大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

アンテナ

  1. 2006.02.08(水) _20:22:40
  2. 日本映画
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
dv0557.jpg人気作家、田口ランディの同名小説を映画化。大学生の祐一郎は、幼い頃に妹が失踪した記憶をぬぐえずにいた。ある日、実家に戻った彼は、奇行を繰り返す母や弟にやるせなさを感じる。やがて祐一郎はSMの女王ナオミに救いを求め、自分のトラウマと向き合うことに。

主演の加瀬亮君が気になり見ました。 いやぁ、細い体に痛々しさが滲み出ています。 確かに彼の演技あってこその映画かも。  辛い家族を実に辛く描いて、観ていてやるせなさが、、、 田口ランディの作品って読んだ事がありません。 原作を読めば少しは、この映画が解るでしょうか? 弟はなぜにあそこまでになるのか?  最後まで何が本当なのか、解らなかったし、あれで祐一郎本人は心が開放されたのでしょうか? 麻丘めぐみさんが懐かしかった。 今は演技指導する立場で働いているらしい。 中々良い味出していた! 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

edit

<<フライトプラン | BLOG TOP | 運命じゃない人>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。