大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

ボーン・スプレマシー

  1. 2005.02.20(日) _23:56:17
  2. 洋画【は行】
  3.  トラックバック:8
  4.  コメント:2
20050219235214.jpg原題:THE BOURNE(限界・境界・行き先・目的) SUPREMACY(至高・最高・主権・最高位)の意。 観てみると成る程と思うこの題名。 ボーンは主人公の名前と掛けてるし、やっていることは限界に近いし、スプレマシーは隠れ悪がしがみついているものだしって事で、まぁなかなか面白く観れます。
でも最初は内容が良く把握出来なく、話が進んで行く上で分かったりして来る。  
ボーン君は元CAIエージェントで頭が切れ、物を良く知って、機転が利き、身体も鍛えていて、ホント感心する人物です、相変わらず。。。 今回はロードの豪俳優カール・アーバンが悪役なんだけど、良い味出してます。 前作のクライブ・オーエンも良かったけど。。。 自分とすればカーアクションは派手でそこまで見せなくともって感じだが、男性は丁度良いのかも知れない。 ジョアン・アレンがカッコいいのよ!! 憧れちゃう。 
前回出ていたメイン・キャストがかなり死に至るので、次回作の予定は無いのかなぁ? 事務官のダニー役ガブリエル・マンも姿を消し、残念。 心の中ではきっと負傷になって生還すると期待してたけど、駄目だったわ~。
もう一人も死体が発見されてなかったので、次で出てきたりして、3もありえるかな~?なんて思い巡らすのも楽しかったりするの、この作品。<<
edit

<<芸能界の子等 | BLOG TOP | 日本アカデミー賞>>

comment

こちらも出来たよ♪

  1. 2005/02/20(日) 20:06:39 
  2. URL 
  3. ブライス 
  4. [ 編集 ] 
ogasaさん、FC2は使い勝手が良いのよ~。紹介頂いて感謝ですぅ。さてogasaさんが誰の写真にするかな? ショーンかな??

わ~い!

  1. 2005/02/20(日) 19:49:56 
  2. URL 
  3. ogasa 
  4. [ 編集 ] 
トラバができるようになりました!ブライスさんどうも有難う。このテンプレートもステキですね。ベタニーの写真も綺麗。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

「ボーン・スプレマシー」~静かなる男ボーン

  1. 2005/07/28(木) 19:25:43 |
  2. お茶の間オレンジシート
 2004年監督/ポール・グリーングラス出演/マット・デイモン ジュリア・スタイルズ フランカ・ポテンテ記憶をなくした元CIAのエージェント、ジェイソン・ボーンの第二作目。インドに潜んでいたが恋人を亡くし、自らの過去の足跡をたどり、イタリア・ドイツ・モスクワ...

生誕26周年記念

  1. 2005/05/22(日) 18:12:21 |
  2. The Final Frontier
 Deannaは2日前に26歳になりました。誕生日だというのに彼はお仕事。こんなにみじめな誕生日は26年間生きてて初めてだった。 仕方がないので私は1人で気を紛らわせるために映画館へ。『きみに読む物語』と『ボーン・スプレマシー』の2本立てを敢行。『きみ読む…』は、原

#2:ボーン・スプレマシー(試写)

  1. 2005/03/14(月) 16:54:21 |
  2. (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
KAZZのこの映画の評価久々にパート2で、面白い映画に巡り逢えました今年の2本目は、マット・デイモン主演”ボーン・スプレマシー&quot;前作”ボーン・アイデンティティ”を見に行って、面白いと思った方は是非、見に行って下さい!お勧めです間違いないっ!珍し...

ボーン・スプレマシー (映画館)

  1. 2005/03/11(金) 16:18:19 |
  2. ひるめし
『愛の終わりは、戦いの始まり』3/3~3/18の間、いつも行ってるチネチッタがWポイントキャンペーンを開催してるじゃないですか!この機会を逃すわけにはいけないわ!!と思い、映画選びをしていてこの時期はあまり観たい映画はやってなく悩んだすえ「ボーン・スプレマシー」

脚本レビュー「ボーン・スプレマシー」

  1. 2005/03/02(水) 11:22:42 |
  2. 独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板
映画『 ボーン・スプレマシー (2004)』は、『ボーン・アイデンティティー (2002)』の続編。ロバート・ラドラム著のボーン三部作「暗殺者 The Bourne Identity」(新潮文庫)「殺戮のオデッセイ The Bourne Supremacy 」(角川文庫)「最後の暗殺者 The Bourne Ultimatum 」

「ボーン・スプレマシー」

  1. 2005/02/24(木) 22:53:49 |
  2. ひらりん的映画ブログ
マッド・デイモン主演の「ボーン~」シリーズ第二弾。なんじゃ「~プレマシー」って・・・車の名前みたいーーーー。と思っていたら、「スプレマシー」でした。それでも「スプレマシー」って何っ?なひらりん。調べたら・・・・至高・至上・最高位・主権とか・・・この場合は

過去を捨たジェイソン・ボーンを狙う影 The Bourne Supremacy

  1. 2005/02/22(火) 17:23:09 |
  2. Audio-Visual Trivia for Movie & Music
The Bourne Supremacy ポール・グリーングラス監督がドキュメンタリータッチで撮ったボーン・アイデンティティー続編

極悪非道は良かった。

  1. 2005/02/20(日) 19:40:46 |
  2. samcoi cinema
「ボーン・スプレマシー」のポール・グリーングラス監督は「ルパート・グレイブスの極悪非道」(1994)も撮っているようで、あれは中々面白かったです。「スプレマシー」も水中の恋人のシーンは良かったし結構ロマンチストなんでしょかね。カオスの演出は引き受けないで、ロ




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。