大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

バイオハザードIV アフターライフ

  1. 2010.09.05(日) _20:39:03
  2. 洋画【は行】
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
336357_006.jpg

先行特別上映行って来ました。
ミラ・ジョヴォヴィッチが最強ヒロインを演じて大ヒットしたサバイバル・アクション・シリーズで、初の3D仕様となる第4弾。ウイルス感染により荒廃した世界を舞台に、生き残った人間を救うために立ち上がったヒロインのし烈な死闘を描く。
シリーズ1作目でメガホンを取ったポール・W・S・アンダーソンが再び監督として返り咲き、テレビドラマ「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーと「HEROES/ヒーローズ」のアリ・ラーターが共演。3作目のラストシーンに登場した東京から物語が始まることにも注目。

まぁ、原作のゲームは日本製であるから、渋谷から始まっても違和感は無い。
画面に日本語が氾濫してるのが何気に嬉しかったり。。。単純。。。
ミラ・ジョヴォヴィッチ相変わらずカッコいい!! 女性の方が最近素敵に強く描かれる事が多い昨今。
事実女性の方が母性本能がある分、芯は強い気がする。
アリ・ラーターも凄い格闘をします、見所です。 かっちょ良いですで、ミラと同じ位に。。
良い男の筈のウェントワース・ミラー君が霞んで見えてしまう。
初めて映画で3Dを体験。 
地面からのカメラワークが自然と自分が一体となり、絶大な便乗感があります!!
まぁ、破壊とかの場面で使われるのはあまり良い気がしないなぁ。
人間は自然で生かされているのですから。。。

しかし、3も見たけど、最後の復習エピソードも最初にあって良かった気がする。
中々出てこないです、これだけ月日が経っていれば。。。
5もあるのよ。。。でも見る時には忘れているわよ!! 4の終わり方なんて。。。
でも、見て非現実な、これからあるかもしれない現実を体験するのには300円追加でもいい映画でしたよ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

edit

<<富沢祥也、不運の事故死 | BLOG TOP | アウグスト・ディール>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。