大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

シャネルとストラヴィンスキー

  1. 2010.10.23(土) _00:30:21
  2. 洋画【さ行】
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
シャネル&ストラヴィンスキー [DVD]シャネル&ストラヴィンスキー [DVD]
(2010/06/23)
マッツ・ミケルセンアナ・ムグラリス

商品詳細を見る


勿論私は大好きなマッツ・ミケルセン目当てで見ました。
やっぱ、良い男を演じさせたら、セクシーで大人の男って感じで堪りません。
でもこの作品での私の見所は、なんと言ってもイゴール・ストラヴィンスキーの「春の祭典」の音楽とその舞台。
革新的な不協和音に満ちた曲を作り出すイゴールの創造性と、それを表現するニジンスキーのバレエの舞台が何とも今まで見た事の無い感覚のもので、とても興味深かった。 実際には現代の人たちの作品ではあるのだが。。。
ロシア人作曲家に共通する?寒さと閉塞感から逃れる暗さの感情の放出の結果が、名作となり得るのかもと。。。
ここでは、不倫の形を取りますが。。。
最近シャネルの映画作品が放映されるも、手が伸びず今回が初の観賞。
ここ、かしこに見る事が出来るすべてのデザインが秀逸。 特に家の内装、調度品に目を奪われる。
次回はシャーリー・マクレーンが演ずる「ココ・シャネル」を見ようかな。
因に私は、若い頃からシャネルの19番を使っております。 匂いを変えられませんね。
エントランスの森のブランコも素敵。 監督はオランダ出身のフランスで活躍すているヤン・クーネン。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

edit

韓流ロマンスドラマ名作選 男の香り

  1. 2010.10.22(金) _01:17:24
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
4571218421001_200.jpg韓流ロマンスドラマ名作選 男の香り [DVD]
(2010/07/23)
キ・テヨンホン・スヒョン

商品詳細を見る


韓流ロマンスドラマ名作選 「男の香り」今上り盛りの若手俳優キ・テヨン君主演の単発ドラマです。
はっきり言って暗めです。韓国の単発ドラマは大体そうですが。。。
ファンにはいつもと違うテヨン君が見る事が出来るのでオススメです!!

出演 :キ・テヨン ホン・スヒョン

男の一途な愛が光る究極のラブストーリー。

【ストーリー】
父親が共産主義者のスパイとして処刑されたヨンウ(キ・テヨン)。
そして、財閥の御曹司で何でも思い通りになると思っているサンギュ(ジョン・ソヨン)。
ある日、暗い過去を持つ母親のために世間から冷たい目で見られているヘジュ(ホン・スヒョン)が転校してくる。
お互い辛い境遇にあるヨンウとヘジュはいつしか愛し合うようになるが、彼女は何も言わずにヨンウの前から姿を消してしまう。
数年ぶりに再会した二人だが、職も無いヨンウはヘジュの幸せのために別れを告げる。そして、ヘジュは罪を犯したヨンウを助けるためにサンギュの妻となる決心をするが・・・

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

蒼穹の昴 テレビドラマ

  1. 2010.10.18(月) _20:35:13
  2. 台湾・香港・中国映画/ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
06215987.jpg

NHKの地上波で、今「蒼穹の昴」がドラマ放送されてますので、
検索でこちらに来る方が多いので、書かせて頂きます。
はっきり言って今回のドラマと小説は別物です。
小説の方が遥かに世界が大きく描かれ、面白いです。
それぞれの人物の絡み方が全然違いますので、小説を読まれた方は
期待していた分、がっくりしているのでは。。。あくまでも推測です。
私の好きな李鴻章が出てこないのが、如何せん気に喰わないのですよね。
あまりにもドラマとはいえ、壮大な物語を短く脚本を書いてしまうのは、
難しいに違いないと思わせる、そのドラマの出来と私は思います。
違うとおっしゃる方も居るかもしれません。
このドラマで興味を持った方は、小説を是非読んで欲しいです。
そして清国の時代を満州族を感じて欲しいと思うのです。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

キム・ボヨン

  1. 2010.10.01(金) _20:52:13
  2. 韓国女優
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
1909176_convert_20101001205123.jpg

私この女優さん、大好きなんです。
声が大きくて、本音で話す役が多い。 歌が又うまい事。。。
元気が貰えるんです、彼女を見ていると。。。。
本音で話すから、腹を探らなくても良いので、自分を素直に出せるのですよ。
苦労人の韓国の母役の代表キム・ヘスクも好きで、この二人、私と大体一緒の年代。
「拝啓、ご両親様」での途中、彼女の演技に泣かされます。この二人の演技かな?
キム・ボヨンは70~80年代に全盛期を謳歌した銀幕のスターなんです。
数々の映画賞で主演女優賞を受賞し、現在も、演技力のある俳優として、ブラウン管やスクリーンで旺盛な活動を展開しています。 この若さと年下の旦那さん(チョン・ノミン氏 善徳女王でのミシルの若い愛人役の人)ゲットで、元気を若さを肖りたいです!!

