大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

クラッシュ

  1. 2006.03.04(土) _00:49:39
  2. 洋画【か行】
  3.  トラックバック:18
  4.  コメント:12
人種のるつぼ、ロサンゼルス。 刑事、警察官、自動車強盗、地方検事とその妻、TVディレクター、鍵屋とその娘、病院の受付嬢、雑貨屋の主人…。 様々な階層の、様々な人種の彼らは、予想もしない角度で交錯しながら、愛を交わし、憎しみをぶつけ合い、哀しみの淵に立たされる…。 

ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。そこから始まる群像劇。まずは断片的に人の状況が語られる。 そして最後は繋がる。
その持って行き方の脚本と演出が見事。 監督・脚本は『ミリオンダラー・ベイビー』の製作と脚本でアカデミー賞にノミネートされたポール・ハギス監督。 
善人も悪人も人の善・悪はその時の状況下で一変する。 誰も悪人じゃないし、善人でもない。 人間はそれだから人間と言えるのだし。。。たった些細な事で人は、傷つき、誤解し、哀しみ、そして気が付き、喜び。。。 バックグランドはやっぱりアメリカ。。。それもロス。。。自分は日本人で人種差別を垣間見ている感じ。 米ドラマ「シールド」見ているから多少分かるかな。 
またまた参ったね。  TVプロデューサー役のテレンス・ハワードが良かったと思った。 この人アカデミーの主演男優賞に他の作品でノミネートされてるんだね。 しかしそれぞれの感情に共感出来るね。 人の痛みが分かるね。  透明マントでは、涙がほろり。。。 ドン・チードル演じる警官だって好い物着ていても母親の愛には恵まれず、最後は涙する。。。
N0007889.jpg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

edit

<<ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 | BLOG TOP | オリバー・ツイスト>>

comment

パフィンさん。

  1. 2006/03/21(火) 00:01:55 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
>ライアン・フィリップがまさか!の役割を演じて、
彼も良い味出してましたよね。 奥さんがアカデミー賞を取ってしまったので、仲がこじれないといいがなぁとそっちの方が気になっってしまったり。。。もうちょっと年を重ね渋くなったら演技力もあるしで、遅咲きのこれから出てくる男優だと思ってます。 

  1. 2006/03/19(日) 23:32:30 
  2. URL 
  3. パフィン 
  4. [ 編集 ] 
TBありがとうございます。こちらのTBができないので
コメント残させていただきます。

この作品は鑑賞する人によって、感情移入する登場人物が
微妙に違うのが面白いです。
私はドン・チードルが現実的な役割を、ライアン・フィリップが
まさか!の役割を演じて、全体のバランスをとっていたように感じます。

同感!

  1. 2006/03/06(月) 00:54:37 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
メルローズ さん。
フィクナーは「薔薇の眠り」での彼が好きです。「ブラックホークダウン」も好きなかなぁ~。

>透明マントの他に救われたのは
そうでしたね! 以下3エピソード、思い出しましたよ!!
また、見たいなぁ~。

>心の中に灯がともるというか、小さくても花が咲くような映画はいいですよね~
ホンとしみじみ~~。ボキャ貧の私メは納得のお言葉!! 

注*ネタバレありです*

  1. 2006/03/06(月) 00:24:02 
  2. URL 
  3. メルローズ 
  4. [ 編集 ] 
ブライスさん、こんばんは~。

ブライスさんもウィリアム・フィクナーチェックされてましたか~!
お仲間だわん♪うれしいな♪
素敵でしたね~うっとり・・・。

>でもこれで皆が救われていると思いませんか?
そのとおりです!
透明マントの他に救われたのは

☆ライアン・フィリップがテレンス・ハワードを助けるシーン。
☆マット・ディロンがタンディ・ニュートンを命がけで救うシーン。
☆リュダクリスが人身売買の密入国者を助けてさらにお金までやるシーン。

>映画は娯楽ですから・・・信条です!!
まったく同感です!
感動大作でなくても見終わった後に心の中に灯がともるというか、小さくても花が咲くような映画はいいですよね~しみじみ。  

メルローズ さん。

  1. 2006/03/05(日) 01:27:30 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
ご覧になりましたか!!
>車がクラッシュする。
>人が他人とクラッシュする。
>自分の心の中でもクラッシュする
>でも人の営みってオセロの裏と表のように
全くもって言当てていますね。

>ふとした過ちを犯すこともあれば、
>突き上げるような良心に従うことだってある。
そうですよね。 旨い事仰る!! その通りですよ。

>自分と重なる部分を突きつけられて 
私はすべての人に対して重なり、そう思いました!! 皆が持っている物だと思います。 だからこそ素晴らしいですね、この作品。

>私の好きなウィリアム・フィクナーは2、3分しか出演してなくてちょっと残念~~~(-_-;
私もお仲間に入れて~!! 私も大きな画面でたっぷり?堪能した3分間。

もしもの事がてっきりあると思い。。。まさかね。。。でもこれで皆が救われていると思いませんか?
映画は娯楽ですから救われるとこなくっちゃ!!て言うのが信条です!!  

