大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

ダウン・イン・ザ・バレー

  1. 2006.08.11(金) _18:07:10
  2. 洋画【た行】
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:4
D111751209.jpgロサンゼルス郊外にある住宅地、サンフェルナンド・バレーは、12車線のフリーウェイ以外に何もない、平凡な町だった。退屈な日常から自分を連れ出してくれる存在を求めていた17歳の少女トーブは、ある日、ガソリンスタンドで風変わりな男・ハーレンに出会う。ハーレンのどこか謎めいた雰囲気に惹かれたトーブは、やがて自分を大人扱いしてくれるハーレンとの恋に夢中になり、ハーレンもまた、彼女の美しさと純粋さにのめり込んでいく。だが、ハーレンの時に常識を踏み外す行動が、思いがけない事件を引き起こし…。

エドワード・ノートンが脚本に惚れ込み製作を手がけ、第58回カンヌ国際映画祭のある視点部門に出品されただけの事はあり、ぐいぐい引き込まれて行く映画です。 日本ではお目にかかれない、現実のアメリカを垣間見る事が出来る。 切ないですよ、それぞれの孤独がひしひしと伝わって来る。 またノートンの後半から常識を踏み外す、時代についていけない純粋ゆえの思い込みで、そうじゃなきゃ、生きて行けない辛さの行動が、私には、父親みたいに、即拒否できるか?なんて、甘っちょろい事を感じたのでありました。 今は、日本でも色んな事件があり、許せないけど、俳優ノートンが好きだからそう思えるのか??心境は変なところで複雑化したのでありました(笑)  

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

edit

<<資格試験 | BLOG TOP | エンド・オブ・オール・ウォーズ>>

comment

  1. 2007/06/21(木) 14:49:05 
  2. URL 
  3. だや 
  4. [ 編集 ] 
ロサンゼルス郊外の閉塞感漂う町に暮らす17歳の少女と、流れ者の風変わりな男との恋.そして、哀しい事件へと進んで行く。

ラブストーリーと言うより、サスペンスor人生ドラマかな?
観ていて、眉をひそめるような、いたたまれなさが、あります

  1. 2007/06/21(木) 14:40:48 
  2. URL 
  3. だや 
  4. [ 編集 ] 
コメント、TBありがとうございます。
TBに挑戦してみます。
届くかな??

いい映画でしたね。いたたまれないけど。。
やっぱ、窃盗に入った家は、実家なのかな・・?


ノートン

  1. 2007/06/19(火) 21:31:46 
  2. URL 
  3. だや 
  4. [ 編集 ] 
いまさら・・です。
おなじみ?‘旧姓「みづ**」 申請‘@だやです。

プログを開設しましたが、トラックバック・・
の、仕方がわからないのよ・・・>ばか。

  1. 2006/10/08(日) 14:05:12 
  2. URL 
  3. ai 
  4. [ 編集 ] 
TBうまくできませんでした。
あたしもノートン好きです。雰囲気がある役者さんですよね。
この作品、前半ラブ・ストーリーなのだけど後半サスペンスで異色の作品でした。
常識から外れていくハーレンは、普通の男だからこそ不気味でした。時代に取り残された純粋さが物悲しくもあります。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。