大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

砂と霧の家

  1. 2005.03.08(火) _15:26:18
  2. 洋画【さ行】
  3.  トラックバック:13
  4.  コメント:2
suna.jpg原作はアンドレ・デビュース三世による悲劇の最高傑作「砂と霧の家」で
これまで100以上にも及ぶ映画化のオファーを断り続けた著者が、ついに、監督の熱意を認め、ドリームワークスの製作で映画化が実現した作品だとか!
観終わってこれは単なる悲劇だと。。。そこに色々な問題提起がある訳だけど、どうもしっくり来ない内容。 
確かに俳優の演技は素晴らしいものがあるが、主人公の女性はどうも自分勝手にしか映らない。 腹が立ってしょうがなかった!
相手のキングスレイにしたってそう! 
お互いに昔の自分を引きずっている訳で、それが悲劇に向かう。 
どちらかが引きずってなければ、避けられたものを。。。
それで犠牲になるのが若者、子供。 何時の時代にも大人のエゴの犠牲は子供。
観ていてそこが辛い。 私には何が言いたかったのか分からない。
ただ我侭な悲劇を大げさにいい俳優を使って静かに暗く映画にしたようにしか見えなかった。 この映画からどんな教訓を得るのだろう?
edit

<<テイキング・ライブス | BLOG TOP | ローレライ >>

comment

悲しい結末の映画は苦手なんです。

  1. 2005/04/22(金) 22:30:44 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
折角映画観るんだから、悲しくっても最後は幸せになる映画が好きなんです。 例えば「マグダレンの祈り」とか。。。確かに物騒な世の中ですし、単に相手に同調出来ない状況ですよね。 
>心のゆとりがもてない暮らしをしてはいけないな
確かにそうですね。 今日も痛ましいニュースが走りましたし。

悲しい結末

  1. 2005/04/22(金) 22:23:20 
  2. URL 
  3. salasa 
  4. [ 編集 ] 
こんばんは。
TBありがとうございました。

この作品、見終わった後にちょっと後味悪いような感じになりました。
どちらかが余裕とゆとりをもう少しもって接すれば、違ったのかも、とも思うし。

そういう意味で、教訓になったような気がしています。心のゆとりがもてない暮らしをしてはいけないな、みたいな・・・。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

砂と霧の家

  1. 2005/11/14(月) 09:47:14 |
  2. がちゃのダンジョン
『砂と霧の家』 (2003)HOUSEOFSANDANDFOG上映時間126分製作国アメリカジャンルドラマシネトピ/英語版公式サイトアンドレ・デビュース三世の同名小説を実力派俳優の豪華共演で映画化したヒューマン・ドラマ。ある一軒の家をめぐって対立する孤独な女性と移民家族が織りな...

映画『砂と霧の家』

  1. 2005/10/11(火) 03:00:47 |
  2. 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
原題:House of Sand and Fog  -悲しむべきは人の性か-極めてシリアス、極めてハードボイルドな映画だ。登場人物が本当はみんないい人なのに、あまりに酷い結末を迎える。 結婚生活が破綻し海辺の一軒家で引き籠もりのキャシー(ジェニファー・コネリー)は、わずかな

砂と霧の家を観た。House of sand and fog

  1. 2005/06/07(火) 14:59:01 |
  2. えいが どっと ねっと
夫と別れ、すべてに気力を失っていたキャシー(ジェニファー・コネリー)は、税金の未払いが元で、父の遺産である海辺の家を差し押さえられてしまう。それが行政の手違いとわかった時には、家はすでに、政変で国を追われアメリカへ亡命したベラーニ元大佐(ベン・キングスレ.

「モーターサイクル・ダイアリーズ」&「砂と霧の家」

  1. 2005/06/01(水) 13:23:59 |
  2. マーク・ダーシーの日記
タイトル モーターサイクル・ダイアリーズ場所 DVDで観賞監督 ウォルター・サレス出演 ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナジャンル ドラマ/青春公開時コピー遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた評価  ★★★★★★★★ 8点(10点満点

【砂と霧の家】 暗いんだけど全く先が読めない楽しさっていうか

  1. 2005/05/17(火) 23:32:02 |
  2. ふぁーとか
砂と霧の家。公式ページはここ。超がつくほどの不条理映画というか、なんかせつない。誰もどこにもたどり着けないままに最悪の結末を迎えて終わる。っていうかなんか超異色の映画。暗いし、なんかなんていうかあまりに儚いというか先がないと言うか。まじで.

