大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

オリバー・ツイスト

  1. 2006.02.25(土) _22:57:33
  2. 洋画【あ行】
  3.  トラックバック:33
  4.  コメント:14
img20060129.jpg『戦場のピアニスト』の巨匠、ロマン・ポランスキーがチャールズ・ディケンズの名作を映画化。
19世紀の英国。救貧院に連れて来られた、オリバー・ツイストは、粗末な食事に腹をすかせた孤児を代表してお粥のおかわりを要求し、追放処分になる。一旦は葬儀屋に奉公するが、不当な仕打ちに耐え切れず逃げ出してしまう。行く当てもない天涯孤独な身の上では、目の前に延びる街道を遥かロンドンまで、目指すしかなかった。

昔マーク・レスターとジャック・ワイルドの「オリバー・ツイスト」を見た口の私めは、本作全くの肩透かしを喰らった感が否めない。
イギリスの俳優さん達を使ってこの程度では。。。
このキャストならBBCのドラマと一緒で、あっちの方がしかも重厚なつくり、で何を今更この映画を作る必要があるのだろうか?
この作品はベン・キングスレーの為の映画と言っても良いくらいだ。
一番の悪役はポール・ベタニーと敵対した「ギャング一スいターNO.1」のあのボス役の彼だ。 実際にギャングと知り合いがいると言うだけあり、あの独特の品の無い英語が鼻につき、実に嫌らしい。
で、監督の言わんとするのは分からないでもないが、子供向けの楽しめる作品には程遠い。 むしろ、大人向けのメーッセージを無垢な子供より届けさせているのだが、ちっとも素直に心に響かない。 子供が無意味に翻弄させられているとしか見えない!!  貧困で何も楽しみが無いゆえの、人の不幸を至福とする当時の官、民衆の残酷さ。。 
時代背景は流石に上手かった。 その当時を窺い知る事が出来た気分に一時浸ったのでは、あるが。。。そうそう主人公の男の子、ヒュー。グラントの子供時代はこうだった的新人でした。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

edit

<<クラッシュ | BLOG TOP | 「インスピレーション」>>

comment

  1. 2006/03/27(月) 16:55:13 
  2. URL 
  3. hwhhhu 
  4. [ 編集 ] 
いや~確かに物取りですが、昔の刑罰が厳しかったんだとおもいます。

>ドジャー殺されてしまうし・・・。

  1. 2006/03/22(水) 23:06:54 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
そうなんですか? ドジャーって原作では相当な悪ですか?
悲劇の対象なのかな?

  1. 2006/03/22(水) 12:14:11 
  2. URL 
  3. hwhhhu 
  4. [ 編集 ] 
そうですね・・・。でも私は原作より映画の方が良かったかなぁ。ドジャー殺されてしまうし・・・。

hwhhhuさん。

  1. 2006/03/16(木) 20:34:01 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
原作読まれたんですね。 映画は所詮原作は超えられませんね。別物と考えた方が良いかもですが、知っているとどうしても比べちゃいますよね!!

  1. 2006/03/16(木) 15:24:03 
  2. URL 
  3. hwhhhu 
  4. [ 編集 ] 
私は原作を読んだのですが、あろうことかドジャーは煙草入れを盗んだ事がばれ、法廷で裁かれて国外へ送られてしまうんです。

ミチさん。

  1. 2006/02/27(月) 19:55:42 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
>監督は自分の子供にも見せることができる映画を作ったということですが・・・・
ミチさんのブログを読んで、そうなんだと思いましたが、自分の子供に見せてどうなんでしょうねぇ? 他人の女の子にちょっかいを出す監督が子供をねぇ???なんてしらけちゃいますよ。 この子供は[助けて!]と叫ぶけど、優しさなのか?他人に反発しませんよね? 実際のお育ちが(生い立ち)好い訳だけど、その説明もないし。。。 
最初の出だしの挿絵が好きだっただけでしたね、今回は。。。 

ひねくれWYVERNさん。

  1. 2006/02/27(月) 19:46:38 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
>英語が解る方ならではの感想ですね。
いやぁ、英語が分かるって言うんじゃないんですよ。
イギリス映画、ドラマを見ている回数が多いというか。。。
だから上流階級の発音と田舎の癖のある発音とは、かなり違うと
言うのが分かるだけで。。。(汗汗。。。)
>映画の重要なエピソードの表現が、ことごとく曖昧。
実に曖昧ですよね。ディケンズってかなり人物像がはっきり書いている
作家と思うのですが。。。 それに分かるんですよ、必ず最後に助けてくれる人は他人じゃない縁者である事が多いって言うのも特徴だし。。。
その感動的なエピソードが抜けている。 ファギャンでしたっけ?キングスレーの哀れさを強調している気がするんですよ!!

