大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

サン・ジャックへの道

  1. 2007.12.23(日) _00:10:08
  2. 洋画【さ行】
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
51qoAIUUJjL__AA240_.jpgストレスで薬に依存している兄ピエール、頑固なオバサン教師クララ、アルコール漬けで文無しの弟クロード。険悪な仲の兄姉弟が、亡き母の遺産を相続するためフランスのル・ピュイからスペインの西の果て、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで1500kmにも及ぶ巡礼路を一緒に歩くはめになった。このツアーの同行者は、ガイドのギイ、山歩きと勘違いして参加した女の子エルザとカミーユ、アラブ系移民の少年サイッド、従兄弟サイッドにだまされ、二人分の旅費を母親から出してもらったラムジィ、物静かな女性マチルド。9人の男女が、様々な思いを胸にフランスのル・ピュイから旅の一歩を踏み出した。

不完全な私達人間に対する再生の映画と見ました。 世界遺産になっている巡礼路も、世界遺産の勉強をした前にみて、成る程あの映画に出てきた場所ねと確認出来るのも嬉しい。
それぞれの触れ合いも興味深い。 母の遺産とはお金ではなく、人としての絆だったのかも知れない。 天国でしめしめと眺めている母の姿が浮かんでくる。 それは神の我々への願いかも知れない。 聖ヤコブをまつる大聖堂は見応えたっふり!!

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

edit

<<フランシスコの2人の息子 | BLOG TOP | 筋肉番付>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。