大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

砂のクロニクル

  1. 2009.06.03(水) _00:57:11
  2.  トラックバック:0
  3.  コメント:1
砂のクロニクル〈上〉 (新潮文庫)砂のクロニクル〈上〉 (新潮文庫)
(1994/12)
船戸 与一

商品詳細を見る


初めて読んだ船戸与一作品。 この作家も好きになりそうだ。
民族の悲願、独立国家の樹立を求めて暗躍する中東の少数民族クルド。かつて共和国が成立した聖地マハバードに集結して武装蜂起を企む彼らだったが、直面する問題は武器の決定的な欠乏だった。クルドがその命運を託したのは謎の日本人“ハジ”。武器の密輪を生業とする男だ。“ハジ”は2万梃のカラシニコフAKMをホメイニ体制下のイランに無事運び込むことができるのか。山本周五郎賞受賞作。

クルドと言えば中東の映画の中で描かれる事が多い。 それを現実味を帯びた小説で描けばこうなるでしょう的な作品。 そこで日本人も登場だから、余計に興味深い。 上・下巻。 良い小説は長くてもあっという間に読み終えてしまう。 この作品も色んな国にまたがり綴られるので、そのお国柄も伺えて面白さ倍増。 それぞれの立場に置かれた、男の生き様も見て取れる。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

edit

<<上海クライシス | BLOG TOP | シリウスの道>>

comment

私も

  1. 2009/10/27(火) 23:09:04 
  2. URL 
  3. クルドファン 
  4. [ 編集 ] 
大好きです


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。