大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

ヒストリー・オブ・バイオレンス

  1. 2006.03.18(土) _02:35:08
  2. 洋画【は行】
  3.  トラックバック:6
  4.  コメント:9
mo4074_f3.jpgアメリカ・インディアナ州の田舎町。小さなダイナーを経営するトム・ストールは、妻のエディや2人の子どもとともに、愛に満ちた幸せな日々を過ごしていた。そんなある夜、彼の店が2人組の強盗に襲われてしまう。そこで隙をついて強盗の銃を奪い取り2人を撃ち倒したトムは、一躍ヒーローとして扱われることに。しかしそのことがきっかけで、彼の過去が明らかとなっていく・・・・・・。

鬼才デビッド・クローネンバーグ監督による作品ですが、思ったより普通でした。 何時もとトーンが違ってます。 真面目に取り組んでいるなぁと言った感じ。 と言っても内容は考えさせられたりはしますが。。。 グラフィック・ノベルを原作にしていると言うのが以外でした。 主人公の今が余りにも良い人過ぎるので、どうかしら??現実味が無い?気がしないでもない!! 
昔があるから今の自分があるとは、よく恋愛でも言われたりする。 こっぴどい目にあった人が口にする常套句だが。。。
今が良い人だから昔の罪が消えるとも思えないし、ましては妻は弁護士。。。出来過ぎじゃない、このシチュエーション。 息子も自分の昔を匂わせたりする。 今が善い人だから愛で許せる。。。それはそれで良いが、やっぱり罪は償わないとね。 子供には善い父親で、子供が最後あのような態度を取るのは納得。。。 階段でのあの行動もさもあり何といった感じで納得。 一時好きだったウィリアム・ハートはこの演技でアカデミー助演男優賞ノミネートですか! ヴィゴの演技に、マリア・ベロの演技、いやぁ出演者皆の演技に釘付けだった。マリア・ベロはダイアン・レインに似ているので観ている最中「オーバー・ザ・ムーン」を思い出しました。 息子役アサートン・ホルムズ「Ashton Holmes」がたれ目で今回気に入りましたです。 デビューだそうです! いやぁ、ブレイクしていくわね。 しっかり演技の勉強していて4歳から仕事して実力もあるらしいから、成長が楽しみね。 長生きしなくっちゃ、私も。。。
hs01.jpg

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

edit

<<ブロークバック・マウンテン | BLOG TOP | シリアナ>>

comment

いいですね~(^o^)丿

  1. 2006/03/28(火) 00:12:17 
  2. URL 
  3. メルローズ 
  4. [ 編集 ] 
ブライスさん、こんばんは~。

>その前に一度映画をご一緒しませんか!?
>今は繁忙期でちょっと落ち着いてから。。。
ブライスさん、とってもうれしいです♪
お誘いありがとう!ぜひ!ご一緒したいです~(^o^)丿

そうですね、ちょっと落ち着いてからにしましょう。
実は私もやっと家の建て直しが終わって4月6・7日で引越しなんです。今はちょっとバタバタしてますが下旬になればOKです。
昨年末で仕事を辞めたので、曜日もいつでもいいですよ~。

>一番お好きなのがヴィゴなんですか?
え~っと~一番好きなのはジョニー・デップです(^^ゞ
以前見たジョニーの夢もラブラブな夢でした♪
我ながらいつもな~んて都合の良い夢を見るのか不思議です。笑

メルローズさん。

  1. 2006/03/27(月) 23:34:41 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
蔵王は樹氷を見に行きました。 良いなぁ、行きたいなぁ。
その前に一度映画をご一緒しませんか!?
今は繁忙期でちょっと落ち着いてから。。。 水・金が一応お休みなんです、私。。。

>ひとは前を向いて歩き続けるっきゃないのよね~しみじみ。
普通の人はですね。 ニュースでの松本は即○刑ですぅ、生き延びて許せない!! 

>ところで、昨夜ヴィゴの夢を見ました♪
一番お好きなのがヴィゴなんですか? 私はポールだけど。。。
私も俳優さんの夢見ますよ。 外人が好きなのに何故か日本の俳優さんと主人ばっかり出てきて唸ってます! どんな夢なんでしょうか? 自分の声で起きてしまうんですから!

