大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

うつせみ

  1. 2008.01.16(水) _23:27:21
  2. 韓国映画
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
utusemi
夫によって家に閉じ込められ、抜け殻のような生活を送るソナのもとに、ある日現れた青年テソク。彼は留守宅に侵入しては転々とする生活を送っていた。ソナの悲惨な状況を知ったテソクは、彼女の心を癒そうとソナを家から連れ出し…。

私の注目する一番のキム・ギドク監督作品。 第61回ヴェネチア国際映画祭監督賞受賞作品。 見てはいつも心を痛めつけられるものが多い監督作品にしては、今回ちょっと意外性のある作品だった。 まずは最後の終わり方が良い!! いつもは逆パターンが多いので、今回は救われる。 しかし始まりは、少しどうしてそうなのよ~って感じで女性の方にイラつき感は否めない。 でも次第にグイグイ引き寄せられる。 主人公の青年、テソクがなんとも良いからだ!! その表情、その目! 若手俳優ジェヒが演技ているが、巧い。 彼の作品をこれから追って見ていかなくてはと思わせる俳優だ♪ 見る前はこのポスターが何やら嫌らしく思って、手が出ない作品であったが、このポスターこそがこの作品の核心であったのだ。 映画は実際に観なくては、分からないものですを実感。 これは是非とも観ておく恋愛映画だと思われます! 尚、主人公二人は声を出さないですが、雄弁に語ります、そこが面白いと。。。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

edit

<<キムチを売る女 | BLOG TOP | フランシスコの2人の息子>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。