大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

大王世宗(テワンセジョン)

  1. 2009.12.13(日) _13:21:52
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
大王世宗(テワンセジョン) DVD-BOX I大王世宗(テワンセジョン) DVD-BOX I
(2009/07/03)
キム・サンギョンキム・ヨンチョル

商品詳細を見る

歴史ものでは、この作品が一番好きかも知れない。
派手さはないが、それぞれの出てくる人々の心情が実に切なく響いてくる。
「世の中の産みの苦しさ」でも言ようか。
その持ち場、持ち場の人物がきちんと描かれて居るからに他ならない。
皆が主人公である!! 佳い役者が揃っている。 実に皆が魅力的だ。
政治とは何か? それぞれの志とは何か? それぞれの立場とは? 

韓国の知識層は政治が金持ちだけの腐敗だらけで辟易し、そこでドラマ作りに精進し、
民を、国を良い方向に変えようとしている心意気が見え隠れしていると感じるのは私だけか?
確かに己の国の歴史を美化し過ぎて描いては居る気がしないでもないが。。。

今の日本の内容の無い頂けないテレビ番組に辟易している中高年層は
NHK以外のテレビ番組離れは当然の結果である。 
この国の若者は何処に向かっているのか? 何処に向かわせようとしているのか?
今の日本はその場だけの幸せとファッションと自分へのお金の使い方だけを追求する
見掛けだけの若者を量産しているだけにしか見えない。
老婆心ながらそう思うのである。 
メディアは政治で出来ないものを国に国民に訴えるものを作らないと、
その意義が問われるのではないか?そんな時代に来てると思うのです。

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

<<虹の谷の五月 | BLOG TOP | 蚊トンボ白鬚の冒険>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。