ブライスさ~ん

  1. 2006/03/23(木) 23:37:12 
  2. URL 
  3. メルローズ 
  4. [ 編集 ] 
こんばんは~。

蔵王は広くていろんなゲレンデがあり、楽しいスキー場です♪
ただ、横移動の連絡コースが平らなので、体力要ります。笑
この時期で2日新雪が降ったので雪質は最高でした!
ブライスさんもまたスキー始めませんか~お供しますよ~!

>あれから家族はどうなって行くのでしょう?
闇を抱えて生きてゆくのか、かつてのジョーイのように過去を葬り去って新しい人生を生きてゆくのか、気になりますね~。
いずれにせよ、ひとは前を向いて歩き続けるっきゃないのよね~しみじみ。

ところで、昨夜ヴィゴの夢を見ました♪
最初はI'm your great fan!
This is my happiest day to see you! とか
話してるのですが、パーティに誘われて手を繋ぎ、
そのうちしっかり抱きしめられて・・・むにゃむにゃ。笑 
ヒストリー~の衣装だったけど。爆 
あ~幸せな夢だったな~♪(←都合よすぎ!汗!)

遅れてのレスです。

  1. 2006/03/22(水) 23:04:18 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
Kenさん。
クローネンバーグ監督作って言う思いが最初にあるから
素直に見れない自分が居るのかなぁとも思います。
だから前情報は入れないようにしてるんですが。。。

メルローズさん。
蔵王からお帰りなさい。 若い頃スキー行ったきりで、中年になってからは一度も。。。(涙) この間、岡島二人の「99%の誘拐」読んだばかりで、蔵王が最後の舞台でした。

で、コメントですが実に深い読みをしてらっしゃる。 
成る程。。。  正義の為に力を奮うことは納得が行きます。
しかしその力はどこから生まれたものなのか。。。
人間の死と尊厳は守られなければいけない事と思います。 中々難しい事ですが。。。 命は一番尊いもの。  その命を奪えばやはり許される事ではないと思います。 神は許せても、逆に人は許してはイケナイとも思います。 あれから家族はどうなって行くのでしょう? それを考える映画なのでしょうね。

この映画の語るもの

  1. 2006/03/21(火) 23:09:08 
  2. URL 
  3. メルローズ 
  4. [ 編集 ] 
ブライスさん、こんばんは。
早速書き込みいたします。

『ヒストリー・オブ・バイオレンス』
この作品はとても良く出来た映画です。
はっきり言ってこれはサスペンスでもミステリーでもありません。
観客が暴力に対してどう考えるかという物語だと思います。

冒頭の残忍で残酷な暴力シーンに大変意味があります。
ここで観客は暴力に対する恐怖や嫌悪、苛立ちを感じ、こんな暴力は否定されなければならない!と強く思います。

しかし、店の客や従業員を救うために強盗を射殺したトムのことはえらい!よくやった!と誉め、家族を守るために暴力で戦うことを強いられたトムのことは当たり前と思ってしまう。
いじめに遭っている息子が衝動的にいじめの相手を殴れば
しかたないことだと共感してしまう。

これはおかしくはないか?
暴力の本質は冒頭のシーンのように残虐でおぞましく、醜い。なのに何故正当化され、回避出来ないものだと是認されてしまうのか?

見終わった後に自分の心の動きをなぞってみるとひどく混乱する。困惑します。暴力は嫌だ!と言いながら正当化された反撃(これも暴力)には喝采する自分がいないか?

本当に考えさせられる映画でした。
ヴィゴがこの作品を選んだのも頷けます。
ヴィゴでなくてはこの暴力の物語を描ききれなかったでしょう。
いまさらながらにヴィゴの感性と俳優としての力量に驚きます。

期待を裏切らない素晴らしい出来でした。

TBありがとうございました!