先週見ました!

  1. 2006/03/04(土) 23:37:37 
  2. URL 
  3. メルローズ 
  4. [ 編集 ] 
ブライスさん、こんばんは~。

脚本&俳優が素晴らしくて、完成度の高い良い作品ですね。

車がクラッシュする。
人が他人とクラッシュする。
自分の心の中でもクラッシュする。

見初めは人々の怒り、フラストレーション、あきらめ、
悲しみといった負の感情が津波のように襲ってきて、
自分がこの映画を最後まで見切れるのか不安になりました。

でも人の営みってオセロの裏と表のように
同じ一人の人間でも、とても一筋縄ではいかない。
人に対する先入観じゃなく、
自分自身に対する先入観だって持っているもの。
ふとした過ちを犯すこともあれば、
突き上げるような良心に従うことだってある。

自分と重なる部分を突きつけられて、
心の深い部分で問われているような気がしました。

ドン・チードル、マット・ディロン、
タンディ・ニュートンがすごくいい出来だと思います!

私の好きなウィリアム・フィクナーは2、3分しか
出演してなくてちょっと残念~~~(-_-;)
ま~見れただけ良し!としよう!笑

透明マントのエピソードが秀逸!
途中あの女の子にもしものことがあったら、
この監督を絶対許さない!と思っちゃいましたよ~。

Kenさん。

  1. 2006/03/04(土) 23:32:42 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
初めまして。 TBこちらこそありがとうございます。
>人間の普遍性をキチンと描いているところが訴えかけるところだったのだと思いました。
全くそうですね!! 完全じゃないから人間なんであって、、でもそこで開き直るんじゃ無く、見つめて質すのが人間性なのでしょうね。
>イイ映画でした。
ホントに同感です!! 

TBありがとうございました!

  1. 2006/03/04(土) 23:15:35 
  2. URL 
  3. Ken 
  4. [ 編集 ] 
こんにちは!
>誰も悪人じゃないし、善人でもない。
人間の普遍性をキチンと描いているところが、人種差別とはまあ関係の無い生活を送る僕達日本人にも訴えかけるところだったのだと思いました。
イイ映画でした。

レスです。

  1. 2006/03/04(土) 20:10:30 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
マダムSことスカーレットさんようこそです。
先輩! 師と言っても過言ではない位にお世話になっておりましたが
その後ご無沙汰してます。 ここも暫く休止してましたが、
また何とか活動開始致しました。
宜しくお願い致します!!
>当然のようにあらゆる人種のスペシャリスト達が活躍していて、偏見などは微塵も感じさせないような作りになっているのにすっかり騙されてました。
これがニューヨークあたりなら人種差別も違ったものになってたでしょうね、きっと。。。
いまやロスは元々移民の多い土地柄も反映して、非常に外国出世者が多く、市の人口の41%が外国生まれでスパニッシュ系プエルトリ系のラテンアメリカ系47%、白人30%、黒人11%、アジア系10%となっている訳で、ラテンアメリカ系が人口の半数に迫っており、今や白人がマイノリティである事から考えても、白人のマット・ディロン演じる警官もそこは強がるわけですよ!!
「24」とかだったらハイクラスの事が描かれて、焦点は駆け引きですものね。一緒のロスでも人種の事まで描ききれないのでしょう。
「ザ・シールド」って結構シビアな警察官のテレビドラマですから、一度ご覧になって下さい。 賛否両論あるみたいですけど。。。
>「愛してる」って言葉、大事だと思いました。
確かに!!  でも、いやぁ、中々言ってもらえないです。 死ぬときじゃなきゃ分からんなんて若い頃から夫に言われて何十年。。。 子供は勝手に生活してるし。。。クラッシュしそう。。。サンドラ・ブロックが自分を見ているようで怖かった~。