TBありがとうございました

  1. 2006/02/27(月) 16:16:57 
  2. URL 
  3. ミチ 
  4. [ 編集 ] 
こんにちは♪
監督は自分の子供にも見せることができる映画を作ったということですが・・・・どうも私の心には響かなかったわ・・・もう心が汚れきっているのかもしれません(汗)
今の時代に即していないような気がするんですよね。

トラバありがとうございます

  1. 2006/02/27(月) 01:35:43 
  2. URL 
  3. ひねくれWYVERN 
  4. [ 編集 ] 
「実際にギャングと知り合いがいると言うだけあり、あの独特の品の無い英語が鼻につき、実に嫌らしい。」
英語が解る方ならではの感想ですね。羨ましいです。
おすぎさんが絶賛していたのでそれなりに期待して観たんですが、
ずいぶんな肩透かしを食らっちゃいました。
「映画の重要なエピソードの表現が、ことごとく曖昧。
 映像も コントラストを抑えていたけれど、演出もコントラストを抑えてしまったって感じ。」
私のブログの感想ですが、英語を解する事が出来たとしたらもう少し違った印象が持てたのでしょうか。

gomaさん。

  1. 2006/02/26(日) 21:24:27 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
ようこそです。
>最後ドジャーだちはどうなったんだろうっていうのも気になるんですけども・・。
確かにそうですよね。 ディケンズの作品って主人公は最初は不幸なんですが最後は幸せってパターンが多いんですが、それも描かれ切ってないって気がするし。。。

こんばんは

  1. 2006/02/26(日) 21:07:55 
  2. URL 
  3. goma 
  4. [ 編集 ] 
どうもTBサンクスです。
個人的には楽しめましたが、結構いまいちっていう人多いですね~。一緒にいった友達もかなり冷めた感想でしたw。

ドジャー役のハリー・イーデンくんがめっちゃ将来有望だと思いましたわー。最後ドジャーだちはどうなったんだろうっていうのも気になるんですけども・・。

んじゃまた。

レスです。

  1. 2006/02/26(日) 20:57:44 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
さわわさん。
ようこそです。 きっとさわわさんは少年の様に純粋なんでしょうね。 少年の自分からの意志と言う物が見えて来なかったのが残念でした。 今は昔の作品も見れる時代に入って来ましたので、どうぞ昔の物に触れてみて下さい。 昔臭くなく、返って新鮮かもしれませんよ!!

ルーピーQさん。
コメントありがとうございます。 TBだけさせて頂いて逃げ帰って来ている現状です。(汗汗。。。)
観始めは結構物語りに吸い込まれましたが、だんだんストーリーの運びが陳腐なものに見えて来てしまいました。

TB有難うございます。^^

  1. 2006/02/26(日) 13:31:35 
  2. URL 
  3. ルーピーQ 
  4. [ 編集 ] 
>素直に心に響かない…って同感です。
決して悪い作品ではないと思うのですが、いまひとつといった印象でした。
そんな中でベン・キングスレーは異彩を放っていましたね~

こんばんわ

  1. 2006/02/26(日) 02:55:28 
  2. URL 
  3. さわわ 
  4. [ 編集 ] 
初めましてTBありがとうございました★
個人的には好きな作品なのですが・・厳しい意見が多い作品ですよね。
さわわは古い方の映画とか演劇とか観てないので比較できないのですが、
昔のものも観てみたいなぁと思いました~


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

映画DVD「オリバー・ツイスト」

  1. 2006/07/17(月) 18:39:13 |
  2. 時評親爺
週末にどかっと買い込んだ新作DVD6本から、まずは『オリバー・ツイスト』と『Sin City』を観たのだが、後者はいわゆる3話オムニバス形式で、それぞれが微妙に一部リンクしていたりと不肖にはイマイチ掴み所に迷う内容であったのでレビューをパスして、前者の大

東京国際映画祭「オリバー・ツイスト」鑑賞

  1. 2006/02/28(火) 00:44:07 |
  2. エモーショナル★ライフ
映画祭の最後の予定映画「オリバー・ツイスト」を見てきました。 戦場のピアニストのロマン・ポランスキー監督の新作です。 映画祭のメイン会場は文化村に移ったので、 最後の2日間は渋谷通いです。 上映前に主役を演じるバーニー・クラーク君11歳と プロデューサーの

オリバー・ツイスト

  1. 2006/02/27(月) 21:52:15 |
  2. It's a Wonderful Life
過去に何度もテレビや映画化されているチャールズ・ディケンズの物語。1968年に製作されたキャロル・リード監督のミュージカル「オリバー!」はアカデミー作品賞・監督賞、他数部門を受賞している作品でマーク・レスター(オリバー)とジャック・ワイルド(...