  1. 2006/03/21(火) 00:29:29 
  2. URL 
  3. Ken 
  4. [ 編集 ] 
ブライスさん、こんにちは!
>思ったより普通
僕も同じようなことを感じました。やっぱりクローネンバーグというと、何かジメーッとしてたりグチャッとしてたり、な雰囲気を期待してしまうのですが、今回は随分あっさり味でしたよね。
そういう意味ではちょっと物足りなかったかも、です。

マダムSさん。

  1. 2006/03/20(月) 23:56:45 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
>息子ちゃんの過去?彼も実は暴れん坊?きゃ・・何か私見落としましたかな・・
同級生をやっつけたじゃないですか!! あの怒りの衝動は、血だと思わせるものがありました。 ライフルで、エド・ハリスを打ったときも然り。 感じ過ぎかしら?

TBありがとう♪

  1. 2006/03/19(日) 09:56:54 
  2. URL 
  3. マダムS 
  4. [ 編集 ] 
確かに、過去を何も調べないで結婚する弁護士の妻ってのも不自然ですよねぇ(笑) 息子ちゃんの過去?彼も実は暴れん坊?きゃ・・何か私見落としましたかな・・
俳優さん達の演技合戦、ほんとお見事でした!

試写会で見ましたよ~♪

  1. 2006/03/18(土) 19:24:56 
  2. URL 
  3. メルローズ 
  4. [ 編集 ] 
ブライスさん、こんばんは。見る映画も本当によく似てますね(*^_^*)
           
ヴィゴのこの作品はどーしても早く見たくて試写会応募がんばっちゃいましたよ。

感想はブライスさんと少し違ったところもあるので、火曜日またPCからカキコしますね!

実は今蔵王スキー場に来ていて、携帯からアクセスしてます。親指がちょっと疲れました(;^_^A


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

【映画】ヒストリー・オブ・バイオレンス

  1. 2006/03/21(火) 00:21:53 |
  2. セルロイドの英雄
&quot;A History of Violence&quot; 2005年アメリカ監督)デイヴィッド・クローネンバーグ出演)ヴィゴ・モーテンセン マリア・ベロ エド・ハリス ウィリアム・ハート満足度)★★★ (満点は★5つです)東劇にて インディアナ州ミルブルック。このスモールタウンで

ヒストリー・オブ・バイオレンス/A HISTORY OF VIOLENCE

  1. 2006/03/19(日) 19:18:55 |
  2. 我想一個人映画美的女人blog
愛せる人の過去も含めて愛せますか?ただのバイオレンス映画だと思ったら大マチガイ。。。☆カナダトロント出身の鬼才、デヴィッドクローネンバーグ監督の新作として、ずっと気になってた作品{/hikari_blue/}ゴールデングローブ賞作品賞でノミネート。アカデミー賞最有力と

『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

  1. 2006/03/19(日) 09:52:42 |
  2. Brilliant Days
クローネンバーグだし、R-15指定ですから・・ やはりかなりショッキングなシーンも・・ しかし、オスカーの助演男優賞にウィリアム・ハートがノミネート、ゴールデン・グローブ賞では作品賞の他、奥さん役のマリア・ベロが助演女優賞にノミネート(他の沢山の賞関係でも

『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

  1. 2006/03/19(日) 06:07:55 |
  2. 映像と音は言葉にできないけれど
この映画は、心に潜む「クローゼット・モンスターをそっとして置いて欲しい...さもなくば」といったキングコング的な哀れを、更正した男と家族が映し出してくれています。

ヒストリー・オブ・ヴァイオレンス

  1. 2006/03/18(土) 08:17:43 |
  2. シャーロットの涙
絵に描いたような幸せな日々を送る家族。トム・ストール(ヴィゴ・モーテンセン)の店に強盗が押し入るまでは…前半場面で語られる家族の形態があまりにも自分には嘘くさく見えて、これらがどう変わっていくのかを期待させた。幸せとは、葛藤があってこそ幸せと感じるもので

ヒストリー・オブ・バイオレンス A HISTORY OF VIOLENCE

  1. 2006/03/18(土) 03:05:26 |
  2. travelyuu とらべるゆう MOVIE
ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、ウィリアム・ハートエド・ハリス主演 デヴィッド・クローネンバーグ監督NY批評家協会賞ウィリアム・ハート助演男優賞、マリア・ベロ助演女優賞 受賞LA批評家協会賞ウィリアム・ハート助演男優賞 受賞シカゴ批評家協会賞デヴィッ




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。