大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

スウィング・ガールズ

  1. 2005.04.12(火) _23:39:34
  2. 日本映画
  3.  トラックバック:6
  4.  コメント:5
sing.jpg「ウォーター・ボーイズ」の矢口史靖監督作。 
まさしくガールズ版『ウォーターボーイズ』ともいうべき作品だ。 
巷では評価が宜しいようだが、私には二番煎じの感が強く、期待が大きかった分、ズッコケタ!!  新鮮さを感じない。 
野球部の応援に行った吹奏楽部にお弁当を運んび、そのお弁当は腐り、それを食べた吹奏楽部員があたると言うことを仕出かした補習クラスの女子の様子にはどうもコメディーなんだからと笑えないものが私にはある。
そんなに拘るなよと、別の自分がいるが、許容範囲の狭い私にはこの作品をあまりコメディー気分では観ていられなかった。 どうもわざとらしさが鼻につく今回の作品。  
竹中直人をいい加減日本映画界が同じようなパターンで使わないで欲しいとの強い拒否反応もある。 皆はそうは思わないんだろうか? 逆に安心感で観てしまうのだろうか??
自分はワンパターンの行動を自分では取ってしまうが、映画の内容に対して、俳優起用に対してはワンパターンほど詰まらないものは無いと思う。
何時も言っているが映画、俳優共に何時も観ない意外性に惹かれるのです。
この作品は、そうですね小さなコネタは面白いし、音楽もスイングジャズで好きで聞いていて心地よいんですよね。 主演の子達も良い味出しているし、脇の役者もイイ。。。でも作品的にトータル的に納得いかなかったのです。 自分でも何故なんだろうと。。。??
edit

<<僕はラジオ | BLOG TOP | アビエイター>>

comment

  1. 2006/01/31(火) 15:49:24 
  2. URL 
  3.  
  4. [ 編集 ] 
私は1950年生まれの55歳男性。この映画はとてもよかったと思います。わたしも
高校生のころ落ちこぼれていました。少し作られた感じはありますが、ひたむきにがんばる姿に感動しました。こんな高校生生活なら後悔はしなかった。スイングガールズ&aboy,矢口監督ありがとう。

殆ど方は絶賛ですものね。

  1. 2005/05/13(金) 20:22:44 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
人と違う感想ですがTBジャンジャンしちゃってます。 だからTBあまり返って来ないです。(笑) 珍しい一緒の感想で嬉しいです。 感性が一緒なんだなと、この映画についてはね。 十人十色で、見ていたときの気分により、生きて来た人生に因っても感想って、映画によって違ってきて当然ですものね。

ん~~~~。。。。。

  1. 2005/05/02(月) 02:31:46 
  2. URL 
  3. ツボヤキ 
  4. [ 編集 ] 
こんばんは、他のページでTBお世話になりました。どうぞよろしくお願い致します。
珍しいですね、この映画に関してのご感想。
当方、全くダメでした(苦笑)。
あまりにも周囲の方々の絶賛のご様子にアップすらしませんでした・・・。「裸足のピクニック」好きだったんですがね、あの頃の挑んだ感じ、欠片もない。これでいいという、こんな程度で皆喜ぶというのが解せない。この時代のオチャラケにはついていけないで、もう、いいや、と自覚した次第です。オマケにあの汚い場面はいただけない。笑えない・・・が、笑った人は多かったと。むむむ・・・わけがわからんデス。

そちらの感想読みましたよ。

  1. 2005/04/13(水) 00:15:36 
  2. URL 
  3. カヌさん、ようこそ! 
  4. [ 編集 ] 
全く感想が違うので、返ってそう言う考えもあるのかなぁと思いました。私も「ひみつの花園」でこの監督のファンになりました。
この作品は、そうですね小さなコネタは面白いし、音楽もスイングジャズで好きで聞いていて心地よいんですよね。 主演の子達も良い味出しているし、脇の役者もイイ。。。でも作品的にトータル的に納得いかなかったのです。 自分でも何故なんだろうと。。。??

こんばんは

  1. 2005/04/13(水) 00:08:27 
  2. URL 
  3. カヌ 
  4. [ 編集 ] 
話はめちゃくちゃありがちですよね。話が読める分、小ネタで笑えなければどうしようもないかもしれません。ただ私は「ウォーター・ボーイズ」未見だから面白かったですよ。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

分かるぜ、竹中!/『スウィング・ガールス』評 part2

  1. 2005/05/17(火) 08:08:30 |
  2. I N T R O+blog
TAKE THE &quot;JAZZ&quot; MOVIE/第七回 スウィングガールズ 2004 / 日本 / 矢口史靖 分かるぜ、竹中!~『スウィング・ガールス』評 part2 Text By 高野 雲 竹中直人は『スウィングガールズ』では、数学の教師を演じている。 学校では地味で冴えない風貌の彼だが、自宅に

「スウィングガールズ」

  1. 2005/04/22(金) 18:34:32 |
  2. こだわりの館blog版
タイトル: スウィングガールズ スタンダード・エディション10/24新宿スカラ座にてヒットしているとは聞いてはいたものの公開されてからもう1ヶ月。新宿地区の上映もまたキャパ50の新宿文化シネマに戻ってしまったかと思いきや、新宿に着いてみるとなんとあの近辺でいちばん

スウィングガールズ

  1. 2005/04/15(金) 10:37:47 |
  2. Akira's VOICE
人生に喜びを見出したガールズ&ボーイの青春スウィング物語!

スウィングガールズ / SWING GIRLS

  1. 2005/04/14(木) 22:11:37 |
  2. CINEMA IN/OUT
矢口史靖監督・脚本作品(2004年・日本)出演: 上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ、豊島由佳梨、平岡祐太、竹中直人、白石美帆、小日向文世、渡辺えり子、谷啓 他『フル・モンティ』の焼き直しの『ウォーターボーイズ』(同じく矢口監督作品、別記事参照)を同じ文脈で

「スウィングガールズ」

  1. 2005/04/13(水) 23:42:23 |
  2. ひらりん的映画ブログ
最近DVDのレンタルが開始された期待の作品。なかなか評判良さそうだし、こりゃ早速見なくては・・・2004年製作のジャズ系青春コメディ、105分もの。あらすじ東北のとある高校。夏休みの補習を受けてた女子生徒13人。ブラバン部は野球の応援に出かけたが弁当を忘

「スウィングガールズ」

  1. 2005/04/13(水) 00:04:43 |
  2. the borderland
多くの方が2004年のベスト邦画に上げていたこの作品、つかしん内のシネマつかしん(多目的ホール)にて1,000円にて見れるというので早速行ってきました。1週間のみの上映なのでラッキーでした!ここは半年前ぐらいの作品を上映するので、見逃した作品は要チェック




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。