大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

神々の晩餐 シアワセのレシピ

  1. 2013.08.24(土) _11:43:37
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
神々の晩餐 - シアワセのレシピ - (ノーカット完全版) DVD BOX1神々の晩餐 - シアワセのレシピ - (ノーカット完全版) DVD BOX1
(2012/12/19)
ソン・ユリ、チュ・サンウク 他

商品詳細を見る


仕事で忙しい毎日。 夏休みを少し頂いて、ツタヤから準新作100円のメールが来たので、
竹島問題もあるしで少し遠のいていた韓国ドラマを見る事にした。
好きな俳優のチュ・サウンク氏のドラマ「神々の晩餐」を借りて来た。
やっぱり嵌ってしまったよ、簡単に。。。
まずは料理に興味を注がれる。 日本料理と違い、文化が違う事を感じた。
良いものは良いです、認めなくては。。。韓国ももっと素直な国になって欲しいなぁ。
中国の属国から独立出来たのは、やはり全部とは言わないが日本の力に及ぶところが大きい。
その点、台湾は日本をちゃんと評価出来る国である。 逸れてしまったが。。。

幼少、中学時代、大学時代と子役のキャストが換わり、感覚的に逆じゃないのって?感じる。
中学と大学時代はほぼ同年代の俳優を使い、まぁ色んな若い俳優を育てたいとの思惑は分かるが
無理がある。 視聴者にそこまで要求しちゃぁ駄目だよ。

大人の代に入り、ソン・ユリちゃんは歳の割に若いし、
子役のキャストと変わらないじゃないの!との違和感から突入。 
まぁ、大好きな女優のキム・ボヨン氏が悪役ではあるが、芝居が上手くて見ていられた。
でも途中からチュ・サンウク氏をみたいから見ていた筈が、
ライバルのイ・サンウ氏の方に心がときめいてしまった!! 
陰がある方が魅力的にはなるよねって、物語的に分かってはいても。。。
イ・サンウ氏は「人生は美しい」で同性愛のカメラマン役を演じていた俳優さん。
この作品は途中で投げ出した。
また、逸れたが作品的にチュ・サンウク氏は、また中途半端な扱いになってしまっている。
ただ女性陣の締め方は、この終わり方で良かったと、珍しく納得した。
中々面白かったが、「2012 MBC演技大賞」では、
最優秀演技賞特別企画部門:ソン・ユリ「神々の晩餐」
優秀演技賞連続ドラマ部門:ソ・ヒョンジン「神々の晩餐」
優秀演技賞特別企画部門:イ・サンウ「神々の晩餐」「馬医」
黄金演技賞:チョン・インファ「神々の晩餐」が受賞してるって事は、作品的に良いと言う事ね。

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

<<イ・サンウ | BLOG TOP | JUNO ジュノ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。