大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

ユリア・フィッシャー

  1. 2010.05.21(金) _00:15:55
  2. 音楽
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
Fischer.jpg

若き女性ヴァイオリニスト。
ユリア・フィッシャー(Julia Fischer, 1983年7月15日 - )はドイツのヴァイオリニスト。
今、結構若い女性ヴァイオリニストが多いが、私は彼女のヴァイオリン演奏が一番好きだなぁ。
まぁ、偉そうにそんなに聞き比べている訳ではないが、あくまで自分に合った感性という意味で….。
力強い演奏だけれど、繊細って言うのかな? 透き通っている演奏とでも言うのかな?でも強さも同時に感じる。
相反してるけど、そう言わざる得ないその演奏。
今はyoutubeで色々聴けるので、良い時代になりました。

以下 彼女のプロフィール

ユリア・フィッシャー : Julia Fischer

1983年ミュンヘン生まれのヴァイオリニスト、ユリア・フィッシャーがDECCAからメジャー・デビュー!
21歳でCDデビュー以来、オランダのペンタトーン・レーベルから8枚のアルバムをリリースし、いずれも高い評価を得ているユリア・フィッシャー。11歳のときにユーディ・メニューイン国際ヴァイオリン・コンクールで優勝して以来、参加した8つのコンクール全てで優勝、さらに驚くべきことに、そのうち3つのコンクールはピアノ部門で優勝しています。2008年1月には、ピアニストとしてもデビュー。グリーグのピアノ協奏曲とサン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番を一晩で演奏するという快挙を成し遂げています。楽器を問わず、類いまれな才能を発揮する、ユリア・フィッシャーが記念すべきDECCA移籍第一弾に選んだのは、バッハのヴァイオリン協奏曲。新世代のソリストにふさわしい、颯爽とした演奏ですとの事。

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽

edit

<<西本智実 指揮 スミ・ジョー イン・コンサート リトアニア国立交響楽団 | BLOG TOP | ARATA>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。