『オリバー・ツイスト』

  1. 2006/02/27(月) 20:51:56 |
  2. 金食う虫たち
昨日、試写で『オリバー・ツイスト』を観て来ました瞳の綺麗な人って 絶対心も純粋で、優しいような気がしませんか?この映画の題名にもなっている「オリバー・ツイスト」本当に純粋な心を持つ、優しい男の子…このオリバー役を演じているバーニー・クラーク君の瞳の綺麗だ

映画「オリバー・ツイスト」

  1. 2006/02/27(月) 16:12:09 |
  2. ミチの雑記帳
映画館にて「オリバー・ツイスト」★★★☆ロマン・ポランスキーがディケンズの名作を映画化。「アカデミー賞」だの「感動大作」だのおすぎの絶賛だの、あまり耳に入れないようにしていたのだけど・・・。原作を知らないので、オリバーを次々と襲う運命から目が離せない。こ

オリバー・ツイスト

  1. 2006/02/27(月) 04:15:19 |
  2. 八ちゃんの日常空間
「アカデミー賞最有力候補」のどれもが結局ノミネートされていない、いつもどおりの宣伝でしかないこのうたい文句。結局のところ、素敵な映画なのだが、歴史に残るような名作にはなりえないだろう。ただ、八ちゃんのツボにははまらなかっただけなのだろうか…、心に残らない

★「オリバー・ツイスト」

  1. 2006/02/27(月) 02:45:52 |
  2. ひらりん的映画ブログ
本日二本目の映画・・・おすぎがCMやってるのでちょっと怪しいが・・・何度も予告編見ているので、大丈夫かと・・・

『オリバー・ツイスト』

  1. 2006/02/27(月) 00:44:01 |
  2. Speak &amp; Run -revenge-
何でしょう、若干期待しすぎたかな…と、思いましたが… 物凄い睡魔と闘いながら半分は意地で観に行ったので、そのせいもあるかもしれません。 あ、映画がつまらなくて眠くなったのではなくて、観に行く前の段階で既に眠かったと言う意味です、念のため(笑)。 淡々とスト

『オリバー・ツイスト』

  1. 2006/02/26(日) 23:28:21 |
  2. 異国映画館
2005年 イギリス チェコ フランス イタリア 公開日:2006/01/28 劇場鑑賞06/01/28 &amp;nbsp; &amp;nbsp; &amp;nbsp; &amp;nbsp; &amp;nbsp; オリバー・ツイスト &amp;nbsp; 監 督 :

オリバー・ツイスト

  1. 2006/02/26(日) 22:09:41 |
  2. cinema capsule
誰もが知ってるディケンズの名作を、意外にも?!ロマン・ポランスキーが映画化。オリバー役、バーニーくんの憂いを帯びた瞳が素晴らしい。★「オリバー・ツイスト」2005年フランス・イギリス・チェコ監督:ロマン・ポランスキー出演:ベン・キングスレー   ジェイミ

『オリバー・ツイスト』 

  1. 2006/02/26(日) 21:51:30 |
  2. 京の昼寝~♪
涙のあと、幸せはやってくる。■監督 ロマン・ポランスキー■脚本 ロナルド・ハーウッド■キャスト ベン・キングスレー、バーニー・クラーク、ハリー・イーデン、ジェイミー・フォアマン□オフィシャルサイト  『オリバー・ツイスト』  19世紀のイギリス。 救貧院

『オリバー・ツイスト』 8.5P

  1. 2006/02/26(日) 21:04:17 |
  2. OL映画でいやし生活
私的オススメ度:8.5P友達から試写会のチケットもらったので、平日の夜に映画行ってる場合でもないんですが、行ってきちゃったいました。【STORY】9歳の孤児オリバー・ツイスト(バーニー・クラーク)は、救貧院で労働に従事していたが、夕食の席で「おかわ...