charlotteさん。
あそこは、救われましたね。 あそこのシーンがあるのとないのでは雲泥の差でしたね。 神をちょっぴり感じたりしました。 

ミチさん。
>どの人物のエピソードも印象に残りました。
ホントに全てのエピソードに無駄が無い。 一つ一つずっしりと心に響いて来ます。 ペルシャ人の娘には感服しました。 生死を見る仕事であるから、殊更分かって、調達したんでしょうね。 後から分かるのも効いてますよね。
>繋がりたいのに繋がりあえない人間関係。
仕事での関係もそうです。 最初は余り繋がりが無いから、上手く行く。
しかしだんだん分かり始めると利害が生まれ、お互い自分が最後には可愛いくなって行く。 それでなきゃ、現実厳しくて生きて行けないですもん。。てな具合。 人間が人間であるからこそ中々上手く行きませんね。 そこを考えるのが神から与えられた使命なのでしょう。 

TBありがとうございました

  1. 2006/03/04(土) 19:17:37 
  2. URL 
  3. ミチ 
  4. [ 編集 ] 
こんにちは♪
どの人物のエピソードも印象に残りました。
ちょっとだけ光の見える関係もあったけれど、さらに悪化した関係もあり、本当に難しいものだなぁと思います。
繋がりたいのに繋がりあえない人間関係。
ホント難しい。

TBありがとうございました

  1. 2006/03/04(土) 14:48:28 
  2. URL 
  3. charlotte 
  4. [ 編集 ] 
透明マント、いい意味で驚きました。
ララ役の女の子も可愛らしかったけど、どこか
本当に天使がいるみたいなファンタスティックな一面もある
人間ドラマでしたね。
いい作品でした。

TVドラマ

  1. 2006/03/04(土) 07:50:49 
  2. URL 
  3. マダムS 
  4. [ 編集 ] 
最近のアメリカの人気TVドラマ「CS-I」シリーズとか「サード・ウォッチ」「24」など見ていると、色々な職業の重要なポストで、当然のようにあらゆる人種のスペシャリスト達が活躍していて、偏見などは微塵も感じさせないような作りになっているのにすっかり騙されてました。
まあ、人種だけの問題じゃありませんでしたけど・・
「愛してる」って言葉、大事だと思いました。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

クラッシュ

  1. 2006/03/19(日) 20:35:24 |
  2. ERi’s room
映画『クラッシュ』を観てきました。前知識として、舞台がロスであること、マット・ディロン演じる刑事が人種差別主義者であることなどが頭にあったのですが、実際観てみて、人種差

クラッシュ【2005年】

  1. 2006/03/06(月) 00:50:48 |
  2. こっちゃんと映画をみまちょ♪
色んな映画を観ていると、時としてこんな映画に出くわすことがあります。まるで自分の心を映しだす『鏡』のような.....『クラッシュ』はまさにそんな映画です。こっちゃんが『クラッシュ』というタイトルを耳にしてパッ!と思い出す映画に、ディビッド・クローネンバー

「クラッシュ」

  1. 2006/03/05(日) 22:05:14 |
  2. てんびんthe LIFE
「クラッシュ」よみうりホールで鑑賞なかなか話がつかめなくて苦労しましたが、きっかけをつかんだらなんとも簡単につながっていきました。といってもこの作品はサスペンスではありません。人と人とのちょっとしたつながり、一期一会なんです。そして、人には必ずある裏と表

クラッシュ

  1. 2006/03/05(日) 16:44:35 |
  2. カリスマ映画論
【映画的カリスマ指数】★★★★★ ぶつかって傷ついて・・・そして生まれる人間愛 

『クラッシュ』レビュー/天使の街で

  1. 2006/03/05(日) 13:43:22 |
  2. 西欧かぶれのエンタメ日記
今年のアカデミー作品賞にノミネートされている『クラッシュ』を観てきた。クラッシュ、というと、スキーをやっていた頃の、毎日のように頭から転んでいた散々な記憶がよみがえってきて、苦笑いなしにはいられないのだけど、この作品は、当然スキーにはまったく関係なくて、

「クラッシュ」

  1. 2006/03/05(日) 02:57:49 |
  2. ヨーロッパ映画を観よう!
「Crash」2004 USA/ドイツ時はクリスマス・シーズン、人種のるつぼアメリカ、LAを舞台に二日間の出来事を描いた群像ドラマ。隠れ??ブレンダン、ファンなので、この映画は楽しみにしていた。まあブレンダンは主演じゃないし、出番も少しというのは解っていたが...。とり

映画「クラッシュ」

  1. 2006/03/04(土) 19:14:40 |
  2. ミチの雑記帳
映画館にて「クラッシュ」★★★★★クリスマス間近のロサンゼルスで起きた交通事故をきっかけに、さまざまな人種、階層、職業の人々の人生が交錯する群像劇。舞台がロサンゼルスということがとても重要とのこと。ニューヨークでは街の性質や人口密度によって人は共同で生き

