大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

バトル・オブ・ライジング

  1. 2015.01.19(月) _23:29:43
  2. 洋画【は行】
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
この映画はミケルセンの作品では一番だろうと私は思っています。

実にミケルセンにぴったりな役所です。 ファンの方はお見逃しなく!!

バトル・オブ・ライジング [DVD]バトル・オブ・ライジング [DVD]
(2014/12/05)
マッツ・ミケルセン、メリュジーヌ・マヤンス 他

商品詳細を見る



2013年度のカンヌ映画祭に出品された本作は、高い芸術性と力強さ、そして名優たちの好演が大きな話題を呼んだ。
翌月のブリュッセル国際映画ではグランプリを始め4部門を制覇。
アートとエンターテイメントを兼ね備えた傑作として、その評価を不動のものとした。
原作は、19世紀のドイツの作家、クライストの小説「ミヒャエル・コールハースの運命」。
長く愛され続ける名著に正々堂々と挑んだフランス人監督、アルノー・デル・パリエールの手腕は高く評価され、
「巨大なシステムを前にした無力な個人というテーマは現代にも通じると証明してみせた」と称された。

主演は『偽りなき者』でカンヌ主演男優賞を獲得し、同作が2014年のアカデミー賞外国語映画賞にも
ノミネートされたマッツ・ミケルセン。
TVシリーズ「ハンニバル」では主人公ハンニバルを演じ、世界的な注目を集めている。
共演陣も、レオス・カラックス組の常連で、フランス映画界を代表する名優ドニ・ラヴァン、
『愛を読むひと』での主演も記憶にあたらしいデヴィッド・クロス、
『ベルリン 天使の歌』のブルーノ・ガンツほか、豪華な面々が顔を揃えている。

edit

<<キュ−バとメキシコに行って来ました。 | BLOG TOP | リンジー・スターリング/Lindsey Stirling &テイラー・デイビス/Taylor Davis>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。