大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

花よりも美しく

  1. 2009.06.28(日) _23:14:20
  2. 韓国ドラマ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
花よりも美しく DVD-BOX1花よりも美しく DVD-BOX1
(2008/07/09)
キム・ミョンミンコ・ドゥシム

商品詳細を見る

KBSが「本物のドラマを作り上げる」と宣言して取り組んだ作品。
裏番組に、クォン・サンウとチェ・ジウ主演「天国の階段」(SBS)が放送されている中で、
最高視聴率29.2%を記録し、韓国テレビ業界人が選ぶ今世紀最高のドラマベスト3に輝いたとの作品。 

私はキム・フンス君見たさに鑑賞。 ”今世紀最高のドラマベスト3に輝いた”なんて知っていて見たので感動が今一素直に自分に入って来なかった。  前評判など、知らないで見るのが私の場合絶対条件かも知れない。 韓国の庶民の実の生活が垣間見れるし、今置かれている我々の問題をも提起している作品で飾ってない分上質なドラマであることは確か! 

私の場合特別な感情が入り混じる。 この母親と同じ立場である。 同じ子供4人の母親。 子供の男女の配分列も同じ。 複雑です、非常に!! 他人事?いや違う。 私最近ボケ入っているし。 
問題は子供が多いだけ確かに存在する。  昔は母は強しと言うが、実際は、このご時世、そうは行かない事を私は知っている。 神経が太くなるどころか、子育てして行くうちに神経が磨り減って行っていく事を確かに私は知っている!  途中動けなくなった時期も存在した。 最近の子供は言いたい放題だ。 そう育てたと言ってしまえば、身もふたもないが、如何せんそうばかりとは言いがたい現実がある。 確かに私も昔、親に結構意見した口であはあったが、それにしてもわが子は立場を全くわきまえていない。  長女は辛い思いをした分、成長して少し親の気持ちを察するようになったが、ドラマのように際立って成長しているとも思えず。。。  人は良いところもあるし、頂けないところもある、それを全部了解し、包み込む事が愛なのでしょう、きっと。。。  人とし、譲れないところはやはり譲れない訳で。。。、それが解かれどころでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

edit

上海クライシス

  1. 2009.06.03(水) _01:14:22
  2.  トラックバック:0
  3.  コメント:0
上海クライシス上海クライシス
(2007/04)
春江 一也

商品詳細を見る


元外交官の春江 一也氏が書いた、中国現代史とも取れる作品。 ウィグル自治区をも描き、北京オリンピック前に読んだが、オリンピックの騒動はなんぞや?がちょっと垣間見れる作品となっています。 フィクションですが、そうだとは言い切れない、現実味のある内容となってます。 しかし恋愛部分はちょっと描き方が甘いかな? でも世界、それも中国が見て取れるので興味深く面白いです。
砂漠が印象的!!

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

edit

砂のクロニクル

  1. 2009.06.03(水) _00:57:11
  2.  トラックバック:0
  3.  コメント:1
砂のクロニクル〈上〉 (新潮文庫)砂のクロニクル〈上〉 (新潮文庫)
(1994/12)
船戸 与一

商品詳細を見る


初めて読んだ船戸与一作品。 この作家も好きになりそうだ。
民族の悲願、独立国家の樹立を求めて暗躍する中東の少数民族クルド。かつて共和国が成立した聖地マハバードに集結して武装蜂起を企む彼らだったが、直面する問題は武器の決定的な欠乏だった。クルドがその命運を託したのは謎の日本人“ハジ”。武器の密輪を生業とする男だ。“ハジ”は2万梃のカラシニコフAKMをホメイニ体制下のイランに無事運び込むことができるのか。山本周五郎賞受賞作。

クルドと言えば中東の映画の中で描かれる事が多い。 それを現実味を帯びた小説で描けばこうなるでしょう的な作品。 そこで日本人も登場だから、余計に興味深い。 上・下巻。 良い小説は長くてもあっという間に読み終えてしまう。 この作品も色んな国にまたがり綴られるので、そのお国柄も伺えて面白さ倍増。 それぞれの立場に置かれた、男の生き様も見て取れる。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

edit

シリウスの道

  1. 2009.06.03(水) _00:44:58
  2.  トラックバック:0
  3.  コメント:0
シリウスの道〈上〉 (文春文庫)シリウスの道〈上〉 (文春文庫)
(2006/12)
藤原 伊織

商品詳細を見る


好きな今は亡き藤原 伊織氏の作品。 この、いつもの無骨で不器用な男の主人公も好きだ。 広告業界を描いてビジネスネタが多いが、面白い。上巻終え、これから下巻。 この作品の中に『テロリストのパラソル』の9年後も少し覗いたり出来るのも嬉しい。  下巻どうなるか?とても楽しみです。 周りの脇もいい味出してます。 ドラマのDVDも出ているようで、読み終えたら見てみよう。 どっぷりイオリワールドに嵌ってます!! 

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。