大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

パク・ソニョン

  1. 2009.07.19(日) _13:04:15
  2. 韓国女優
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
park.jpg

「オー!必勝」で彼女を知った。 オ・ピルスンを見守る眼差しに、上手いなぁと思った。
こっちのカップルに光を!と思ったりもしたが、原題が「必勝!ポン・スニョン」な訳だから
ドラマも彼女の役回りもあそこまでで終わってしまったのだろう。 
2004年 KBS演技大賞 優秀賞・ベストカップル賞をアン・ジェウクと共に受賞、
そしてその演技で優秀女優演技賞を受賞って事だから演技が上手いのでしょう。
役によって変ってしまう彼女の演技をこれから堪能して行こうと思うのでした。
素の彼女も心も温かい人とか。。そこにもぐっと来ちゃうのでした。

スポンサーサイト

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

オー! 必勝

  1. 2009.07.19(日) _12:15:42
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
オー! 必勝 DVD-BOXオー! 必勝 DVD-BOX
(2006/05/26)
アン・ジェウクチェリム

商品詳細を見る

アン・ジェイク見たさに見ました。 彼の作品では最高傑作との呼び声高いし。。。
確かにアン・ジェイクに持って来いのはまり役!!
彼の気取りが無い気さくな面が前面に出てとても魅力的で、素敵。
片やチェリム演じる女主人公が言っては失礼だが、見ていてとても目障り。
優柔不断で、見ていて同じ女性として失望ばかり。。。イライラ。。。
その代わり秘書のユジョン(パク・ソニョン)がとっても素敵。 巷でも評判宜しい様で納得。
リュ・ジンは最近見ている作品に出てきてお馴染みになり過ぎ。。。
「母さんに角が生えた」「オー!必勝」「めっちゃ大好き!」等  勘弁してくれぃ。 
たまたま何だけどね。 キャラがリュ・スヨンと被るのよねぇ、
おまけに顔も名前も似ているし・・・。
韓国は同じような顔の俳優さんが多いですね。 主役級から脇役まで。。。
整形大国だからか。。。。?  
顔は今一でも個性で売っている俳優さんのほうが実に魅力的なのになぁ~。
話が飛んだがこの作品はっきり言って会社の物語的には面白いが、
恋愛が絡むと非常にだれる。
しかし2004年 KBS演技大賞 優秀賞・ベストカップル賞をアン・ジェウクとパク・ソニョンが
獲得したとは皆同じ感想を持つものだと。。。とさらに納得。 
恋愛部分はそこだけが見られます!!
 

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

「風の国」から見た韓国の歴史

  1. 2009.07.09(木) _20:27:07
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
最近「風の国」を6巻借りて見た。 「朱蒙(チュモン)」はまだ見ていない。 やはり歴史ものは、そのバックグランドをある程度掴んでいないと面白半減。 よって今、韓国の歴史をおさらいしている訳だが。。。うーん面白い。 中国も勉強しないと、歴史、小説も。。 そしてギリシャ神話、叙事詩も学ばねば!と興味が尽きない!! そうなると時間が足りない!!


①古代史の解説書などを読んでいると、現代人の固定概念を無意識に古代に投影させて論を展開していると感じられるものが多々あるが、古代史に取り込む場合、古代社会はボーダレスだとの再認識を不可欠だ。

②古代の中国大陸・朝鮮半島・日本列島を舞台に様々な古族によって歴史が創造されたが、三国の古代史に密接に関連する古族として「ツングース語系諸族」は最重要の存在である。

ってな事が①を頭に入れながら②から勉強してしていかなければならない面白さ!!
ボーダレスだからこそ、自国のだ!そうじゃない!論が発生する。 正にそれが世界の歴史なのだ。
自国の歴史に収まらないのは当然。 それを剥きに戦争している愚かしさ。 全地球的発想で
捉えないと。 また歴史ものに嵌って行きそうで、恐い。 主人と夏休みに嵌ろうと思ってはいるが。。。 その前に予備知識を入れていかないと。。。

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

ファッション70's

  1. 2009.07.09(木) _18:07:56
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
ファッション70’s DVD-BOX Iファッション70’s DVD-BOX I
(2007/02/23)
イ・ヨウォンキム・ミンジョン