砂と霧の家(2003米)

  1. 2005/05/14(土) 20:25:10 |
  2. 趣味は映画鑑賞。
監督:ヴァディム・バーグマンキャスト:ジェニファー・コネリー      ベン・キングズレー[ストーリー]ある一軒の家をめぐって対立する孤独な女性と移民家族が織りなす人間模様と彼らを待ち受ける悲しい運命を痛切に描く。 ここまで暗くした意図は何だろう。救いようのな

砂と霧の家

  1. 2005/04/27(水) 23:05:54 |
  2. ハードでルーズな生活
そして,『砂と霧の家』である。夫と別れながら,それを母や兄に言い出せず,生活のすべてに気力を失っているキャシー(ジェニファー・コネリー)。税金の未払いが元で,父からの遺産である海辺の家を差し押さえられ,競売にかけられる。それを獲得したのは,イラン革命

砂と霧の家

  1. 2005/04/26(火) 10:39:12 |
  2. とりあえずな日々(仮)
砂と霧の家 特別版アンドレ・デビュース3世原作の同タイトル小説をヴァディム・パールマン監督が映画化。(なんと初監督作品!)出演はジェニファー・コネリー、ベン・キングスレー、ロン・エルダード、ショーレ・アグダシュルーと豪華キャスティング。ある一軒の「家」を

★★★★「砂と霧の家」ジェニファー・コネリー、ベン・キングスレー

  1. 2005/04/24(日) 18:09:28 |
  2. こぶたのベイブウ映画日記
見終わって、とても淋しさを感じました。幸せな人が誰もいないのです。アル中で夫に捨てられ、役所のミスで家まで失ってしまう。そんなジェニファー・コネリーが、もし美人じゃなかったら、この物語は変わっていたのかもしれない。自尊心を傷つけられるような仕事をして、...

「砂と霧の家」

  1. 2005/04/22(金) 23:24:29 |
  2. sean's room
なんともやるせない、まるで救いのない内容に、なんだか胸が締め付けられるような作品でした…。冒頭から霧に包まれた家が映し出され…なんかもうそれを観ただけで、気分は憂鬱…( 一一)あの家、そんなにいいかなぁ?私はなんか気味が悪いな(爆)J・コネリー演じるこの家の住

「砂と霧の家」

  1. 2005/04/22(金) 23:22:27 |
  2. ひらりん的映画ブログ
なんかぱっとしないタイトルだけれど実力派俳優出演作。ジェニファー・コネリーは「ビューティフル・マインド」でアカデミー・助演女優賞。ベン・キングスレーは「ガンジー」でアカデミー・主演男優賞。原題は「HOUSE OF SAND AND FOG」・・・そのまんま。2003年製作のサ

映画 『砂と霧の家』

  1. 2005/04/22(金) 22:24:15 |
  2. ラベンダーの花言葉に揺れながら
松竹の株主招待券を友達にもらってて、その期限が11月いっぱいまでだったので、駆け込みで映画を観ることにし、結局『砂と霧の家』を見てきました。美しい夕陽が臨める海辺の一軒家。亡き父が遺したこの家に独りで住む女性キャシー。彼女は結婚生活が破綻して夫に去られ、仕

『砂と霧の家』

  1. 2005/04/21(木) 23:02:17 |
  2. ぺぺのつぶやき
 「砂と霧の家」公式サイト2003年 米 126分監督 ヴァディム・パールマン原作 アンドレ・デビュース三世脚本 ヴァディム・パールマン、ショーン・ローレンス・オットー出演 ジェニファー・コネリー、ベン・キングズレー、ロン・エルダード、ショーレ・ア...




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。