大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

平均寿命

  1. 2011.07.27(水) _22:19:33
  2. 雑感
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
WHO 平均寿命ランキング・男女国別順位(2011年)
世界の平均寿命は、男性が66歳、女性が71歳、男女平均が68歳。
日本人の平均寿命は、男性が80歳、女性が86歳、男女平均が83歳。
最も平均寿命が短いのはマラウイの47歳で、日本と36歳も差がある。

この統計はWHO加盟国193カ国を対象としている。

順位 国名 平均寿命
(男女)(歳) 順位  世界平均 68 歳

1 日本      83
1 サンマリノ     83  サンマリノ共和国(サンマリノきょうわこく)、通称サンマリノはイタリア半島の中部に位置する共和制国家。首都は国名と同じくサンマリノ市。周囲は全てイタリアで、世界で5番目に小さな国(ミニ国家)である。また、現存する世界最古の共和国である。

3 アンドラ     82  アンドラ公国(アンドラこうこく、カタルーニャ語: Principat d'Andorra)、通称アンドラは、ピレネー山中にあり、フランスとスペインに挟まれた国家。フランス大統領とスペインのウルヘル司教を国家元首とするミニ国家である。首都はアンドラ・ラ・ベリャ。

3 オーストラリア 82
3 アイスランド 82
3 イスラエル 82
3 イタリア  82
3 モナコ    82
3 シンガポール    82
3 スペイン      82
3 スイス    82

ワースト

178 カメルーン 51
178 ソマリア 51
180 ブルンジ 50  ブルンジ共和国(ブルンジきょうわこく)、通称ブルンジは、中部アフリカの内陸に位置する国家。ルワンダ、コンゴ民主共和国、タンザニアと国境を接している。多数派のフツと少数派のツチの間で対立があり、1962年の独立以降たびたび衝突し、1993年には内戦にまで発展している。

180 コートジボアール 50
182 コンゴ民主共和国 49
182 ギニアビサウ 49    ギニアビサウ共和国(ギニアビサウきょうわこく)、通称ギニアビサウは、西アフリカに位置する共和制国家。北にセネガルと、南と南西にギニアと国境を接し、西は大西洋に面する。首都はビサウ。
1446年にポルトガル人が上陸し、南北アメリカ大陸への奴隷貿易の中継地となった。1879年にポルトガル領ギニアが単独でポルトガルの植民地となった。1963年から独立戦争を戦い、ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党が国土の3/4を解放して1973年9月24日に独立を宣言し、アフリカで唯一の独立勢力が宗主国に一定の勝利を収めた国家となった。独立は1974年9月10日に承認された。独立後、1990年代以降は内戦が勃発し、軍の反乱やクーデターが頻発するなど不安定な政治が続き、経済的にも依然として世界最貧国の一つである。独立後の現在も公用語はポルトガル語であり、ポルトガル語諸国共同体、ポルトガル語公用語アフリカ諸国に加盟している。アフリカ大陸では比較的面積の小さい国の一つである。

182 モザンビーク 49
182 シエラレオネ 49   シエラレオネ共和国(シエラレオネきょうわこく)、通称シエラレオネは、西アフリカの西部、大西洋岸に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。北にギニア、南東にリベリアと国境を接し、南西は大西洋に面する。首都はフリータウン。
奴隷制から解放された黒人達の移住地として1808年にイギリスの植民地となり、1961年に独立した。かつて、約10年近く続いた内戦により、世界で最も平均寿命が短い国の一つとなっていた(現在は平均寿命を延ばしたので違う)。

182 スワジランド 49
182 ジンバブエ 49
188 アフガニスタン 48
188 中央アフリカ共和国 48
188 チャド 48 チャド (Chad) はサハラ地方の内陸国。国境はナイジェリア、ニジェール、リビア、カメルーン、中央アフリカ、スーダンと接している。

188 レソト 48    レソト王国(レソトおうこく、ソト語: Mmuso wa Lesotho、英語: Kingdom of Lesotho)、通称レソトは、アフリカ南部に位置する立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。周囲を南アフリカ共和国に囲まれた、世界最南の内陸国である。首都はマセル。1966年にイギリスから独立した。非同盟中立を宣言している。 HIV(俗に言うエイズウイルス)感染者が1990年代以降激増、国民の約1/4がHIV感染者である。そのため、1990年には220万人あった人口が、2006年には180万人と激減。平均寿命は60歳から35歳になっており、農業生産も減り続けている。1966年の独立直後から教育、特に初等教育に力を入れており、女性の識字率は2001年時点で90.3%に達する。しかし、男性の識字率は71.3%にとどまっている。これは男子児童が放牧の労働力として組み込まれていることによる。女性の識字率が男性を上回るのは他に例が少ない。

188 ザンビア 48
193 マラウイ 47   マラウイ共和国(マラウイきょうわこく)、通称マラウイは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。 世界最貧国の一つである。

先進国と言うより平和な国が平均寿命が長く、
戦争、特に内戦が続いている国、及びそれによる衛生面と食糧難での子供の死亡がある故の
アフリカ各国の平均寿命が短く、実に胸が痛む。
ニュースは日本の平均寿命しか発表しないと言う片手落ちで、
平均寿命が短い国の事情を日本人が考える機会さえも奪ってしまっている。
新聞を読まない若者が多い中、せめてニュース位、考える機会を与えて欲しいなぁ~。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。