クラッシュ

  1. 2006/03/04(土) 14:42:49 |
  2. シャーロットの涙
連鎖する衝突。そこから繋がっていく人の運命。ロサンゼルスは孤独な街。人種によって居住区が分かれているこの街で、偶然の事故が人種を絡ませる。そして差別偏見を浮き彫りにさせる。監督はミリオンダラーベイビーの製作脚本でアカデミー賞ノミネートされたポール・ハギス

【映画】クラッシュ

  1. 2006/03/04(土) 14:31:54 |
  2. セルロイドの英雄
&quot;Crash&quot; 2005年アメリカ監督)ポール・ハギス出演)ドン・チードル サンドラ・ブロック マット・ディロン ブレンダン・フレイザー テレンス・ハワード クリス・”リュダクリス”・ブリッジス サンディ・ニュートン ライアン・フィリップ ラレンツ・テ

『クラッシュ』

  1. 2006/03/04(土) 11:24:45 |
  2. ラムの大通り
----この映画って、ものすごくたくさんのスターが出ている割にはなぜか地味な感じがするよね。「内容が内容だからね。プレスに載っている解説を引用すれば『ハイウェイで起こった1件の自動車事故が、思いもよらない“衝突”の連鎖を生み出し、さまざまな人々の運命を導いて

クラッシュ

  1. 2006/03/04(土) 11:15:24 |
  2. きょうのあしあと
「人生は高速に流れ、僕たちはお互いに衝突し合う」監督:ポール・ハギス脚本:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジト、ウィリアム・フィットナー、ブレンダン・フレイザー、テレンス・ハ

クラッシュ / CRASH

  1. 2006/03/04(土) 10:56:07 |
  2. 我想一個人映画美的女人blog
&quot;サンドラブロック主演&quot;ではありません。クローネンバーグのでもありません☆豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/}「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、ポール・ハギスが脚本&初監督したこ

クラッシュ CRASH

  1. 2006/03/04(土) 09:54:48 |
  2. travelyuu とらべるゆう MOVIE
サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン ジェニファー・エスポジート 主演豪華な出演者達が織り成す群像劇人種るつぼのロサンゼルス 白人・アフリカ系・ヒスパニック・アラブ系・東洋人色々な人種が暮らしています そこでの人種差別を真正面から描いた映画

14 クラッシュ

  1. 2006/03/04(土) 09:13:36 |
  2. 毎週水曜日にMOVIE!
アカデミーの前にはほんとは、作品賞はみておきたいです。なかなか日本ではそれができずに残念。なので、これはがんばってみなくちゃと、行ってきました。ほぼ満席。すごいです。「ミリオンダラーベイビー」脚本のポール・ハギスが監督。・・・それだけでいかばかりか?と心

『クラッシュ』

  1. 2006/03/04(土) 07:42:54 |
  2. Brilliant Days
珍しく予告編(トレーラー)が良く出来ていた! そこから想像するものを良い意味で裏切ってくれたシーンもありの、素晴らしい作品でした! アメリカ/ロサンゼルス・・あらゆる人種のるつぼ・・ ハイウェイで起こった一件の自動車事故が引き起こす 思いもよらない”衝突”

「クラッシュ」

  1. 2006/03/04(土) 05:09:04 |
  2. 試写会帰りに
スペースFS汐留「クラッシュ」Crash試写会。 映画の冒頭から延々と続く、登場人物達のあからさまな人種差別発言に、嫌悪感と疲労感がつのっていくような、あるシーンの前までに感じていた気分と、そのシーン以降、見終わった後の感想、感じ方がガラっと変わる映画でした。

触れ合いたい 「クラッシュ」

  1. 2006/03/04(土) 01:47:07 |
  2. 平気の平左
評価:80点{/fuki_love/}クラッシュこういう映画大好きです。群像劇で、キャラクターが多いのですが、それぞれのキャラクターが十分にわかり、また数々の伏線が張られています。さすがアカデミー賞にノミネートされるだけのことはあるといった感じでした。大本命の「ブロ

★「クラッシュ」

  1. 2006/03/04(土) 01:28:57 |
  2. ひらりん的映画ブログ
2/11劇場公開の「クラッシュ」を初日ナイトショウで見てきました。結構知ってる人が出てるから楽しみだった。アカデミー賞にも6部門ノミネートされてるし・・・。




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。