大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

アウグスト・ディール

  1. 2010.08.14(土) _23:59:02
  2. 気になる俳優
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0

「イングロリアス・バスターズ」
movie-ad1.jpg 
「ヒトラーの贋札」
0915_0004.jpg
「ソルト」
07_convert_20100814234437.jpg

最近映画に顔を出す様になったので取り上げます。
今日見た「ソルト」にアンジェリーナ・ジョーリー演じるイヴリン・ソルトの夫役。
今回あまり出演場面が多くはありませんが、ファンとしては嬉しいですね。
しかし出番が少ないせいか、各映画紹介ではキャスト表にも出て来ません。(涙)
優しい表情は、アップでは拝めるのですが、これでファンに?って方は少ないでしょう。
上の写真の「イングロリアス・バスターズ」での演技の方が一般には印象に残っている筈。
「ヒトラーの贋札」は第80回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した作品で、
ディールは原作者アドルフ・ブルガーの役を演じてます。歴史が垣間見れる作品です。

August Diehl , 1976年1月4日生まで、34歳ですね。ドイツのベルリン出身の俳優。父は俳優のハンス・ディール、母は衣装デザイナー、妻も女優。

【日本で鑑賞可能な作品】
1998 映画 23 トゥエンティースリー / 23
2001 映画 ラブ・ザ・ハード・ウェイ 疑惑の男 / Love The Hard Way
2002 映画 タトゥー / Tattoo
2003 映画 アナトミー2 / Anatomie 2
2004 映画 青い棘 / Was Nutzt Die Liebe In Gedanken
2004 映画 9日目 / Der Neunte Tag ※2005年 ドイツ映画祭のみの上映
2006 映画 もうひとりの女 / Ich Bindis Andere
2007 映画 ヒトラーの贋札 / Die Falscher
2008 映画 ブッデンブローク家の人々 / Boddenbrooks ※2009年 ドイツ映画祭のみの上映
2009 映画 イングロリアス・バスターズ / Inglourious Basterds
2010 映画 ソルト / Salt
スポンサーサイト

テーマ:俳優・男優 - ジャンル:映画

edit

ソルト

  1. 2010.08.14(土) _21:14:58
  2. 洋画【さ行】
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
salt_2_1a.jpg

アンジェリーナ・ジョリーとフィリップ・ノイス監督が、「ボーン・コレクター」以来となるタッグを
組んだスパイ・アクション。
あまり期待はしてなかったけど、中々楽しんで見れましたよ。
アンジーが強くてカッコいいですね!! 細かい事に捕われる暇なく、どんどん話が進みます。
冷戦後の米ソ関係。 現実にでも最近あったニュースの通りスパイ合戦なんだろうなぁ~って。。
アンジーの旦那さん役で大好きなドイツの俳優のアウグスト・ディ-ルが出て来てびっくり。
この間ブラピのタランティーノ監督作「イングロリアス・バスターズ」にドイツ将校役で出ていて、
これでも、珍しいなぁ、(ドイツの内容の映画だから不思議はないけれど)こんな大作に出てって
思っていたら、今回ブラピの奥さんの「ソルト」に出ていたので
ビラピ夫妻と仲が良いのか?と映画を見ながら思ってたりしたのです。
それとホワイトハウスでソルトが拘束され、FBIの取調べのためにヘリで移動するんですが、
なぜか冬のポトマック川を通ります。ホワイトハウスからFBI本部なんて、すぐ近くな筈? 
映画の為?にニューヨーク、ボストン、ワシントンDCと旅行した甲斐がありました。
見た、感じたアメリカが映画の画像として出てくるのは、もう一つの楽しみでもあります。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

edit

愛の記憶

  1. 2010.08.13(金) _20:52:59
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
愛の記憶 [DVD]愛の記憶 [DVD]
(2007/07/25)
ソ・ドヨン.イム・ソンオン

商品詳細を見る


ソ・ドヨン君が出ているので見ました。
韓国ドラマにありがちな、7歳の時に母に捨てられ、その記憶を消そうとしたために、
健忘症になってしまう記憶喪失関係の物語。
このドラマは背景の美しさが秀逸。 主人公の女の子のファッションも見物。
そしてソ・ドヨンの困った顔と笑顔と絵が、勿論素敵。
でも、それだけ!! なぜにそうしてしまっているのか?
これからの若い人の芽を摘まないで欲しい韓国ドラマ!!
最後が悲しすぎるでしょ~、なぜそんな風に物語を持っていくかなぁ~
の出来でとっても納得が行かない。 
行き過ぎるストーリーエンドに不満で残念で堪らない。

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。