大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

リンジー・スターリング/Lindsey Stirling &テイラー・デイビス/Taylor Davis

  1. 2014.11.29(土) _22:16:07
  2. 音楽
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
彼女たちはは先のダイアナ・クラーレのYou Tube を聞く際に最初に出て来るCMでお目にかかった。

リンジー・スターリングは
ファンタジーストーリーやゲームに登場する人物のコスプレをして、バレリーナのように踊りながら、
ヘビーメタルギタリストのようにバイオリンを早弾きする美女。
2010年にアメリカの有名オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』へ
出演を果たして話題を呼び、2012年にアルバム『Lindsey Stirling』でデビューした、
カリフォルニア出身のリンジー・スターリングの名前を、すでにご存知の方も多いだろう。
打ち込みサウンドにバイオリンをミックスした、「バイオリン・エレクトロニック・ダブステップ」
という独自のスタイルを生み出し、アルバム発表前から30万以上のダウンロードを記録、
iTunesのデジタル・エレクトロニック・チャートのトップ10に入るなど、
すでに知る人ぞ知る存在となっているからだ。

そのCMとは「Dragon Age」エレクトロニック・アーツが2014年11月24日にコンシューマ機版の
発売を予定しているRPG「ドラゴンエイジ:インクイジション」。
私は映画のCMと思っていたが、ゲームのCMだったが、ゲームでも今は優れている映像とその音楽。
一目で魅了された。 ヴァイリンによる音楽はジプシー音楽に通じている感じがした。
調べてみると、ロックヴァイリンの演奏もあるようで、どれもドラマチックで力強く興味深い。
また知らない音楽の世界が広がった気がする。
リンジー・スターリングは小柄で可愛く、ヴァイオリンを弾きながら小気味よく踊りも踊ったりする。
それも見ていて楽しい。 またyou tubeを聞く機会が増えて困ってしまう。

また同じ様にテイラー・デイビスと言う米国生まれで25才の新進気鋭の若手ヴァイオリニストもいます。
Taylor Davisさんが奏でる『The Last of Us』メインテーマも興味深い。
これまでにも多数の人気ゲームや映画作品のテーマソングをバイオリンで奏でた映像を公開してきた。
こっちは踊りません、ヴァイオリンの王道を行ってます。
任天堂のゲーム『ゼルダの伝説』 のテーマも弾いているようです。

スポンサーサイト
edit

ダイアナ・クラール/ DIANA KRALL

  1. 2014.11.29(土) _21:46:26
  2. 音楽
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
最近たまたまテレビを見ていたら、バックに流れる彼女の歌を聞いて、
ボサノヴァ好きな私を虜のしたその声と歌い方。
ゆっくりだとメランコリーになるかと思いきや違うんですね、癒されるんです。
その歌い方と声に!!  調べてみたら下記の様に実力者であったりしたんですね。
今は毎日通勤の電車でユーテューブで聞いてます。
「The Look Of Love」「Fly Me To The Moon」「Just The Way You Are 」「Autumn Leaves」
の人気曲がやはり最高。 皆感じる事は同じなんだよね、世界共通。

1964年11月16日  ただ今50歳。
カナダ生まれの女性ジャズ・ピアニスト、歌手。1990年代以降に最も成功したジャズ歌手の一人。

ダイアナ・クラールはカナダのナナイモ(ブリティッシュコロンビア州)に住む音楽一家に生まれ、
4歳でピアノを習い始める。幼い頃に家族と一緒にバンクーバーに転居、高校の小さなジャズバンドで
活動を始めた。15歳の時、ナナイモのレストランでピアノ演奏を始める。

17歳になってからはバンクーバー・インターナショナル・ジャズ・フェスティバルの奨学金を得て、
ボストンにあるバークリー音楽大学に入学、卒業した。
バークリー音楽学院では、当時同級生に小曽根真がいた。

ナナイモでクラールの演奏を聞き興味を持った著名なベース演奏者、レイ・ブラウンと出会い
ロサンゼルスに行かないかと誘われる。それを承諾したクラールはロサンゼルスへと旅立ち、
ピアニストのジミー・ロウレスと出会い、歌い始めた。
ロサンゼルスでは、さまざまなミュージシャンからの影響を受けるとともに、
プロデューサーとの出会いも経験することになる。1990年にはニューヨークへ転居している。

2003年12月にイギリス生まれのミュージシャン、エルヴィス・コステロと結婚。
2006年12月には最初の子供(双子の男の子)を出産したとの事。

edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。