オリバー・ツイスト/ Oliver Twist

  1. 2006/02/26(日) 20:47:52 |
  2. 我想一個人映画美的女人blog
61年生きてきて良かった!とか何とか、&quot;おすぎ”がまた叫んでた。。。{/hiyo_shock2/}お金いっぱいもらっといてそんなこと言われたってね~。これまでも数回映画化されている、文豪チャールズディケンズの名作を「ローズマリーの赤ちゃん」「戦場のピアニスト」のロマ

オリバー・ツイスト

  1. 2006/02/26(日) 17:40:21 |
  2. 5125年映画の旅
この時期になると必ず出てくる『本年度アカデミー賞最有力』の作品達。こいつらは一体何を根拠にそんな事を言っているのだろう?だいたい『ミュンヘン』なんてアメリカ公開前からそんな事を言ってたぞ。『オリバー・ツイスト』の場合は、監督のロマン・ポラン....

「オリバー・ツイスト」

  1. 2006/02/26(日) 16:24:50 |
  2. てんびんthe LIFE
1月17日「オリバー・ツイスト」九段会館で鑑賞こういうじっくり見る作品は九段会館では見たくなかったけど仕方ありません。このところ九段会館続きですが、私の好きなシートはどうも寒いんです。風邪引きそうなほど。冷風がふわーっと来る。この試写状、他のは当たらなく

■オリバー・ツイスト

  1. 2006/02/26(日) 13:31:09 |
  2. ルーピーQの活動日記
救貧院に連れて来られた孤児・オリバー・ツイスト(バーニー・クラーク)は、腹を空かせた皆を代表しておかわりを要求し、追放処分になってしまう。一旦は葬儀屋に奉公させられるが、不当な仕打ちに耐え切れず逃げ出した。行く当てもないオリバーは、遥か彼方のロンドン

オリバー・ツイスト

  1. 2006/02/26(日) 12:39:57 |
  2. ひとりごと
今回のレビューはちと辛口かもしれません。天涯孤独の小さな少年、オリバー・ツイストの波乱万丈の物語。チャールズ・ディケンズの原作を読んだことはないし、過去にミュージカルとして映画化された「オリバー!」も未見です。この映画は、分類としては「いい話」なんでしょ

純粋に生きることの美しさ◆『オリバー・ツイスト』

  1. 2006/02/26(日) 11:39:15 |
  2. 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
1月31日(火)TOHOシネマズ木曽川にて19世紀・英国で孤児として育った9歳のオリバー少年(バーニー・クラーク)。わずかな食事のおかわりを求めたばかりに救貧院を追放された彼は、奉公先でも理不尽ないじめに遭い、とうとうそこを逃げ出してしまう。オリバーが目指したの...

オリバー・ツイスト

  1. 2006/02/26(日) 09:24:08 |
  2. 悠雅的生活
オリバーを守ってやりたい

シネマ日記 オリバー・ツイスト

  1. 2006/02/26(日) 08:07:00 |
  2. skywave blog
制作費80億円、19世紀のロンドンを再現。室内のシーンは、薄暗く重厚な英国の雰囲気満点。映像のリアリティと美しさは、さすが「戦場のピアニスト」のポランスキー監督。そ

『オリバー・ツイスト』

  1. 2006/02/26(日) 08:05:40 |
  2. 映像と音は言葉にできないけれど
チャールズ・ディケンズの名作をイギリス・チェコ・フランス・イタリア合作で映画化した作品です。何を差し置いてもロマン・ポランスキーが監督したとあっては、見逃すわけには行きません。

オリバー・ツイスト☆独り言

  1. 2006/02/26(日) 08:05:14 |
  2. 黒猫のうたた寝
ディケンズの『オリバー・ツイスト』って、たぶん小学校のときに読んでるはず孤児の少年 ロンドン 少年スリの集団 彼らの親玉のフェイギンじーさん断片的な記憶が残ってるんですけど^^;微妙に忘れてたりして、、、ポランスキー監督と、こんな正統派名作 ど...

