大好きな映画・ドラマの感想と俳優について気ままに書いています。 拍手,コメント大歓迎♪ 最近何かと忙しく更新できない状態ですがここで細々とやってます。 ★拍手ありがとう!! 励みになります。★

impression

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

「ダ・ヴィンチ・コード」

  1. 2006.05.21(日) _00:13:21
  2. 洋画【た行】
  3.  トラックバック:32
  4.  コメント:4
mo4278_f1.jpg昨日見てきました。 ポールがキャスティングされたので、原作は3行で読むのをストップ。 だからサスペンスフルでキリスト教に興味がある自分としては結構物語りに最初から最後まで引き付けられました。 終わりだと思ったら続きが。。。てのが2回ほど、どこで終わってしまうのか??って、ちょっとイライラ。。。まぁ、こんなものでしょう。
役者は芸達者な俳優人で、嘘っぽさが無かったかな。。。 流石イアン・マッケラン!
後、ジャン・レノの部下の役者さんが目を引いた。 トム・ハンクスも台詞回しが良いけどね。
一緒に見に行った息子が「ナショナルトレジャー」と出来はあまり変わらないなぁと。。。 いやぁ、確信を付いているので、苦笑い。。。
ポールの演技を見てやはりインパクトがあり、これでメジャーになるかも?と言ってはいたが。。。
私は司祭とシラスが逆になり、シラスの改心した様を見たかったのだが。。。穏やかな顔のシラスに会いたかった。。。
シラスは始終苦悩の表情で、痛々しく、ファンは見ていられない。 「マスターアンドコマンダー」のマチュリン先生が恋しい。。。穏やかな、暖かな柔和な人物も表現できる役者で、ホンとシラスの頑なな表情だけに終わった今作が、ファンとしては物足りなさが残ったのは確か!
さぁ、やっとこれから原作読みに励むと致しましょう。
これはフィクションで、全ての森羅万象は信じるか信じないかは本人次第だと。。。それは育った環境にも因るし、、それぞれの思いを、自分で感じ取るのが本作の全てのテーマかなと思ったのでありました。
この映画は大枠な私の捉え方ですが、感じる映画だと思います。 良い、悪いを評価する映画じゃなく、何を自分なりにどう感じるか的な映画だと言う気がします。
スポンサーサイト

テーマ:ダ・ヴィンチ・コード - ジャンル:映画

edit

アンダーワールド エボリューション

  1. 2006.05.12(金) _22:32:14
  2. 洋画【あ行】
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
何世紀にも及ぶヴァンパイアとライカン(狼男族)の種族闘争が繰り広げられている闇の世界を舞台に、哀しき過去を背負う吸血鬼の女戦士の活躍を宿敵の狼男族と繰り広げる新たな戦いを、両種族創世にまつわる謎を絡めて描いたゴシック・サイバー・アクションの続編。

久し振りに書きます。 結構私生活が忙しく、映画はストレス解消方。
この作品男性が好む映画だと思う。 私は何でも(韓国、日本のホラーは苦手)いける口だが、これも前作はDVD鑑賞で、画面のトーンはダークだが結構スタイリッシュで気に入っていた。 今回大画面で続編を鑑賞。 で、びっくりしたなぁ~もぅ!!
何がって、、、ポール・ベタニーと同じくらい大好きなスティーブン・マッキントッシュを見れたって言う事!!
久し振りだ~、まさかこの映画に出ていたなんてしらなんだ!!
20日から公開の「ジャケット」には出演していて、これは久々に映画にご出演って事で見に行く予定だった。 
いやぁ、今回もへなちょこ振りを発揮。 上手いよね、その臆病な仕草。。。 イギリスでは結構、名の通っている俳優だけど、日本での知名度は低い。 嬉かたなぁ、こんな大作にでて!! サー・デレク・ジャコビも好きだけど。。。 この二人は絡みは出てこないがテレビシリーズ「カッドフェル」で共演している。 この作品イギリスの俳優さんがテンコ盛りだから好きなのよね~~。 
まぁ、大画面で見て、そこそこの映画でした。 因みにこの方です!! m.gif

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。