■ドラマ出演作
黄金の魚 [ 황금물고기 ] (MBC,2010)
鴨緑江は流れる [ 창사특집 드라마 - 압록강은 흐른다 ] (SBS,2008)
恋愛結婚 [ 연애결혼 ] (KBS,2008)
ヨメ全盛時代 [ 며느리 전성시대 ] (KBS,2007)
雪花 [ 눈꽃 ] (SBS,2006)
ファン・ジニ [ 황진이 ] (KBS,2006)
どれだけ好きなの [ 얼마나좋길래 ] (MBC,2006)
スマイル・アゲイン [ 스마일 어게인 ] (SBS,2006)
拝啓、ご両親様  [ 부모님 전상서 ] (KBS,2004)
島の村の先生 [ 섬마을 선생님 ] (SBS,2004)
聖女と魔女 [ 성녀와 마녀 ] (MBC,2003)
千年の愛 [ 천년지애 ] (SBS,2003)
氷花 [ 얼음꽃 ] (SBS,2002)
この夫婦が生きる方法 [ 이 부부가 사는 법 ] (SBS,2001)
ミアリ一番地 [ 미아리 일번지 ] (SBS,1997)
チェドン [ 재동이 ] (SBS,1997)
隣の家の女 [ 이웃집 여자 ] (SBS,1997)
兄弟の河 [ 형제의 강 ] (SBS,1996)
第4共和国 [ 제 4공화국 ] (MBC,1995)  他多数出演

■受賞歴:
1995 第6回春史映画芸術賞/女優秀演技賞(犬のような日の午後)
1992 第3回春史映画芸術賞/女優秀演技賞(競馬場へ行く道)
1991 第2回 春史大賞映画祭/今年の女優助演賞(シルバースタリオン 銀馬将軍は来なかった)
1991 第12回青龍映画賞/助演女優賞(シルバースタリオン 銀馬将軍は来なかった)
1983 MBCソウル国際歌謡祭/金賞
1982 第21回大鐘賞映画祭/主演女優賞(コバン村の人々)
1978 第14回百想芸術大賞/TV部門新人賞
1978 第17回大鐘賞映画祭/新人賞(諸葛メンスニ)
1977 MBC演技大賞/新人賞

■映画出演作
ウォンタクの天使 [ 원탁의 천사 ] (2006)
デュエリスト [ 형사 Duelist ] (2005)
オオカミの誘惑 [ 늑대의 유혹 ] (2004)
あいつは格好よかった [ 그놈은 멋있었다 ] (2004)
下流人生-愛こそすべて- [ 하류인생 ] (2004) ※声の出演 他多数出演

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

拝啓、ご両親様

  1. 2010.10.01(金) _19:38:10
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
拝啓、ご両親様 DVD-BOX1拝啓、ご両親様 DVD-BOX1
(2009/08/05)
キム・ヒエホ・ジュノ

商品詳細を見る


はっきり言ってこの作品が今まで見た韓国ドラマで一番良く、好きかもしれない!!

群像劇が好きな私だが、今回イ・ドウンク君見たさに見ました。
実に自分の家庭と重なる所が多くじっくり物語に浸って見ています。
私はこのドラマ地味に扱われているけど、話が進むにつれ、実に色々考えさせられます。
人間の本来持っている感情は、皆一緒。 生まれ持った性格、生まれ持った家庭環境。
それらのものを、話の中で皆包括する秀逸な脚本。 唸ります!! 
ある種、自分の母としてのあり様を学んでいるようでもあります。
家庭の絆が深いと言う事は、父親の考えがしっかりしていてぶれない志を持っている事を改めて気がつかさせてくれる作品です。
「拝啓、ご両親様」と日記を付ける事は、第三者的に家族を見るのによい習慣かもしれない。
ご先祖様が居て、自分たちが生かされている訳で、報告と戒めの為に。。。
脚本は韓国ドラマ界の大御所、キム・スヒョン。
「母さんに角が生えた」の作家さんで、実にその作家の匂いがする作品です。
本作で2005年・第18回韓国放送作家賞ドラマ部門を受賞。 納得ですね。
日本にもこのような作品があっても良さそうなのに。。。
逆に橋田壽賀子先生「ただ今11人」から脚本のヒントを得てるかも?と思ったりもします。
または倉本聰先生脚本の『前略おふくろ様』辺りからも。。。
昔の日本のドラマ「ただ今11人」「七人の孫」(向田邦子、大島渚etc脚本)辺りの作品が懐かしい!!

母親役のキム・ヘスクが 6010547.jpg
2005年この作品でKBS演技大賞にて最優秀女優演技賞を受賞で、
これも納得です。 私は彼女と立場が一緒。子供4人の母。 旦那と散歩するのも。。。 
早く私も専業主婦になりたい。 私もたまに不貞寝する。 そうしないとやってられない現実がある。
キム・ヘスクは「ランラン18歳」で一番最初に出会った。
ユン・ソクホ監督作品の母親役の常連さんですね。 
「カインとアベル」では珍しく悪役で、演技の幅を見せつけられたようでした。

あらすじ・・・
「良心に恥じないよう」が口癖のアン教頭(ソン・ジェホ)と夫を尊敬するオクファ(キム・ヘスク)。
彼らには4人の子供たちがいる。 
長女のソンシル(キム・ヒエ)はチャンス(ホ・ジュノ)と結婚しスアとジュニをもうける。
自閉症のジュニと悪戦苦闘するが、チャンスはその苦労を横目に浮気をしていた。
長男で銀行員のジファン(チャン・ヒョンソン)は大学の後輩のアリと交際しているが、貧しい家の長男であることが負い目になり、結婚に踏み切れない。
次男のジョンファン(イ・ドンウク)は兵役を終えても大学に復学しようとはせず、5億ウォンを貯めることあけくれている。   
様々な問題を抱えるアン一家だが、家族は深い絆で結ばれていた。

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。