行き倒れのプロのお話 「オリバー・ツイスト」

  1. 2006/02/26(日) 05:17:34 |
  2. 平気の平左
評価:45点オリバー・ツイスト監督:ロマン・ポランスキー出演:バーニー・クラーク  ベン・キングズレー東京国際映画祭特別招待作品。2006年正月第2弾ロードショーらしいです。東京国際映画祭では、バーニー・クラークが舞台挨拶に来ました。まぁ、可愛いんですけ

「オリバー・ツイスト」

  1. 2006/02/26(日) 03:11:23 |
  2. ば○こう○ちの納得いかないコーナー
誕生から70周年記念という事で、デジタル・ニューマスター版「風と共に去りぬ」が上映されていたのを先だって見て来た。数多くの映画を見て来たが、未だに一番好きなこの作品。もう20回近く見たというのに、それでも又見たくなってしまうのだから、病膏肓に入るとはこの

映画「オリバーツイスト」 まもなく公開終了

  1. 2006/02/26(日) 03:00:05 |
  2. bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ
映画「オリバーツイスト」観られましたか?アカデミー賞受賞の「ロマンポランスキー監督」作品で見ごたえは充分です。原作が有名なので知っている方には映像を堪能していただきたいです。少年「オリバーツイスト」を取り巻く人々の人間ドラマがしっかり描かれています。「オ

オリバー・ツイスト

  1. 2006/02/26(日) 02:49:57 |
  2. だらだら映画・和日和
満足度★★★☆☆だてに制作費80億円かけてません!!見事に作られた19世紀・ロンドンの町並みに童話のような物語。思った程の感動はないけれど、かわいらしい子ども達の姿に

オリバー・ツイスト

  1. 2006/02/26(日) 01:52:04 |
  2. 色即是空日記+α
試写会行ってきました。期待しすぎたかもしれません。 私が冷酷だからかもしれません。感動の涙は流れませんでした。&nbsp;&nbsp;文豪チャールズディケンズの名作を ロマン・ポランスキー監督が映画化。 今年度アカデミー賞最有力!! というふれこみで、おす...

「オリバー・ツイスト」   Oliver Twist

  1. 2006/02/26(日) 01:04:35 |
  2. 俺の明日はどっちだ
産業革命の急激な進展によって貧富の格差が増大し、さまざまな矛盾がありながら社会的に意識されきれていなかった1800年代のイギリスを舞台としたチャールズ・ディケンズの小説を、ロマン・ポランスキー監督が新たに映画化した「オリバー・ツイスト」。そうした社会背景はし

オリバー・ツイスト 【2005年】

  1. 2006/02/26(日) 00:47:57 |
  2. こっちゃんと映画をみまちょ♪
アメリカやイギリス人なら誰でも読むと云われていたらしい文豪チャールズ・ディケンズの原作をモトに作られた映画『オリバー・ツイスト』。そんな原作を「今で言うならロード・オブ・ザ・リング」と言い切った水野晴郎。え?その例えってアリ?さてさて、ミュージカル「オリ

オリバー・ツイスト

  1. 2006/02/26(日) 00:28:39 |
  2. ネタバレ映画館
 JRの列車に乗ったときによく耳にするメロディ「鉄道唱歌」(作曲:多梅雄)を思い出してしまうテーマ曲。列車に乗ることができればオリバーも疲れなかったろうに・・・

オリバー・ツイスト OLIVER TWIST

  1. 2006/02/26(日) 00:22:28 |
  2. travelyuu とらべるゆう MOVIE
チャールズ・ディケンズ原作 ロマン・ポランスキー監督ベン・キングズレー、バーニー・クラーク主演19世紀英国で孤児として育ったオリバーが救貧院を追放されロンドンに出てスリのフェイギン一味に加わります仲間とスリに出かけ ブラウンロー氏と知り合いますがオリバーの

「オリバー・ツイスト」

  1. 2006/02/26(日) 00:12:40 |
  2. 試写会帰りに
厚生年金会館にて「オリバー・ツイスト」試写会。 チャールズ ディケンズの原作。「戦場のピアニスト」で2002年のカンヌ映画祭パルムドール、アカデミー監督賞を受賞したロマン・ポランスキー監督最新作。 オリバー・ツイスト〈上〉 オリバー・ツイスト〈下〉 原作は未読

映画祭で 『オリバー・ツイスト』

  1. 2006/02/26(日) 00:02:51 |
  2. Brilliant Days
『オリバー・ツイスト』 監督:ロマン・ポランスキー 出演:バーニー・クラーク、ベン・キングズレー 2005年 英.チェコ.仏.伊 東京国際映画祭特別招待作品 於 渋谷Bunkamuraオーチャードホール 「戦場のピアニスト」から3年・・ ロマン・ポランスキーが今回はイギ




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。