商品詳細を見る

中々面白く一気にみた。 昔の少女漫画(マーガレット、リボン)のような展開。 だから中年のおば様は昔の郷愁に似たものを感じ韓ドラを見るんだとの見方もあるようだ。 主人公達が運命に翻弄されるのは毎度の事だが、ファッション、朝鮮戦争の傷跡が少し垣間見れ、勉強にもなります。 政治、外交部分も出てくるが、表現するにはそれは非常に難しく、ちょっと中途半端気がする。 でも絡ませただけ、拍手する部分かも知れない。  でも、子供時代が一番面白みがあった。  チュ・ジンモははまり役で最初はカッコ良いとは思ったが、最後は尻つぼみ。 チョン・ジョンミョンは、最初はうーん?だが最後は魅力的。  イ・ヨウォンは、細身の女優さんで頑張っていたがデザイナーの割りに時代もあるが洋服の色使いがださ過ぎない? 片やキム・ミンジョンは好きな女優さんではないのよね~いつ見ても演技してますって演技だからかも。。。
    

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

その夏の台風

  1. 2009.07.08(水) _00:29:29
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
その夏の台風DVD-BOX1その夏の台風DVD-BOX1
(2009/05/29)
チョン・ダビンハン・イェスル

商品詳細を見る

最初は日本の昼ドラっぽい作風だと思った。 どろどろかも?と思いつつ見るも、中々後半出来が良い気がする。 いや、綺麗に作り過ぎている感がある。 故チョン・ダビン見たさに鑑賞した。 この作品の後、大きな出演作が無かったとか。 韓国は一杯若い俳優が目白押しでいるからね。 でも、そんなに人生あせって欲しく無かったのが正直なところ。
しかし韓国ドラマは大人の勝手で家庭が崩壊し、その為子供の出生の出所が曖昧になり、色んな人が絡み合い、ハラハラ、イライラ、ドキドキして、最後は苦労はしても成長し、まとまってしまうケースが多い。 あたかも、親が生みの親と育ての親と多いほうが、人との関わりが一杯持てて苦労はしつつ、成長できるなんて錯覚さえ覚えるような作り方をする。 不幸を肯定するような作り方は頂けない。 
ジェイムス・ハン/ハン・ジハ役のイ・ジェファンが最初は苦手だったが、カン・スミン(チョン・ダビン)を妹と知ったときのあの苦悩する姿、眼差しには、心が締め付けられた。
キム・ハンヒ監督(チョン・チャン)の、人としての考え方がこの作品の”良心”でこのドラマのキーとなっている。

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

次はどのドラマを鑑賞しようか?

  1. 2009.07.03(金) _17:54:40
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
いっぱいある韓国ドラマで次何を見ようか?との判断材料として、
DVDに入っているトレイラーは確かに役に立つ。 
俳優さんで見る事も多い。 
また売れないドラマは(失礼かもだが?)1話だけ挿入されていて、
それを見てしまえばやはり先が気になって、まんまと嵌ってしまう。
「愛してる」なんて自分からまず借りることは無かった作品でしょう。
でも一番外れないのがTSUTAYAの韓国ドラマ人気ランキングベスト100から作品を選べば
まず間違いなく楽しめる。 なんといっても秀作が多いからね、韓国ドラマは!!
そして好きな俳優さんが出ていれば作品の内容が多少悪くっても納得してしまうしね。
自分が選ぶベストと比べるもの一考かと。。。
私はまだ「四季シリーズ」を一本も見ていない韓ドラファンであります。

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

チョン・ウソン in 千年愛 クミホ(九尾狐)

  1. 2009.07.03(金) _00:49:04
  2. 韓国映画
  3.  トラックバック:1
  4.  コメント:0

チョン・ウソンがこれでデビューし注目されたと言うので今回借りてきました。 
東洋に古くから伝わる“九尾狐(クミホ)”伝説を現代に移しかえた、美しくも哀しい、愛のファンタジー映画って紹介だけど、 これはホラー映画ね! 
「火山高」 「どろろ」のあの醜い、観難い、凄くざらざらした画像。
「九尾狐外伝」と言う韓国ドラマの題があって九尾狐(クミホ)って地名かな?なんて今日まで思い込んでいた私です。 現代にアレンジした妖怪の物語だったのね。 アジア発「アンダーワールド」って感じよ!! しかし韓国は暴力が当たり前の国に見えて、辟易してしまう!! この作品は陳腐だ。
出だしは、『ソドムの市』(そどむのし)1975年に制作されたピエル・パオロ・パゾリーニ監督作品のような異様さを放っている。 現代に入り「チャイニーズゴーストストーリー」の感じもしなくもない。

