督・脚本・音楽:クリストフ・バラティエ出演:ジェラール・ジュニョ フランソワ・ベルレアン ジャン=バティスト・モニエ ジャック・ペラン&nbsp;【あらすじ】(公式

「 コーラス 」

  1. 2005/04/15(金) 23:41:41 |
  2. MoonDreamWorks
監督 : クリストフ・バラティエ主演 : ジェラール・ジュニョ / フランソワ・ベルレアン  / / ジャン=バティスト・モニエ(サン・マルク合唱団ソリスト)公式HP:http://www.herald.co.jp/official/chorus/index.shtml 2004年3月にフランス国内で公開されると...

18-コーラス

  1. 2005/04/15(金) 22:47:44 |
  2. 徒然日誌
これの次に見に行く映画の時間の都合の関係で「コーラス」を見た。うっかり初日だったんだけど、思ったより混んではいなかった。さてさて。この映画、予告は見ていたけど、それ以外の情報は一切持っていなかった。ただ主人公の少年の声があまりにきれいで。予告見ただけで、

CAC映画評:コーラス

  1. 2005/04/15(金) 22:01:07 |
  2. 言語生活
 『ニュー・シネマ・パラダイス』、人の人生を変えうるほどの大きな恋を描くロマンティシズムに溢れ、そして心の中に暖かいものを残していく映画。主人公のサルバトーレが映画監督になり、劇場で一人映画を観るシーン―アルフレードおじさんが愛の意味を伝える感動のシーン

コーラス 2004,6,3

  1. 2005/04/15(金) 21:30:01 |
  2. KOKODOKO? by KERO
原題:Les Choristes邦題:コーラス時間:97分公開:製作年度:2003製作国:フランス配給:ヘラルド監督:Christophe Barratier脚本:製作:出演: Gerard Jugnot, Francois Berleand, Jacques Perrin, Jean-Baptiste Maunier, Kad Merad主人公の子供が本当に歌ってるんだっ

コーラス

  1. 2005/04/15(金) 19:44:52 |
  2. シネマ日記
「フランスで7人に1人が見た」ふーーん。それってスゴイのか?それってクラスに6人くらい?甲子園で言えば1塁アルプス全員くらい?分からんけどスゴイんやろーな。予告見たら良さそうやったなー。と、見る前に余計な知識を入れるのが嫌いなワタクシはこの程度の認識で見

コーラスの試写会

  1. 2005/04/15(金) 19:03:51 |
  2. W.I.R.
コーラスの試写会チケットが当たったので見て来ました。 ほろりと感動できる作品で面...

コーラス

  1. 2005/04/15(金) 18:07:42 |
  2. (T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T)
1949年、フランスの片田舎。失業中の音楽教師クレマン・マチュー(ジェラール・ジュニョ)は、「池の底」という名の寄宿舎に赴任する。この学校には、親をなくした子供や、素行に問題があり親元を離れた子供たちが集団生活していた。マチューがこの学校で見たものは、寂しさ

I love cinema コーラス

  1. 2005/04/15(金) 17:21:32 |
  2. Happy☆Lucky
今朝のめざましテレビで見ました。フランスで7人に1人がみたという映画「コーラス」

「コーラス」

  1. 2005/04/15(金) 10:52:14 |
  2. Pousser un juron.
シネ・リーブル池袋で「コーラス」を観て参りました。期待通りの出来で、アタクシは久々に満足しております。フランス人らしいと言うか、アメリカ人が同じ物語を描いていたならばこうはならなかったであろう。「ミュ...




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。