大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

トランスアメリカ

  1. 2007.03.21(水) _00:49:04
  2. 洋画【た行】
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
<スタッフ>
監督:ダンカン・タッカー
製作総指揮:ウィリアム・H・メイシー

<キャスト>
フェリシティ・ハフマン
ケヴィン・ゼガーズ
グレアム・グリーン
バート・ヤング
フィオヌラ・フラナガン
エリザベス・ペーニャ
キャリー・プレストン

男性であることに違和感を持つブリー(フェリシティ・ハフマン)は、肉体的にも女性になるため最後の手術を控えていた。そんな“彼女”の前に、突然トピー(ケヴィン・ゼガーズ)という少年が出現。彼はブリーが男だったころに出来た息子であることが判明するが、女性になりたい“彼女”は彼を養父の元へ送り返そうとする……。

 
また良い作品に出会えた。性同一性障害と親子の絆をテーマにしたロードムービーと言ってよいだろう。 主演のフェリシティ・ハフマンはアカデミー賞でもノミネート(男優賞?女優賞?と思わず迷った!)されていたし、作品的に期待はしていたが、期待通りであった!! 基本的に前情報をさらっと頭に入れ、記憶に留めない(って言うか留められない!!)自分ではある。 え~、この演じている人は本当は男なの?と、思うほどの演技ぶり。 私ならリーズじゃなく、こっちにアカデミー賞の軍配を挙げたかった程に。。。 実際はとっても美人なので更にびっくり。。。男娼で薬もやっていて、自殺した母親に、義父による性的虐待や暴力を受けていた息子の状況も悲しく、人としての苦しみ、悲しみ、想いが伝わり、最後は愛を見つけ、なぜか暖かい気持ちにされられる。 主人公の両親の家に行き、レストランでの食事は、それぞれの思いが交錯するが、それが非常に面白く、考えさせられ時に実にリアル!! 衝突しあっても、親子は親子。  アメリカを横断するトランスと体を男から女へとトランス、親子の絆をトランスすると言う主眼が、大げさな演出でなく、じっくり伝わって来る、お薦め映画になってます。 しかし最後彼女が泣くシーンは素晴らしく、これ以上に泣く演技は見たこと無い位に印象的でした。 演技じゃないですよ!! 演技なんでしょうけれど。。。
 
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

edit

プルートで朝食を

  1. 2007.03.15(木) _13:13:47
  2. 洋画【は行】
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
01._AA2.jpgパトリック・マッケーブの同名の小説を、『モナリザ』『クライング・ゲーム』『マイケル・コリンズ』『『ダブリン上等!』のニール・ジョーダン監督が映画化。
アイルランドの小さな町に生まれた赤ん坊パトリックは、母親に教会の前に置き去りにされ、近所に住む一家の養子として育てられる。幼い頃からキラキラしたドレスや化粧に興味を示し、周囲からは"変わり者"のレッテルを貼られるが、常に明るく前向きに生きるパトリックは、ある日、居心地の悪い田舎町を飛び出し、実の母を探してロンドンへと向かうのだが…。

この作品なかなか私好み。 久々に感想を書きたくなったのだから!!
厳しい現状をこの様に前向きに生きて行く為のヒントになるような作品。そう思っていてもなかなか、現実はアイルランド紛争があったりして厳しいわけだけど!! まぁこのあたりは、二ール・ジョーダン監督の作品を見ていればそれなりに理解出来るかな・・・。 
小説で知りたいなら高村薫氏の「リヴィエラを撃て」あたりを読むと良いかも知れない。
同じく性同一性障害をテーマにした大ヒット映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を思い出す。 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』も音楽ファンも楽しめる映画だったが、この作品も70年代ミュージック満載で特に「シュガー・ベイビー・ラブ」が最高!!  

本当は若手で私が有望視している俳優キリアン・マァフィーが主演していることで、見たのだが、やはり巧いよね。 主人公キトゥンに、納得し惚れてしまうのよ、人間的に! 本当は寂しいのだが、それを自覚すれば辛いし、それを前向きに明るく交わす術を身につけて生きていく、潔さに乾杯! ラストも憎い演出!! 人の痛みが分かっているから出来る事だよと唸ってしまう。。。 

神学校でセーター&ブラウスの飾りっぷりがなんと可愛らしいく、性格の可愛らしさを代弁して居るようで、必見だよ!!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。