大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

ヤコブへの手紙

  1. 2013.01.25(金) _12:17:04
  2. 洋画【や行】
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
ヤコブへの手紙 [DVD]ヤコブへの手紙 [DVD]
(2011/09/30)
カーリナ・ハザード

商品詳細を見る


これまたフィンランド映画。
こちらは1970年代のフィンランドの片田舎を舞台に、人を寄せ付けない元囚人と
悩める人々を癒やす盲目の牧師との繊細な交流を描き、
各国の映画祭で称賛された感動的な人間ドラマ。
刑務所を出所したヒロインが牧師のために手紙を音読する日々と、
二人の心に宿る絶望と希望とを淡々とつづっていく。
監督は、フィンランドとスウェーデンで活躍するクラウス・ハロ。

フィンランド(北欧)は真冬の雪景色と夏の緑爽やかな季節しか映画では
あまりお目にかからないが、本作は秋枯れ、雨のジトジトした感じが伺われる作品。
切ないけれど、ジーンとする映画。 これから先自分はどう生きて行くか?
人を寄せ付けない元女囚人はどう変わって行くのか?
そして悩める人々を癒やす盲目の牧師は若い頃は違うにしても果たして、癒しているのか?
癒されているのか?
人間、人と関わっている以上、どっちにも成りうるのですね。
少し出て来る郵便配達人の行動がいまいち、よく掴めない。
手紙は果たしてなぜ急に来なくなったのか? 彼が関わっていると思うが・・・と私は思う。
慕っている割にはお葬式に参加してないし・・・すっきりしたいが。。。
まぁ、兎に角良い映画でありました。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

edit

<<JUNO ジュノ | BLOG TOP | 四月の涙>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。