日本では九尾の狐(きゅうびのきつね)と言い、9本の尻尾をもつ妖狐。つまり、狐の妖怪である。中国の伝説が朝鮮半島にも伝わっており、韓国では「九尾狐(クミホ)」と呼ぶ。

小説 では中国の「封神演義」 から日本の小説『南総里見八犬伝』が生まれ、果ては「ドラゴンボール」の要素ともなっている。

漫画では有名どころでは

手塚治虫「どろろ」
水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」
冨樫義博「幽☆遊☆白書」
高橋留美子「犬夜叉」
岸本斉史「NARUTO -ナルト-」 が関連する主な作品だとか!

子供が夢中になって読んでいる作品が並ぶ。 びっくりだ!
漫画から色んな事を学んでいるんだよね。  だからたまに物知りだったりするのよ。
でも、この作品の元の出所は「狐にまつわる昔話から」だったとは。。。 
まだまだ学ぶ事はいっぱいあって、年を重ねてもやりたい、学びたい事は次から次へと出てくるのです。  

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

edit

トンケの蒼い空

  1. 2009.07.01(水) _20:37:41
  2. 韓国映画
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
トンケの蒼い空 デラックス版 [DVD]トンケの蒼い空 デラックス版 [DVD]
(2006/03/10)
チョン・ウソンキム・ガプス

商品詳細を見る

「トンケ」と聞いて後に来るのが「蒼い空」だし、そんなに変な感じはしなかったが、映画を見てみれば野良犬の意らしい。 ふらふらほっつき回っているとか、食べものをあちこちで調達している事を指すらしい言葉なのでしょう。 いやぁ、チョン・ウソンの高校生役はちょっときついなぁ。 方言は顔を振りながら凄かった! いやぁ、田舎のちょい荒くれっぽく、少し頭が足りないような、しかし良し悪しは、きっちり分かっている若者をウソンは、しっかり演じていた。 父親の役のキム・ガプスは今回も息子を見る眼差しが良いねぇ。ドラマの「花咲く春には」でも良かったし!
しかしチョン・ウソンは役者だね。 「武士」でも、汚い格好をしてたがその心意気に、始めて見る俳優で「この魅力的な俳優は一体だれ?」と感動すらしたが、今回も違う面を見られて良かった。 内容は変わり映えのしない喧嘩云々の韓国ドラマって気がしたが、演出が上手いのか?俳優二人が上手いのか?それなりに見ることが出来た。 適役のキム・テウクも頑張っていた。 テウク氏はこの間ドラマ「プランダン 不汗党」で(2006年からキム・ジョンテという芸名で活動)で見た。インテリ役だったが、はまり役であった。 いつも強面役が多い彼だが、、、。  犬のトンケも演技頑張っていたし、、。もともとは白い犬なんだね。 ソフトバンクのお父さん犬みたいだった。  韓国は犬を使うのが上手。 癒されるその犬ををバカな友達が始末するその食の感覚がなかなか理解し難い。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

edit

愛してる

  1. 2009.07.01(水) _20:36:07
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
愛してる DVD-BOX I愛してる DVD-BOX I
(2008/12/03)
アン・ジェウク; ソ・ジヘ; コン・ヒョンジン; ファニ

商品詳細を見る

このドラマ何が良いって、アン・ジェウクの、その漫画家の髪型でしょう。 それ以外無い! アトムみたい!! 36才で、しっかりしてるんだか?情けないんだか?はっきりしない、そのキャラクターだが、髪型見てると可愛い。  随分年下の彼女はしっかり者で、この作品出だしは良かったが、周りの騒動が余分で、途中からどうも失速してる感が否めない作品になっているかも。 ファンなら見れます。 
 

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。